FC2ブログ

7月30日(日)

昼前から夕方まで、例の図書館に行っていた。

朝の10時のオープンと同時に入り、その間、ランチで1時間ほど抜けたものの、ずっと図書館ライフを満喫した。

以前の続きで山本有三の『路傍の石』を読み、また、ついでということではないが、図書館内にあるインターネット接続パソコンも試してみた。

たっぷり時間があるというのは幸せなもので、後のことを心配せずに、読書なり、ネットなりをすることができる。

『路傍の石』はいよいよ佳境に差しかかってきた。

主人公が奉公に出てからの苦労話は、小学生のときに読んだ記憶をそのまま思い出させてくれる。

50年以上も前の自分と対面しているようで、懐かしさと気恥ずかしさが相半ばしているというのが偽らざるところだ。

図書館内のパソコンは、蔵書検索用はともかく、インターネット利用のためのものは、あまり大きな意味があるとは思えない。

いまどき、たいがいの家庭ではネットにつながるパソコンは持っているだろう。

だからか、10席ぐらい用意されているパソコンは、2人か3人しか使っていないケースがほとんどである。

しかも、今日など2人が使っていたが、どちらも小学生とおぼしき人で、いずれもアニメの画面を見ている。

家で禁止されているから、図書館に来て見ているのだろうか?

ちなみに、私がこの図書館に来たのは、冷やかしを除けば、これで3回目である。

在職中に受けた講習会で、
「リピーター、あるいは常連というのは、短期間に3回の訪問があった人を意味します」
というのが印象に残っている。

2回ではダメで、3回行けば、リピーターとか常連とみなされるとのこと。

3回を過ぎてから固定客となる、というのである。

確かに、自分自身を振り返っても、レストランや飲み屋などに2回目の訪問をすることは珍しくないが、3回となると、にわかに件数が少なくなる。

「三度目の正直」とは、よく言ったものである。

私もこの図書館の常連になったようだ。

 
19 : 20 : 45 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<SDカード録画カメラ(130万画素・SD最大200GB迄対応) | ホーム | 7月29日(土)>>
コメント
こんばんは♪

『路傍の石』
私は中学時代ぐらいに読みましたが、
ストーリー忘れてしまっています^^;
声なき声さんのようにまた読める時間がくればいいな~
と思いました。
by: きっちゃん♪ * 2017/07/30 20:28 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

次の用事を気にせずに、自分の好きなことに没頭できるのは、大きな幸せだと思います。
秋ともなれば、さらに図書館での読書には身が入るだろうと思っています。
『路傍の石』を読み終えたら、やはり、過去に読んだ本を読み直すつもりです。
by: 声なき声 * 2017/07/30 20:47 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
3回行くと常連さんですか
お気に入りになったお店は、
3回は行くようにしますね(笑)

図書館で読書は良いですね。
自宅で 本を読んでると
そうそう・・あれもしなくちゃと
気もそぞろになりますからね。

図書館だと 
本を読む事しか出来ないですからね。

日本の名作も読みたいですが
世界の名作も読みたいです。
by: ヨンヨン * 2017/07/31 05:56 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ

自宅での読書は、あまりも「誘惑」が多すぎます。
パソコンやテレビがすぐ近くにありますし、生活音も耳に入ってきます。
図書館の場合、本を読むのが目的の場所ですので、不必要な雑音は全くありません。
快適なスペースです。

世界の名作では、やはり小学生のときにダイジェストで読んだ『岩窟王』の正式版に興味を持っています。
手に汗握る展開を、この年齢になって再度味わいたいと思っています。
by: 声なき声 * 2017/07/31 06:43 * URL [ 編集] | page top↑
その本、読んだことないんですよ
うちの父や母が持っている蔵書がとってあるのですがそのタイトルもあったかなぁ
俺はブログを書くようになってから、
あんまり本はいらない感じですね
ひとのブログを読むほうがよっぽど面白いですw
by: てかと * 2017/07/31 13:55 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ

名著と言われている書物と、ネット上のブログとでは、私にとっての楽しみ方の切り口が違っています。
前者は歴史を感じさせる重さ、後者は日常的な軽い会話から得られる知識や心の潤いなどです。
どちらも私にはいい勉強をさせてもらっていると感謝しています。
by: 声なき声 * 2017/07/31 14:43 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2662-3f2b3eaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する