FC2ブログ

7月20日(木)

昼から、スーパー銭湯に行った。

さすがに、平日の昼間となると、客の数は少なかった。

予想はしていたものの、少しばかりエキサイティングであった。

もちろん、平日の昼間にスーパー銭湯なんて、初めてである。

夏ともなると、仮眠をとることのできるチェアや席などもあって、そのスペースは満員御礼であった。

たまたま、目の前で席を立った人がいたので、入れ替わりで、私もそこに横になった。

寝るつもりはなかったのだが、いつのまにか、私自身が眠りの世界に身を置いていた。

おかしな話、ストーリーは忘れたが、職場がらみの夢を見ていたのである。

なぜか、普段の日でも、前の勤務先での夢を見ることが多い。

しかも、「ああ、夢で良かった」と、胸をなでおろすような好ましくない内容のものがほとんどだ。

それはともかく、今日のスーパー銭湯での昼寝は、ほんの10分ほどのことであったと思うが、なんと気持ち良いことか。

しばしの桃源郷であった。

もちろん、在職中であれば、こんな経験はできない。

大げさなもの言いだが、世の中には、私の知らない世界がまだまだあることに思い至った。

スーパー銭湯にはドラマがある。

 
18 : 58 : 52 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<兵庫県三田市、発達改善スクール「ハッピーテラス さんだ教室」 | ホーム | 7月19日(水)>>
コメント
こんばんは。
昼間の10分ほどのお昼寝は
大切なようですね。
特に 今のように暑い夜が続く日は。

ようやく、職場から解放されたと思ったら
夢に出て来ますか(^^ゞ
いつになったら、その呪縛から解放されるのでしょうね。
by: ヨンヨン * 2017/07/20 20:00 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ

医学的にも、昼寝の有効性が認められています。
しかし、日本の会社では、昼寝を許してくれるところはほぼ皆無でしょう。
10分だけの眠りでは済まない人もいるでしょうし(笑)。

私のいた会社は、給料はともかく、社風はブラックとはほど遠いのんびりした職場の雰囲気でした。
ですから、そんなに不愉快な体験や辛い思い出はないのですが、なぜか、夢の中では嫌な場面ばかりが出てくるのです。
by: 声なき声 * 2017/07/20 20:26 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは♪

土日の午後、テレビや音楽を聴きながらうたた寝をするのが
私の楽しみでもあります。
それが平日のスーパー銭湯でできるなんて羨ましい限りです。
by: きっちゃん♪ * 2017/07/20 20:54 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

昼寝は午後3時までに済ませるのがポイントだと聞いたことがあります。
今日は、2時半に目覚めましたから、タイムリミットの点でもセーフでした。

10分だけでも、本当に気分が爽快になりました。
by: 声なき声 * 2017/07/20 21:08 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは!

夢にまで仕事の夢が出てくるとは!
いわゆる職業病ですね。
by: 稀代の策士(笑) * 2017/07/21 00:58 * URL [ 編集] | page top↑
稀代の策士(笑)さんへ

無職となった今、掃除や草取りなど、日常的なことしかしていませんので、会社のことが夢の中で出てくるのかもしれません。
そろそろ、いい加減にしてほしいと思っています(笑)。
by: 声なき声 * 2017/07/21 05:19 * URL [ 編集] | page top↑
夢で仕事の光景を見るなら記憶の整理中なんでしょうね
過去のことになったとはいえ、習慣の動作になっていたでしょうしねぇ
俺もたまーに見ますけど、メンツは職場の仲間だけど仕事じゃなくて遊んでる感じですw
by: てかと * 2017/07/21 14:30 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ

私の場合も、職場の面々が登場しますが、仕事関連がテーマとして進行しているわけではありません。
プライベートというか、論理的には説明のつかないストーリーになっています。
内容はすぐに忘れてしまうのですが、目覚めの良い夢ではありません。
by: 声なき声 * 2017/07/21 14:44 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2651-e53dab45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する