FC2ブログ

11月26日(日)

2週間ほど前に、ネットで「478呼吸法」を知った。

なかなか眠られない晩にこれをすると、たちまち眠りにつける、という呼吸法である。

その日、寝るときに実際に試してみたら、4セットもしないうちに眠りについていた。

それが約1週間続いて、これはいいことを知ったと喜んでいたのだが、どういうわけか、この1週間は効果が出てこない。

4セット単位で何回か繰り返すのだが、最初の目覚ましいばかりの威力は姿を消してしまった。

もしかしたら、”ビギナーズラック”であったのだろうか。

そんなことを考えながら、スーパー銭湯の露天風呂に浸かっていると、なんと睡魔が襲ってきた。

まさか、ここで眠り込んでしまうわけにはいかない。

自分を叱咤して、目をさまそうと踏ん張った。

在職中、会議中に眠りを我慢するのに苦労したことを思い出した(汗)。

皮肉なもので、眠りたいと思っているときは寝られず、逆に、寝てはいけないシチュエーションでは眠気が出てくる。

お風呂の湯に浸かっていて眠くてたまらないなんて、今まで経験したことがなかったのに。

そういえば、今日は11月26日、「いいふろ」であった。

 
18 : 33 : 59 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<11月27日(月) | ホーム | 11月25日(土)>>
コメント
こんばんは♪

子供の頃から寝つきが悪いです。
そうなんですよね~
布団に入って寝ようとすると眠られません(^_^;)
by: きっちゃん♪ * 2017/11/26 20:37 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

私も、子供時代から寝つきが悪かったです。
睡眠不足のときでも、これから寝る段になると、眼が冴えてくるのです。
「478呼吸法」が最初に効果的であったときは、自分の人生が救われたような気がしましたが、ぬか喜びであったようです(涙)。
by: 声なき声 * 2017/11/26 20:52 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
この呼吸法で 寝られるのかはわかりませんが
短時間で吸って、止めて 長く吐くは、効果があるようですね。
私も家で血圧を測る時は、そのようにしてます。

諸説があると思いますが
私の認識では、最初は吐く 空になった肺には
必然的に 空気が入ってくる
これは道理かなと思います。

寝てはいけない時に眠くなるのは
本当に困りますね。
私も研修会へ行くと眠くなります(笑)

昨日のコメントの事で申し訳ありませんが
お尻の下のホットカーペットは、
寝る時ではありません。
座って パソコンを使ってる時の事です。
暖かくて、眠気が襲って来る事も度々です(笑)
by: ヨンヨン * 2017/11/27 04:58 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ

私も、クリニックでは待合室で腹式呼吸をしています。
血圧測定の準備運動です(笑)。

圧倒的多数の説では、「吐く」ことのほうが重要だと、されています。
私もそれにならって、ゆっくりと静かに息を吐くように心がけています。

会議中に眠くなると、今晩こそすぐに練られると確信するのですが、それでも、いざ寝る段になるとなかなか寝付けないものでした。

ごめんなさい、私の早とちりでした。
そうですね、布団の中にホットカーペットを持ち込むことなんてあり得ませんから(笑)。
by: 声なき声 * 2017/11/27 06:08 * URL [ 編集] | page top↑
先日、アマゾンプライムでプライベートライアンって映画を見ていた時に
同じことを言っていた人物がいましたw
もちろん戦場、それも敵地で。
寝るのは大事ですねぇ。
by: てかと * 2017/11/27 13:44 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ

私も、映画のヒーローと同じセリフを語る存在になったのかと思うと、感慨にたえません(笑)。
もっとも、戦場で寝るだけの度胸などは持ち合わせておりませんが。
by: 声なき声 * 2017/11/27 14:19 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2811-c4d7479b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する