FC2ブログ

6月30日(金)

最後の出勤日であった。

実は、今日は午後3時ぴったりに会社を後にしたかったのである。

当社で、プレミアムフライデー実行者の第一号として私の名を残そうと考えていたのだが・・・。

思わぬ誤算があった。

いつも使っているノートパソコンを初期化して、きれいな状態で次の人に引き継ぐべく作業をしたのである。

その読みが甘かった。

とにかく、Windowsのアップデートだけで、今朝の10時から午後4時半までかかったのだ。

まだ、7年目だから、そんなに古いマシンではない。

しかし、アップデートはかなりの時間を必要とした。

なんとか、午後5時半になって、ようやく使える状態になった。

よし、帰ろうと思ったら、女性社員から
「ちょっとだけ待ってください」
と声をかけられた。

何が起こるのかと思っていたら、なんと、大きな花束を手渡されたのである。

意外であっただけに、感激はひとしおのものがあった。

実のところ、今まで、世間のいろんなセレモニーで花束贈呈が行われているのを見ていても、さほど心を揺さぶられることはなかった私である。

しかし、現実に自分が花束を受ける主役となって、その重みを感じながら、そしてかぐわしい刺激を受けながら両手に抱えると、目頭が熱くなる思いは禁じ得なかった。

必ずしもポジティブな印象ばかりの会社勤めではなかったが、この花束を頂いたことで、すべてが美しくイメージを変えたのである。

30年間の職場人生は、大いに意味があったと心の底から実感した。


IMG_2085.jpg

21 : 30 : 36 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(40) | page top↑
<< 2017年度(第13回)「日本夜景遺産」新規認定地を発表! | ホーム | 6月29日(木)>>
コメント
こんばんは!

長いお勤めお疲れ様でした!
30年も務めた会社はもう我が家みたいな感じで、退出するのもさみしいものですね。





by: 稀代の策士(笑) * 2017/06/30 21:59 * URL [ 編集] | page top↑
稀代の策士(笑)さんへ

おっしゃるように、30年間勤務した会社をやめると、自分の居場所がなくなるような気がいたします。
会社に所属していることで、一種の安定感を得ていたのだと思います。
by: 声なき声 * 2017/06/30 22:17 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは。
今頃、ホッとして感慨に浸っておられるかもしれませんね。
さあ、明日から週休七日制です。私から見ればなんとも羨ましい限りです。

気ままな旅などいかがでしょう。九州の温泉めぐりでお越しの際にはご一報ください。
by: 花渡川 淳 * 2017/06/30 22:27 * URL [ 編集] | page top↑
30年間のお勤めご苦労様でした。
私も数年前体験しましたが、それまで一緒に働いていた上司、先輩、同僚から一席設けていただき拍手と涙で見送っていただいたものでした。
会おうと思えばいつでも会えるんですが、これが最後と思うと感謝の気持ちがこみあげてくるもんですね。
これからは職場を離れても変わらぬお付き合いを続けてください。
by: matsuyama * 2017/06/30 22:46 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは♪

本当に長い間お疲れ様でした。
花束には30年の重みがずっしりとあつたことでしょう。
私は同じ職場で2度花束をもらいましたけど^^;
入った時もですから3度です。
by: きっちゃん♪ * 2017/06/30 22:58 * URL [ 編集] | page top↑
お疲れさまでした
30年、長いですね、お疲れさまでした。
第2の人生楽しんでくださいね。

betipaは派遣生活が長かったので結構会社は変わっています。
それでも、最後はぽっかりあながあいたような感じなのに、30年って想像できないですね・・・
by: betipa * 2017/06/30 23:01 * URL [ 編集] | page top↑
(y^ω^)yお疲れ様でございました~☆
(y^ω^)y 30年、本当に長い月日ですね、ステキな花束ですね、終わりよければ全てよし!ですね。 ■ (y^ω^)y今後のご活躍もお祈り申し上げます~☆
by:  匠石 戒丘 * 2017/07/01 00:27 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは。

ご苦労様でした。
しばらくの間、リズムが狂ってしまうでしょうね。
目標を設定して新たな人生を歩んでください。

僕は個人営業。
こんな時は訪れてきません。
ちょっと羨ましいです。

ところで下の記事のレコード店は
僕が住んでいるマンションの一階にあります。
TVで見て僕もビックリしました(笑)
by: 孝ちゃんのパパ * 2017/07/01 01:54 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
長い間の 会社勤め
お疲れさまでした。

