FC2ブログ

6月22日(木)

退職後の健康保険のことで、手続きをした。

2つの選択肢がある。

任意継続するか、市の国民健康保険に加入するか、いずれかを選ばなければならない。

総務課長の話では、
「任意継続のほうが保険料は安いはず」
と言う。

とはいえ、念のために、市役所まで出向いて、国民健康保険での保険料を試算してもらった。

担当課には順番待ちの列がズラリとできていて、20分待ちで、私の番になった。

運転免許証と昨年の源泉徴収票を出すと、すぐに計算結果が出てきた。

総務課長の言ったとおり、任意継続であれば半分以下の保険料で済む。

要は、給料が安かった分だけ、保険料の負担も安くて済むということになる(汗)。

手放しで喜んでいいのかどうかためらいはあるが、これで迷うことなく任意継続を選ぶことに決められる。

これも物の考え方ではあるが、現役中は会社で保険料の半分を負担してもらっていたことに、あらためて感謝の念がわいてきた。

任意継続になったらこれから全部を自分で払わなければならない、という見方をすると、いかにも損な気になるが、今まで半額を勤務先に支払ってもらっていたと考えると、かなりの得をしたような気がしてくる。

家の近所のスーパーでは、20日と30日は5%引きの「お客様感謝デー」をやっている。

社会保険料の場合、前の会社を通算すれば、約40年間にわたって50%引きの恩恵を受けたきたのだから、ありがたいと思わないとバチが当たる。

私の人生は恵まれている(笑)。

 
20 : 22 : 49 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<6月23日(金) | ホーム | 6月21日(水)>>
コメント
こんばんは♪

私も銀行を辞めた時、任意継続にしました。
私の場合は失業保険が関係していた記憶があります。
もらい終わった後は父の健康保険に入れてもらいました。
by: きっちゃん♪ * 2017/06/22 21:51 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

手続きのパターンはさまざまあるようです。
私の場合は失業保険もなく、被扶養者になることもありませんので、選択肢は任意継続しかありませんでした。
総務課長からは、退職後、20日以内に任意継続の届をしないと無効になると、注意されています。
by: 声なき声 * 2017/06/23 04:55 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
良い選択をされましたね(*^。^*)

確かに・・保険料が安いと言う事は
所得が低かったと言う事になりますけど・・(^^ゞ

会社にお勤めの方は、みなさん 
社会保険 厚生年金の保険料は 50%引きで
労災保険などは、100%引き(笑)

恵まれた人生なのは、
声なき声さんだけではないのですが・・
気が付かないだけなのでしょう(笑)
by: ヨンヨン * 2017/06/23 05:15 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ

給料から控除されている社会保険料は、会社が半額負担している事実を知らない人もいるようです。

法律で決まっていることですから、当然と言えば当然ですが、会社にとっては大きな負担になっている、との側面もあります。

だから、社会保険に加入していない会社も多いということで、マイナンバー制度が始まったのですが、まだ、その部分での摘発はないようです。

目下、準備中というところでしょうか。
by: 声なき声 * 2017/06/23 05:43 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは!
俺は国民健康保険です。あまり意識したことないですね。
辞めてもすぐ年金収入がある場合は任意のほうがいいんでしょうかねぇ。
by: てかと * 2017/06/23 14:02 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ

なんでも、「任意継続」は退職時の標準報酬、「国保」は昨年の収入によって保険料が決まるらしいです。

年金がフルに入ってくるのは、私の場合、年末からです。
それまでは、節約モード全開で生活していきます(笑)。
by: 声なき声 * 2017/06/23 16:04 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2609-5656f2a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する