FC2ブログ

8月23日(水)

高校野球が終わった。

今大会は、ホームランが68本とたくさん出た。

もちろん、新記録だ。

ある解説者は、「バッターの体格が良くなったから」とその理由を説明していたが、少なくとも、去年と比較して際立って大きくなったわけでもない。

何らかの要因があるのだろう。

わけても、広陵の中村選手の6本は突出していた。

PL学園の清原元選手が、3年の夏の大会で5本のホームランを打ったのが今までの記録であったが、中村選手はそれを塗り替えた。

しかも、清原元選手の5本の記録のうち、1本はラッキーゾーンへのものであった。

だから、条件を同じレベルに合わせて比較するならば、オーバーフェンスのホームランは4本ということになる。

それを考えると、中村選手の6本の記録は、実に画期的としか言いようがない。

観戦している側にとっても、ホームランは爽快だ。

この大会は、そういった意味でもエキサイティングであったと思う。

ただ、この表現がいいかどうかは別だが、汚点を残した部分もあった。

あえて、学校名も選手名も伏せるが、ネットでは大炎上をしている。

内野ゴロで一塁に走ったバッターランナーが、一塁手の足をキックして走り抜けたことがあった。

動画を見れば、意図的に蹴ったとしか私には見えない。

結果的に、蹴られた側がサヨナラ負けしてしまった。

選手にしてみれば、勝ちたいとの思いは強烈なものがあるだろう。

ある程度のラフプレーになってしまうのは仕方ないにしても、故意に相手をキックする行為は、アマチュアスポーツでするべきものではない。

ルール以前の問題である。

今後のためにも、主催者としては明確な対応が必要だと思う。

 
19 : 25 : 53 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
<<TED BAKER LONDONの時計がロンドンから日本にやってきました | ホーム | 8月22日(火)>>
コメント
声なき声さん

こんばんはーー

我が地元の
広陵高校……負けてしまいました
。゚(゚´Д`゚)゚。

そういえば、そんな動画を見ました。
どうみても故意に蹴ってるように見えますが……

故意か故意じゃないかは
おいといて、蹴ってしまったことは謝ったほうがいいですよね。
by: 吉良 直樹 * 2017/08/23 20:16 * URL [ 編集] | page top↑
吉良直樹さんへ

残念でしたね。
私もずっとテレビ観戦していました。
おそらく、点差ほどの実力差はなかったと思います。

監督の対応も釈然としません。
その選手を次の試合には出さないとか、選手にSNSを削除させるとか、いかにも隠ぺいを図っているように見えて仕方ないのです。
監督が、その選手の行為を故意ではないと信じているのなら、あえてそんな振る舞いに出る必要はありません。
by: 声なき声 * 2017/08/23 20:44 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは♪

あの試合ではセオリー通りでないことが
重なったという記事も目にしました。

観戦の仕方も含め、いろいろなことを
浮き彫りにした大会でもあったと思います。

ホームランもですが、大量得点が目につきました。
私としては息を飲むような投手戦も見たかったです。
by: きっちゃん♪ * 2017/08/23 21:04 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

観戦の仕方にも問題を感じます。
タオルを振り回すのは、私は適切ではないと見ています。
しかも、球場に来ている大半の観衆が、一方のチームの応援をしてタオルを振っているのは異様な光景だと思います。
判官びいきの発露なのでしょうが、高校生のスポーツの場で行うものではありません。

攻撃練習に力を入れている高校が増えてきているのでしょうか。
確かに、どれほど守備がしっかりしていても、点を取ることができなければ相手に勝つことができません。
かつての作新学院の江川投手の完璧なピッチングは、いまだに多くの人の印象に焼き付いていることでしょう。
by: 声なき声 * 2017/08/23 21:34 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは
少年野球の時から、走塁はベースの角を左足で踏むように教わっているはずなのに、なんで?と思いました。

違法ではないが、一塁にヘッドスライディングも私は好きではない。駆け抜けた方が速いはずです。

気持ちは分からぬでもないが、基本を大事にしてもらいたい。我が愚息の野球に小、中、高、大と付き合ってきて、私なりに勉強させていただきました。そんな思います。
by: 花渡川 淳 * 2017/08/24 00:50 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは。

