FC2ブログ

3月9日(木)

知人の葬儀があった。

昨晩がお通夜であったが、所用のため、本日の葬儀と告別式に参列した。

私よりも10歳ほど若いのに、突然に心筋梗塞に襲われ、帰らぬ人となったのである。

50代半ばの急逝は、ご遺族のかたにとってはあまりにも無念であろう。

考えようによっては、本人はもういないのだから、何の感傷もなく、のんきなものだと思う。

ゴルフウェアで快活に笑っている遺影が祭壇を飾っていたが、確かに、それは、彼のひととなりをよくあらわしている。

ところで、今日もそうであったが、私の知っている範囲では、葬儀に引き続き、告別式が執り行われることが通例である。

今まで目撃したことはないが、もし、宗教にこだわりのある人がいて、葬儀への参列は遠慮したいが、告別式でのお別れをしたいという場合、かなり厄介である。

葬儀の間は別のところで待機していて、告別式が始まるタイミングで急いで会場に入るという動きをしなければならない。

あるいは、葬儀が終わったらしばらく休憩を入れて、入れ替えの時間を設けるという段取りをとる必要があるかもしれない。

いずれもわずらわしい話だ。

ただ、現実には、葬儀と告別式の区切りをめぐってのトラブルなんて、私は聞いたことがない。

世間では、あいまいなままにしておくほうがうまく行く事柄も多いものだ。

亡くなった彼にこういった議論をふっかけていたら、きっと、
「どっちでもええと思いますワ」
と、破顔一笑したに違いない。

 
20 : 25 : 27 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<3月10日(金) | ホーム | 3月8日(水)>>
コメント
若いですね(>_<)
by: やまもっち * 2017/03/09 20:46 * URL [ 編集] | page top↑
やまもっちさんへ

参列者の多くが、「若くして・・」を口にしていました。
萬56歳というのは、まだまだ働き盛り、遊び盛りのはずです。
喪主はご長男が務められましたが、若い彼の姿を見ていると、涙を禁じえません。
by: 声なき声 * 2017/03/09 21:12 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
この年になると お葬式の参列が
多くなります(>_<)

私のお友達は、まだ誰も亡くなって居ませんが
ご主人を亡くされた方が多いです。
男女の平均寿命の違いでしょうか(笑)

この辺の葬儀場は、立食の用意がしてあって
待ってる間に ここで時間をつぶすようです。
これは、遺族の要望によるのかもしれませんが。
by: ヨンヨン * 2017/03/10 05:53 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ

お葬式のあり方も、地域によってさまざまです。
中には、通夜が終わってから荼毘にふし、その後に葬儀を行うところもあります。

また、告別式は遺族にご挨拶をするだけ、という地域もあります。
実際、私も参列したことがありますが、順番に並んでご遺族に頭を下げて、それで終わりでした。

「男女の平均寿命の差」は、大事なポイントかもしれませんね。
by: 声なき声 * 2017/03/10 06:58 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは♪

50代半ばで亡くなる人、結構いてます。
同級生でも何人かいます。
働き盛りなので参列する人も多いですね。
両親の時は知り合いも高齢で参列できないので
事後報告にしました。
by: きっちゃん♪ * 2017/03/10 14:44 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

私の実母が亡くなったときは家族葬で、同時に、事後報告にしました。
困ったのは、弟夫婦が実家に住んでいるのですが、休日など、朝から弔問にやってくる人がいたことです。
弟夫婦がすべて対応してくれたのですが、申し訳なかったと思っています。
by: 声なき声 * 2017/03/10 17:15 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2452-59986b92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する