花束一つで 嫌な事も 
過去の思い出となりましたね。

振り返れば あっという間
一番 多くの事を 学べた時期だったと思います。
今までの会社で得られた事が
これからもどこかで生かされるでしょう。

今日から、新しい人生の始まり
充実した、毎日でありますように(*^。^*)
by: ヨンヨン * 2017/07/01 05:01 * URL [ 編集] | page top↑
花渡川淳さんへ

ご親切にありがとうございます。

鹿児島の霧島温泉に家族旅行で行ったことがあります。
奥深い自然を満喫しながらの露店風呂は、至上の喜びでした。
日本の原風景を感じたものです。
by: 声なき声 * 2017/07/01 05:32 * URL [ 編集] | page top↑
matsuyamaさんへ

決して今生の別れではないのですが、不思議なもので感慨がこみあげてきます。

生活環境が大きく変わりますし、第一、ほぼ毎日顔を合わせていた人が、私からすればいなくなってしまうのですから。

好意的な感情を持っていた人たちばかりではなかったというのが偽らざるところですが、さすがに最後の日は感謝の思いに満たされました。
by: 声なき声 * 2017/07/01 05:39 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

実のところ、花束を受け取るまでは、感傷めいた気持ちは全くありませんでした。
花束の重みを手に感じたとき、奇妙なことですが、初めての子供を抱いた感触を思い出しました。

入社したときも花束がいただけるのですか?
配慮の行き届いた会社ですね。
by: 声なき声 * 2017/07/01 05:43 * URL [ 編集] | page top↑
betipaさんへ

昭和62年7月1日入社で、平成29年6月30日の退職ですので、ぴったり30年間になります。
まだ無職になった実感はありません(笑)。
これからの人生は、単に余生を楽しむというだけでなく、クリエイティブな何かをしたいと、思いあがったことを考えています。
by: 声なき声 * 2017/07/01 05:49 * URL [ 編集] | page top↑
匠石 戒丘さんへ

最後の花束で、職場への印象が劇的にアップしました。
おそらく、ずっと忘れることがないでしょう。
by: 声なき声 * 2017/07/01 05:51 * URL [ 編集] | page top↑
孝ちゃんのパパさんへ

生活を乱さないために、朝の5時起きは当面は続けます。
やりたいことは山積していますが、まずは、やるべきことを済ませてからにいたします。

サラリーマンにとっては、エンドがあるというのは、見方によっては幸せなのだと思いました。
個人事業主のかたやオーナー経営者の人など、よほどのことがない限り、自らやめるという事態はあり得ませんから。

え?事件のお店は同じマンションなのですか?
これもまた不思議な偶然ですね。
by: 声なき声 * 2017/07/01 05:58 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ

ちょうど30年前の今日、入社しました。
よく晴れた暑い日であったと記憶しています。
34歳の当時のことを振り返りますと、本当に子供と変わらなかったと思います。

今までの経験で学んだことを、これからの人生をより意義深いものとするために、活かしていこうと考えています。
by: 声なき声 * 2017/07/01 06:03 * URL [ 編集] | page top↑
お疲れさまでした
30年間のお勤め、お疲れさまでした。



今日から私と同じ無職ですね。www

今後はこれまでと違う環境で慣れるまで大変かと思いますが、ご多幸をお祈りいたしております。

by: ひまわり * 2017/07/01 08:18 * URL [ 編集] | page top↑
ひまわりさんへ

ありがとうございます。

きょうから、ひまわりさんのお仲間に入れさせていただきます。
ひまわりさんのブログを参考に、質素倹約を心がけてまいります。

どうぞ、よろしくお願いします。
by: 声なき声 * 2017/07/01 08:25 * URL [ 編集] | page top↑
お疲れ様でした!
こんにちは。
30年のお勤め無事完了、おめでとうございます!
これから第三の人生でしょうか〜健康に恵まれた豊かな時間になりますように!
by: yokoblueplanet * 2017/07/01 08:39 * URL [ 編集] | page top↑
おめでとうございます
ご退職おめでとうございます。

