FC2ブログ

4月13日(木)

商社の人が来られたので、少々、雑談をさせてもらった。

なんても、インドと中国とイランの担当で、かなりの時間を飛行機での移動に費やしているという。

商社というのは体力がないと続かないと言っていた。

また、半ば自嘲気味に
「商社マンは短命なのが多いですよ」
とも語っていた。

職業によって、寿命の短い長いがあるのだろうか。

4年前の週刊SPA!の記事であるが、「早死にする職業ベスト10」として、以下をあげていた。

1位 大手広告代理店の営業
2位 IT企業の下請けSE
3位 チェーン飲食店店長
4位 若手官僚
5位 病棟勤務の看護師
6位 タクシー運転手
7位 LCCの客室乗務員
8位 自衛官
9位 公立学校の教員
10位 トラック運転手

「ベスト」という表現が適切かどうかはともかく、確かに、言われてみればすべて納得がいく。

長時間労働、ストレスの蓄積、過度の飲酒など、早死にの理由はすぐに浮かんでくる。

上のランキングには載っていないが、相撲取りも短命が多いのではないか。

無理して食べて体重を増やすものだから、体にたたるのは容易に想像がつく。

去年の夏、九重親方が61歳で亡くなったとき、
「早過ぎる」
という枕詞がつけられることがあった。

ただ、医師のブログによると、単純平均で63.6歳。

61歳での逝去は、「早過ぎる」というほどでもなかろう。

厳しい稽古や勝ち越しへのプレッシャーなども加わるから、相当に健康にはダメージを与えるだろう。

ちなみに、私のわずかばかりの狭い経験で言えば、短命かどうかはともかく、大病を患いやすいのが銀行員である。

そして、定年を迎えてリタイヤすると、にわかに身体もメンタル面も見違えるように健康を回復している。

銀行というのは、相当にストレスのたまる職場なのだと思う。

 
20 : 05 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<4月14日(金) | ホーム | 4月12日(火)>>
コメント
死ぬことはこわいですね
by: やまもっち * 2017/04/13 21:10 * URL [ 編集] | page top↑
やまもっちさんへ

どんな人でも、死は避けたいことでしょう。
私も、死ぬのはいやです。
死んでも生き続けたいです(笑)。
by: 声なき声 * 2017/04/13 21:20 * URL [ 編集] | page top↑
声なき声さん

こんばんは~~!

確かに、短命はイイ事では
ないので・・・
ベストって表現は・・・(笑)

自分の職業が載ってなくて
ホットしました・・
by: 吉良 直樹 * 2017/04/13 21:24 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは♪

お相撲さんはたしかに短命という印象があります。
というか、スポーツ選手は体を酷使していますね。
by: きっちゃん♪ * 2017/04/13 21:44 * URL [ 編集] | page top↑
吉良 直樹さんへ

私の勤務先は製造業です。
「ベスト10」の中に入っていなくて、胸をなでおろしました。
私は窓際の仕事ですから、メーカーでも金融業でも変わりませんが(汗)。
by: 声なき声 * 2017/04/13 21:53 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

とりわけ、格闘技系のスポーツをやっている人は、体を酷使しているようです。
特に力士は無理やり食べたり、飲んだりしますので、大きなダメージを受けるのでしょう。
by: 声なき声 * 2017/04/13 22:01 * URL [ 編集] | page top↑
俺②だよ、まじで死にかけたw
出金途中で吐いたこともある
続けたら40まで生きられないと思ってたわ
by: てかと * 2017/04/14 18:59 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ

あのお仕事をされているんですか?
睡眠時間がとれないと、よく聞きます。
そんなシチュエーションで、よく仕事ができるものだと、いつも不思議に思っています。
by: 声なき声 * 2017/04/14 19:26 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2510-53503e93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する