あれは故意ではないと思います。
全力で駆けて行って当たらぬように足を引こうとしたんだと思います。

しかしながら足を引き上げるタイミングが悪かったのでしょう。

それが正解だと僕は思っています。

by: 孝ちゃんのパパ * 2017/08/24 02:33 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
アマチュアスポーツはもちろんですが
プロの選手の 薬物使用も
勝ちたいあまりやってしまう事でしょうけど
スポーツは、日頃の努力で
正々堂々 戦うべきですね。


広陵の中村選手もお母さんの後押しが大きかったようですが
お父さんが、野球経験が無いのに、
一緒に頑張った選手も居ましたね。

我が家の長男は陸上をやっていて
送り迎え 応援も良く行きましたが
後押しが足りなかったようで
名前が知れるような選手にならなかったです(笑)
by: ヨンヨン * 2017/08/24 05:46 * URL [ 編集] | page top↑
花渡川淳さんへ

私も、一塁へのヘッドスライディングには意味を感じません。
おっしゃるように、触塁は遅くなります。
いかにも、悲壮感をアピールするような行為に見えて、その部分でも好感を持てません。
高校野球の指導者がなぜ注意しないのか、私には不思議です。
by: 声なき声 * 2017/08/24 06:10 * URL [ 編集] | page top↑
孝ちゃんのパパさんへ

私も、最初にリプレーを見たときは、単なる交錯プレーでの偶発的なアクシデントだと理解しました。
しかし、複数回、バッターランナーの足の動きを注視しながら動画を見ますと、左足での蹴りの構えをとっていることが鮮明にわかります。

右足が一塁ベースの中央を踏んでいるのを見ても、最初から左での蹴りを前提にしていたのだと思われます。
また、その前の試合でも、類似の行為を右足で行っています。

せっかくの好ゲームを台無しにしてしまうプレーが残念でなりません。
by: 声なき声 * 2017/08/24 06:25 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ

政治家になるためには、選挙で票を集めることが必要になってきます。
票を欲しさに、金をばらまく候補者がいるのも現実です。
「自分が政治家になって社会をよくしたい」との望みは崇高なものですが、だからといって、不正な手法を行使するのが許されないのは当然です。
くだんの選手を見ていて、ふと頭に浮かんだことでした。

陸上競技に取り組んでいる人は多いです。
大勢の中から頭角をあらわすのは、至難のわざでしょう。
知人に、大学に入ってラクロスを始めた者がおりました。
競技人口が少ないので、ラクロスなら全国大会に出場できる可能性があるだろう、というのが動機であったそうです。
しかし、彼が思っていた以上に競技人口が多く、上を極めることはできませんでしたが。
とはいえ、ラクロスそのものは存分に楽しんだようですから、収穫はあったと思います。

by: 声なき声 * 2017/08/24 06:43 * URL [ 編集] | page top↑
高校野球を見ないので必死さがいまひとつわからないのですが、
フェアプレーってかなりの民度の高さを要求されていると思います。
サッカーの日韓戦をみていると韓国選手の日本選手へのラフプレーは度を越していますしね。見るに堪えません。
スポーツも相手への敬意がないと誰からもたたえられるような結果は残らないのですが、心が貧しいせいでどうもそのあたりの理解が足りないのでしょう。
ルールも無視して暴力をふるい言い訳ばかりして自分本位に力をふるって勝利を得ても誰も賞賛しませんので。
戦ではないのでスポーツには勝ち方ってものがあると俺は思います。
by: てかと * 2017/08/24 13:43 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ

「民度」に触れられたのは、大変な慧眼であると思います。
サッカーだけでなく、野球のWBCでも韓国チームの独善的な行為は国際的な顰蹙を買っています。
言い出せば、かの国の常軌を逸した言動は、国と国の約束を平気で反故にしてしまう姿勢にもあらわれています。
日本人が韓国との友好を真摯に願っても、現実にはあまりに困難が多すぎるように思います。
by: 声なき声 * 2017/08/24 15:11 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2696-0aefa77e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する