自由な精神をお持ちの声なき声様ですから、これから時間の自由も得られて、ますますのびのびと心の翼を広げていかれることでしょう。

これからも記事を楽しみにしております。
by: ぢょん でんばあ * 2017/07/01 09:47 * URL [ 編集] | page top↑
yokoblueplanetさんへ

ありがとうございます。

「大過なく」という表現がありますが、私の場合も、「小過」はともかく、さしたる問題もなく30年間の勤務を終えることができました。
言い方を変えると、何もしなかった、ということになるかもしれませんが(汗)。

健康管理には十分の注意をしてまいります。
暴飲暴食を慎むのはもちろん、1日1万歩の基本方針は守っていきます。

by: 声なき声 * 2017/07/01 10:17 * URL [ 編集] | page top↑
ぢょん でんばあさんへ

過分なお言葉を賜り、身の縮む思いです。
私の場合は老化防止の目的でブログをやっていますので、ひとりよがりの記事しか書けません。
今後も読者の皆様のお目を汚すことになりますが、自分のペースで書き続けていこうと考えています。
もしお時間がありましたら、また覗いていただければうれしく思います。
by: 声なき声 * 2017/07/01 10:23 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは。

30年間、お疲れ様でした☆

いざ退職となると感慨深いものがあることでしょうね。
皆さまのお気持ちの花束が嬉しいですね。

やりたいことがたくさんあるとおっしゃっていたので、これからが楽しみですね♪

まずはゆっくり休んでくださいね。

by: ☆やむやむ☆ * 2017/07/01 11:32 * URL [ 編集] | page top↑
☆やむやむ☆さんへ

温かいお言葉をかけていただき、ありがとうございました。

やはり、あの花束は存在感があります。
会社のことを振り返ることがあるとすると、花束が頭に浮かんでくるに違いありません。
私なんて、花束購入費用ほどの働きをしていなかったのに、赤面の至りです(汗)。

はい、まずは休息をとりながら、必要な手続きを処理していきます。
それが終わってから、好きなことをやらせてもらうつもりです。
by: 声なき声 * 2017/07/01 12:17 * URL [ 編集] | page top↑
長い間お疲れ様でした。
みなさんが書いておられるように
一言では言い表せない色んな思いが胸をよぎったことでしょう。
明日からの違う人生を存分に楽しんでくださいね。
by: おばさん会社員 * 2017/07/01 12:26 * URL [ 編集] | page top↑
おばさん会社員さんへ

古い表現ですが、「走馬灯のように」いろんな出来事が頭に浮かんできました。
いずれにせよ、最後は気持ちよく職場を去ることができたのが大きな喜びです。

ありがとうございました。
by: 声なき声 * 2017/07/01 13:26 * URL [ 編集] | page top↑
お疲れ様でした。
僕なんて転勤族で2.3年で定期異動にひっかかり良い出会いも悪い出会いも含めて涙するのに、30年はすごいですね。今までお疲れ様でした。
by: がく * 2017/07/01 19:37 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは
いつもご訪問頂き有難うございます。

30年間のお勤め、お疲れさまでした。
花束を頂けるのは嬉しいですね。

自分は、退職を社会人の卒業と捉えて
います。
第2の人生への大事なステップだと
思います。
by: ichan * 2017/07/01 19:41 * URL [ 編集] | page top↑
がくさんへ

かなりユルユルの会社でしたので、私のようなものでも勤まったのだと思います。

この年齢になって、別れの悲しさというのは、厳しいものがありました(涙)。
by: 声なき声 * 2017/07/01 19:50 * URL [ 編集] | page top↑
ichanさんへ

予想外であっただけに、花束には感激しました。
おそらく、ずっと忘れられない一場面になることでしょう。

第二の人生は、自分の力で切り開いていくしかありません。
今までの経験を活かしながら、力いっぱい、取り組んでまいります。
また、アドバイスのほど、よろしくお願いします。
by: 声なき声 * 2017/07/01 19:55 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは。
長年のお勤めご苦労様でした。
花束、想定外の事でしょうけれど意外とジーンとくるものでしょう。

