8月8日(火)

高校野球選手権大会が始まった。

テレビで、開会式を見た。

開会式をライブで見たのは、おそらく、10何年かぶりだと思う。

不謹慎ながら、無職になったおかげで、自分の好きなことを楽しめるようになったと感謝している。

選手権大会が次回は100回を迎えるらしい。

そのタイミングで、新しい優勝旗を作るとのこと。

夏の大会といえば、深紅の大優勝旗がそのシンボルである。

なんでも、正式には「大深紅旗」と呼ぶらしい。

「紅」というと、わが家の「百日紅」も昨日の雨で花びらの大半が散ってしまったが、夏をイメージさせる色にほかならない。

そういえば、日本が戦争に負けて米軍に占領されているとき、高校野球で優勝したチームが優勝旗を掲げてのパレードをしようとしたところ、占領軍から中止するよう命じられた、という話がある。

占領軍は、旗の色を見て「赤旗」だと思い、思想運動と勘違いしたらしい。

また、試合の応援団が、Xjapanの『紅』の一節を演奏しているのも、おそらく、旗の色にあやかっているのだろう。

ところで、恥ずかしながら、「赤色」と「紅色」の区別が私にはわからない。

日本の国旗の日章部分は「紅色」と法律で定められている。

「赤色」ではないのだ。

もしかしたら、「赤色」という表現は、色をあらわす正式名称ではないのかもしれない。

ちょうど、交通信号の「緑」を「青」と呼んだり、キャベツやホウレン草を「青物」と言うのと同じで。


flagimage.jpg


 
スポンサーサイト
17 : 55 : 26 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<8月9日(水) | ホーム | 毎日の運勢を教えてくれる<劇的に「運」が良くなる手帳>>>
コメント
こんばんは♪

羨ましいです~
私はパソコンでこっそりライブ動画を見ていました。
時々です。
by: きっちゃん♪ * 2017/08/08 22:07 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは。
外国人が不思議に思うことをTVでやっていました。信号の色は緑なのに、日本ではなぜ青信号と言うのか?

日本には古来、色を表現する言葉は赤、青、黒、白の四つしかなかったそうです。その名残のようですね。

魚の青物はズバリその色をしているからでしょう。

あおによし奈良の都は・・・・これも奈良の屋根は当時の青色をしていたのでしょうね。

by: 花渡川 淳 * 2017/08/08 22:15 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

私も、在職中は「よく」やっていました。
ライブ動画は見なくても、Yahooのサイトで途中経過を確認していたものです(汗)。
by: 声なき声 * 2017/08/09 05:01 * URL [ 編集] | page top↑
花渡川淳さんへ

教えていただき、ありがとうございました。
さすがに奥深い知識をお持ちのことと
感服いたしました。

確かに、「顔が真っ青」と言いますが、実際にブルーになるわけではありませんね。
by: 声なき声 * 2017/08/09 05:07 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは!

日本の色は四季折々の自然の色です。
色の感性は繊細です。
しかし、現在と呼び方が違うのです。
同じ赤系でもたくさんあるから
その中でも紅色決めたんだと思います。
http://irocore.com/
こちらのHPを参考にしてください。
by: おばさん会社員 * 2017/08/09 06:31 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
野球には、あまり興味が無いですが
高校野球は、県代表の試合のみ応援しています。

「赤」と「紅」の違いは、
感覚の問題でしょうから
説明は難しいですね。

「赤」の方が 透明感があり
「紅」は、深くくすんだイメージです。
くすんだと言っても 汚い色ではありません。

「赤」は、現代的
「紅」は、歴史を感じたり・・(笑)
by: ヨンヨン * 2017/08/09 06:46 * URL [ 編集] | page top↑
おばさん会社員さんへ

伝統色のサイトを教えてくださって、ありがとうございます。
「紅」を含んだ色名だけでも相当数あることに驚きました。
「赤紅」には、目を丸くしました(笑)。

それにしても、古き時代の色名には、味わい深い情緒が感じられます。
カタカナで色を色名を表現するのが昨今のはやりですが、日本の伝統色での呼び方を見直してもいいのではないでしょうか。
by: 声なき声 * 2017/08/09 06:59 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ

「赤」のほうが広い範囲をカバーしているようです。
より細分化したものの一つの色名が「紅」ではないでしょうか。

私も、「紅」には歴史を感じます。
日本古来の伝統的な色の呼び方には、美しさが漂っていますので、私は好きです。
by: 声なき声 * 2017/08/09 07:08 * URL [ 編集] | page top↑
正式名は違うんですか、大優勝旗で通じるから通り名はそれでいいと思います、はい。
駐留軍が赤い旗で思想運動と勘違いされたってのは、当時の世相を反映してて興味深い話でした。アカいのは勘弁ですよ。
第二次世界大戦をけん引した共産主義は今でも恐ろしい存在です。
まだ日本に共産党なんてあるのが信じられませんね。
歴史教育とかきちんと学んだら、なんで日本にアカがいるの?と思うはずなんだけどなぁ。治安維持法とかまで制定されてんのにな。
by: てかと * 2017/08/09 13:59 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ

今の時代、マルクスレーニン主義としての共産主義を信奉している人なんて、先進国にはいないでしょう。
あさま山荘事件で、事実上、ピリオドを打たれたと思います。
イデオロギーとしての赤い旗には、血の匂いがプンプンとしますから、私は苦手です。
by: 声なき声 * 2017/08/09 14:21 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2676-588e3d03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、千里ニュータウン在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する