FC2ブログ

9月15日(金)

人間の心理というのは奇妙なもので、公式で計算できるものではない。

プロ野球の話。

昨晩、某チームの試合では、私の応援しているチームが、当初は1対2でリードされていたにもかかわらず、9回の表に同点に追いついた。

しかし、その後の延長戦でも決着がつかず、時間切れで2対2の引き分けとなった。

試合終了は10時過ぎ。

朝型人間の私には、深夜に近い時間帯であった。

テレビ放映が終わってからはYahooサイトで何回もチェックしていた。

そして、最終的に引き分けに終わったことを確認して、内心はしてやったりという満足感に浸りながら、寝床についた。

私の心の中では、引き分けとはいえ、「勝った」との感覚に浸ったのである。

途中は負けていたにもかかわらず、土壇場で追いついて、何とか負けないで済んだのだから。

しかし、対戦相手のチームを応援していた人の気持ちはどうなんだろう?

もちろん、統計的にデータをとったわけではないので確たることは言えないが、おそらくは敗北感に打ちのめされていたのではないか。

8回の裏までは「勝った」とばかり思い込んでいたのに、最後の最後で追いつかれたのでは、落胆の思いは大きいはず。

引き分けという結果は同じでも、そのチームへの好意度によって、幸福感は全く異なっているから不思議だ。

人間の気持ちというのは不可解そのものである。

 
18 : 24 : 56 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<9月16日(土) | ホーム | 9月14日(木)>>
コメント
こんばんは♪

同じ引き分けでも勝っていたのと
負けていたのでは違いますね。
私がプロ野球を見なくなった理由の一つが
試合時間が長いことです。
by: きっちゃん♪ * 2017/09/15 22:02 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

私も朝型人間ですので、夜の遅くまで起きているのは苦手です。
そろそろリーグ優勝が迫ってくると、気になって観戦してしまうのです(涙)。
by: 声なき声 * 2017/09/15 22:09 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
プロ野球には、まったく興味が無いのですが、
そのシーズン中に 何回もある試合に勝って
結果 優勝したら良いスポーツですが、
フィギュアスケート等、一発勝負で
失敗が許されないスポーツの方が
ドキドキ感を感じるのですが・・(^^ゞ

人間の心理は、他人の事は
もちろん 推測だけしか出来ませんが
自分の 本当の気持ちも 思わない反応を
示す事もありますから、
どこまでが、本当の事なのか・・
不思議な生き物です(^^ゞ

思わず・・言ってしまった。
ここに、本当の心理が出て来るのだと思います。
by: ヨンヨン * 2017/09/16 05:22 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ

高校野球の全国大会も、そういう意味では一発勝負です。
たまたま、その日に調子が悪くて力を出すことができなければ、もう終わりです。
確かに、高校野球には崖っぷちのドキドキ感がありますね。

燃えるような恋愛を経て結婚した二人でも、あっという間に袂を分かってしまうことがあります。
伝わってくる話ですが、「どことなく・・」というのがほとんどです。
恋愛中は自分の本心も見えていないのだと思います。
by: 声なき声 * 2017/09/16 05:29 * URL [ 編集] | page top↑
(木)の試合ですが、DeNAファンのわたしとしては、目の前で胴上げされるのは癪なため、こちらが勝つか阪神が勝つかにかかっていました。
ですので、声なき声さんの贔屓チームの背番号7が打った際には、ますます彼に対してす好感度がさがりました。
でもじつは野球自体が好きなので、なんだかんだ言って見てしまいます。
今日から3位4位直接対決ですね!どうなるか!?
余談ですが、前のコメントの
「恋愛中は自分の本心も見えていないのだと思います。」が深いなと思いました。
by: みさと * 2017/09/16 09:35 * URL [ 編集] | page top↑
みさとさんへ

(木)のDとCの試合ですが、C側の観客がずっとスタンドに残って、GとTの試合の経過を見ていました。
もしTが負ければ、その時点でCの優勝が決まりますから、劇的な瞬間に立ち合いたいからでしょう。
よりよって延長戦にもつれ込み、あげくは引き分けですから、Cを応援していた人もがっかりしたのではないでしょうか。

今日からは、どうぞお手柔らかにお願いします(媚笑)。
ほかのG応援者の気持ちはわかりませんが、私は勝率5割で今シーズンを終わることができれば満足です。
かりにGが3位に入ってCS進出となれば、それはそれで歓喜の渦になりますが、現実には、ハンディがありますので優勝は無理です。
それならば、来期に備えてくほうが有利ではないかと考えています。

人間は、というか、私だけかもしれませんが、物事に熱中して没入してしまうと、本当に自分がしたいこと、やらなければならないことが見えなくなってくるようです。
この年齢になっても、反省することしきりです。
by: 声なき声 * 2017/09/16 09:59 * URL [ 編集] | page top↑
わかるw
精神衛生上非常によろしくない展開ですね、追いつかれた側は。
人生哲学上、負けたという言葉を使うのはよろしくなくて「これは引き分けだ」というのが正しい用法だと思うことにしていますw
なので勝敗のあきらかになるプロスポーツのひいきチームを作るのは30でやめましたw
by: てかと * 2017/09/16 13:46 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ

スポーツの試合を見るとき、ひいきのチームというのがあると、選手のプレーそのものよりも、結果としての勝敗だけが気になってしまいがちです。
それなら、いっそのこと、次の日に結果の確認だけすればいい・・・とは思うのですが、経過が気になって、つい見入ってしまいます。

プロ野球に関していえば、オールスターか、あるいは応援しているチームがかかわっていない日本シリーズが、見ていて最も面白いです。
野球の醍醐味を徹底的に満喫できますから。

ひいきチームを作るのをやめたという、てかとさんの決断は正しいと思いますし、それができたことには羨望を感じます。
by: 声なき声 * 2017/09/16 15:53 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2729-dfded053
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する