第2の人生は、凄く楽しいですよ。私は退職後4年間働きましたが、その後は毎日が楽しく今まで続いています。
先ずは、健康な体を保つことが一番大切な事です。
大いに楽しい人生を送ってください。
by: さゆうさん * 2017/07/01 20:04 * URL [ 編集] | page top↑
さゆうさんへ

お気遣いをいただき、痛み入ります。
思ってもいなかっただけに、花束の衝撃は大きいものがありました。

私も、まずは健康管理を一番に置いています。
そして、さゆうさんのように、自分も周囲の人も楽しめる毎日を送りたいと念じております。

よろしくご指導をお願いいたします。
by: 声なき声 * 2017/07/01 20:15 * URL [ 編集] | page top↑
お疲れさまでした。
30年間無事に退職の日を迎えられておめでとうございます。
これからは楽しい事が待っていますね。

同じところで頑張る人を心から尊敬します。
本当にお疲れさまでした。
by: うーすけ * 2017/07/01 20:43 * URL [ 編集] | page top↑
うーすけさんへ

ありがとうございます。

私がお世話になっていた会社は、甘い空気の職場でした。
怒鳴ったり、露骨な意地悪をする人はいません。
うーすけさんのブログを読ませていただいていて、私なんか、3日間も続かないだろうと思っていました。
ですから、30年間も雇っていただいて、ありがとうございましたとの思いが濃厚です。
うーすけさんのほうが、はるかに尊敬に値します。
by: 声なき声 * 2017/07/01 21:19 * URL [ 編集] | page top↑
ご退職おめでとうございます。勤め上げるっていうのは本当にすごいことですね。私の職場でも毎年卒業されていく先輩がいらっしゃいますが、すごいなぁ、と思うばかり。
新しい日々が始まりますね!
by: TORU * 2017/07/01 22:31 * URL [ 編集] | page top↑
初めまして
初めまして、いつもご訪問ありがとうございます(´∀`)
30年間のご勤労お疲れ様でしたm(_ _)m
30年も長く勤めていると、
色々な事があって会社にも思い出ができると思うので、
やっぱりいざ去るとなるとジーンとなりますよね。
しばらくは仕事がない日々に違和感があるかもしれませんが、
これから色々と楽しい事をして日々を楽しめるといいですね^^
by: ツバサ * 2017/07/01 22:34 * URL [ 編集] | page top↑
TORUさんへ

ありがとうございます。

私が驚きを感じるのは、年齢が上がっていっても仕事を続けている人の存在です。
オーナー経営者のかたなど、自分から退職をするというのは、極めてまれです。
業界のかたで、満90歳で現役社長という人がいらっしゃいます。
毎日出社して指揮をとっている、と伺っています。
まさに超人的としか言いようがありません。
by: 声なき声 * 2017/07/02 05:06 * URL [ 編集] | page top↑
ツバサさんへ

メッセージをいただき、ありがとうございます。

30年の間には、職場の人の顔ぶれも大きく変わりました。
亡くなられたかたもいらっしゃいます。
また、定年を迎えて、その後、全くお目にかかっていない人もたくさんいらっしゃいます。
そんな人たちの顔が浮かんできた最後でした。

これからは、自分がやりたかったことをやらせてもらいます。
もちろん、その前に、やるべきことはちゃんとやっておきますが。
by: 声なき声 * 2017/07/02 05:13 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます!いつもコメント、応援クリックありがとう。
記事ふたつあったのね。
おつかれさまでございました。
俺は早期退職したタイプだけど、やめるときは苦労しましたよ。それを思い出しました。
自賛は百も承知だけど若くて機転の利く有能なタイプはやめさせてもらえないんですよw
とっとと辞めたいから全力ふるってたっていうのになw
さておきまして、送別会でかたった抱負どおり、やりたいことがいっぱい実現できるといいですね。
ではまたー
by: てかと * 2017/07/02 11:26 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ

私の場合は、契約期間の半ばでしたが、ちょうど7月から会社の組織再編が予定されているということで、「肩たたき」があったのです。
私も、タイミングをうかがっていたこともあって、渡りに舟と、この話に乗った次第です。
会社側としては、私という人間は、
「年寄りで機転が利かず無能なタイプ」
とみなされていたのでしょう(大笑)。
冗談はともかく、これからの生き方が大事だと思っています。
by: 声なき声 * 2017/07/02 11:42 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2620-5c54fd8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する