FC2ブログ

7月10日(月)

スマホの新規契約を済ませた。

会社契約のものをいったん個人契約にし、そして電話番号と機種を引き続き使用するということでの処理である。

ちなみに、新しいキャリアはmineo(マイネオ)である。

関西では地名度が高いが、関西電力系列のEOという光ファイバーの会社がやっている。

たまたま、mineoの取扱店が近所にあるので、朝の10時開店と同時に、そのお店に入った。

スタッフの人に、機種と電話番号をそのままで、mineoの新規に使いたいとの旨を伝えたら、「合点承知の助!」と説明専門のテーブルに案内された。

ほとんどが「重要事項説明」であった。

といっても、常識的に考えて至極当然の話ばかりである。

昨今ことだから、枝葉末節を取り上げてクレームをつける消費者がいるのだろう。

だから、時間をとって、ちゃんと説明したという体裁をとらなければならないのだ。

ただ一つ、説明のあった重要事項の中で、私自身が腑に落ちた個所があった。

なぜ格安スマホの値段が安いのかという理由の部分である。

要は、人件費の差だという。

D社やS社のように、街の至るところにショップがあって、困ったことが起これば、そのショップに駆け込めば何とかなる。

しかし、格安スマホは、ほとんど店舗を持たず、電話サポートだけで故障や苦情の対応を行っている。

だから、もしSIMカードを新しいものに交換したい場合は、電話サポートなりネットなりで内容を確認して、自分の手でやらなけれあならない。

今日行った店舗では、それはやらないという。

いわば、手を煩わせる作業が少ないので、その分、利用料金は安くなるらしい。

ちなみに、私の選んだプランでは、毎月の負担は、税抜きで1,410円である。

しかも、私の場合はEO光を使っているので、半年間は、そこから800円引きで済む。

私の財布に優しいスマホだと思う。

この点には大いに納得した。

これで、また、退職処理が一つ終わった。

 
18 : 34 : 51 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<7月11日(火) | ホーム | 7月9日(日)>>
コメント
こんばんは♪

格安スマホデビューですね~
私でもできたので大丈夫です(*^▽^*)
私は姉と2台分で月3,000円ほどです。
by: きっちゃん♪ * 2017/07/10 22:44 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

2台で3000円ということは、ほぼ、私と同じですね。
格安スマホの種類は多いですが、そのあたりが相場なのかもしれません。
by: 声なき声 * 2017/07/11 04:47 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
第二の人生が 着々と進んでますね。

auが料金を下げて、
「安かろう悪かろう」の時代は
終わって行く予感です。

行き届いたサービスより
安いが、主流になってきた社会でもありますね。

航空会社 保険 その他
ネットで 自分でやって コストを下げる
そのような時代になって来たと思えます。
by: ヨンヨン * 2017/07/11 05:49 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ

至れり尽くせりのサービスに対して高い料金を支払いというのは、時代遅れになりつつあると私も感じます。

日本の品質は何事によらず完璧性が高いですが、実際には過剰になっているのではないでしょうか。

今回のスマホ選択では、私が必要な機能だけを入れることにしました。

今回も、ネットだけで変更はできたのですが、SIMカードの交換の仕方に自信がありませんでしたので、それは店舗の人にお願いしました。
by: 声なき声 * 2017/07/11 06:21 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます!
今日はぽちっと応援だけで失礼します
by: てかと * 2017/07/11 10:12 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ

わざわざ、ありがとうございました。
by: 声なき声 * 2017/07/11 10:20 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2634-b32516e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する