FC2ブログ

3月5日(日)

NHKの大河ドラマ『直虎』は桶狭間の戦いから始まった。

学校の授業で習ったのは、2千人の兵しかいない織田軍が、10倍以上の兵士を持つ今川軍に奇襲をかけて勝った、といういわば大番狂わせの戦いとして教えられた。

はたして史実はどうなんだろう?

当時の合戦なんて、刀や槍でぶつかり合うだけのものだから、つまるところ、兵士の数が多いほうが勝つ、というのが一般論だと思う。

ミサイルや大量破壊兵器はおろか、銃すら無い時代の戦いなのだから。

ここで疑問が出てくる。

なぜ信長は、常識とは180度、異なった戦法で勝てたのだろうか。

そもそも超合理主義者である織田信長であれば、敵が何十倍もの兵士を持っているとわかっていれば、最初から戦おうとはしないはずだ。

勝てる戦いしかしなかった信長なら、それ以外は選択肢がない。

ということは、戦闘員の数そのものは、実は、伝えられているほどの大きな差はなかった、という考え方も出てくる。

ちなみに、wikiでもいろんな議論があることが紹介されており、
「義元の周辺にいて信長軍に直接対峙した兵力はせいぜい多くても5,000人程度」
と書いている。

それによると、従来は今川軍は5万人とか、2.5万人とか言われてきたが、実際に検証してみると、5千人にまで減ってしまう。

もしwikiが正しいとすれば、2.5倍程度の人員の差は、作戦の立て方によってカバーできるかもしれない。

・・・・こんなことを考えながら『直虎』を見ていると、ドラマの進行に集中できない。

テレビドラマなのだから、事実関係はともかくとして、エンターテインメントとして楽しめばいいだけの話だ。

『直虎』も、始まったころは、ヒロインのお転婆ぶりを、これでもかこれでもかと見せつけられていて、やや食傷気味であった。

しかし、昨今は、それぞれの登場人物の動きも躍動感を持って、感じられるようになってきた。

今後の展開が期待できそうだ。

 
21 : 15 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<「真壁昭夫のマーケット・ビュー」番組提供のご案内 | ホーム | 「くりっく株365」の売買手数料を業界最安値水準の153円に引き下げる>>
コメント
びっくり
スゴイ(^-^;
by: やまもっち * 2017/03/05 23:58 * URL [ 編集] | page top↑
やまもっちさんへ

織田信長の思想は、他の戦国武将とは全く違っていたようです。
科学的で論理的な発想がありました。
そんな彼が、はるかに劣勢な戦いにあえて挑むわけがありません。
by: 声なき声 * 2017/03/06 05:10 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
歴史には、疎いので、良く分からないですが、
「林修の今でしょ!講座」に出て来られる
東京大学の本郷和人教授の 解説は
面白いです。
過去に織田信長の話があったのかどうか知りませんが
広い範囲での 歴史から考えると
伝えられてる事実とは、違う事が多いようですね。

あまり興味がない歴史ですから
教授の本を読む気はありませんが・・(^^ゞ
by: ヨンヨン * 2017/03/06 06:56 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ

現代の私たちが頭に描いている歴史的な事件というのは、事実とは違っていた部分が多いようです。
四十七士の討ち入りにしても、事件の後で芝居になって、脚色されたものが後世に伝えられ、あたかも事実のように誤解されていると聞きました。

記録が残っていない時代のことですから、やむを得ないのでしょう。
現代にしても、マレーシアでの金正男暗殺事件なんて、いまだに真相が明らかになっていません。
by: 声なき声 * 2017/03/06 07:17 * URL [ 編集] | page top↑
尾張の兵士は、めっちゃ弱かったというのもあって苦労したらしいですね
先手をつとめた東海道の精鋭は二つの砦を攻めるのに忙しかったみたいだし、本陣が手薄になったのは仕方ないのかもしれません
しかも、尾張勢は地元民しか知らない山道みたいなところを通過して急襲したので余裕モードだと気付かなかったでしょうね
by: てかと * 2017/03/06 11:09 * URL [ 編集] | page top↑
てかとさんへ

信長は、先遣隊を出して敵を引きつけた、あるいは、事前にスパイを今川軍に忍ばせておき、内部かく乱を図っていました。
おそらく、この二つが勝利の大きな要因だと思います。
こういった作戦をあたためていたからこそ、あえて戦いを仕掛けたのであって、負けるかもしれないとの読みがあれば、戦はしていなかったはずです。
by: 声なき声 * 2017/03/06 12:20 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは♪

織田信長が博打のような戦いをしたのは
桶狭間の戦いだけだったとか聞いたような…?
今回も“最期”は描かれず、
“ナレ死”が話題になっていますね。
by: きっちゃん♪ * 2017/03/06 14:23 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

信長は情報収集を綿密に行い、必勝を確信してから合戦を行っています。
自軍の兵隊の数が敵軍より少なかったのは、桶狭間の戦いだけでした。

はい、昨日の義元の最期はあまりにあっけなかったです。
やや拍子抜けしました。
落語家さんなら、オチはぴしっと決めてほしかったのですが(汗)。
by: 声なき声 * 2017/03/06 17:15 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2445-8934d638
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する