FC2ブログ

2月28日(火)

会社の帰りに靴を買った。

実は、履いていた靴がすり減ってきて、底に亀裂が入ってきたのだ。

10年近く前に買ったものだから、そろそろ寿命かもしれない。

捨てるつもりで、新たに靴を買った。

どうせ捨てるのなら、少しでも手間を省きたいと思い、買った靴を、そのまま履いて帰ることにした。

古い靴は、お店に処分をお願いした。

しかし、そのとき、ふと頭に浮かんだのが、
「夜に、新しい靴を履いて外に出てはいけない。」
という言い伝えである。

「死んでしまう」というから恐ろしい。

ちょっとばかり気になったものの、科学的根拠はないと考え、新しい靴でお店を出た。

帰宅して、ネットで調べてみたら、いろいろ出てきた。

そもそもの由来は、どうやら、履きなれない靴で暗いところを歩くのは危険だ、ということを教えるためのようだ。

昔は、今のように照明技術は発達していなかったから、夜は暗かった。

普通に歩くのもリスクがあるのに、ましてや買ったばかりの靴だと、転倒の恐れは十分にある。

そのことへの警告としての「新しい靴は夜におろすな」というのであれば、理解できる。

ちょうど、ドグマさんの『夜爪を切ってはいけない』と同じロジックである。

ほかにも、お通夜の場合は夜に高級な靴で出かけるからとか、靴箱から本体を出すのはまさに棺桶を連想させるからとか、かなり苦しい説もあった。

いずれにしても、現代にあっては単なる迷信でしかない。

現に、私はお店から自宅まで、無事に戻ってきたではないか。

『靴は夜におろしてはいけない』も、注意喚起として受け止めるがベストだと思う。

 
20 : 08 : 32 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<3月1日(水) | ホーム | 2月27日(月)>>
コメント
こんばんは
これ、よく子供のころ祖母に言われました。大人になってなんの根拠があるんだろうと思いましたがやはり、いまと昔の生活状態の違いからきてるようですね。爪の話と同じようなものなのですね。
それにしても、子供のころ言われたことって結構深く心に浸透してるものなんだなって今になって思いますね。

新しい靴…私も仕事用のが一つ欲しくなりましたw。
by: 見張り員 * 2017/02/28 21:07 * URL [ 編集] | page top↑
見張り員さんへ

私は、母からよく言われたことを覚えています。
確かに、幼いころに信頼している人から言われ続けたことは、心の中にまで浸透しています。
小さいときのしつけというのは、それほど大事なものだと思います。
by: 声なき声 * 2017/02/28 21:16 * URL [ 編集] | page top↑
(゚Д゚ )アラヤダ!!
おばあちゃんは平気に夜 爪を切っています
by: やまもっち * 2017/02/28 21:29 * URL [ 編集] | page top↑
やまもっちさんへ

現代では、「爪切り」というハイテクツールが開発されていますし、夜もかなり明るいですから、すこぶる安全になってきたと思います。
by: 声なき声 * 2017/02/28 21:53 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
新しい靴 羨ましいです。(*^。^*)
靴大好きですから、足が何本あるんだ!
それくらい靴は持ってます(^^ゞ

迷信とは言いながら、
昔は、それなりの根拠があったのですよね。

今は、環境も変わって
夜道も明るくなりましたし、道路も整備されて
夜に新しい靴を履いても大丈夫でしょう。

私も、爪は夜に切ってますよ。
けれど、深爪もしてませんし・・(笑)
by: ヨンヨン * 2017/03/01 05:26 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ

現代人の視点からすると単なる迷信ですが、技術が進歩していなかった時代には、しっかりと合理性があったと思います。
頭から、非科学的だ、と非難するのは間違っていると私は考えています。

今朝も新しい靴で出勤しましたが、やはり歩きにくいです。
これで真っ暗な道を歩くとなると、リスクを感じます。
by: 声なき声 * 2017/03/01 06:56 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは♪

どちらも親からよく言われました。
『夜爪を切ってはいけない』
つい何年か前まで、
親より先に死ぬという意味とは知りませんでした^^;
私は父も母も死に目に会えませんでしたけど…
by: きっちゃん♪ * 2017/03/01 13:02 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

私も、引用させていただいたかたのブログを拝見するまでは、「親の死に目に会えない」の意味を「最期をみとることができない」と解釈していました。
それを知ってからというもの、平気で夜に爪を切っています。
もちろん、爪切りを使ってです(笑)。
by: 声なき声 * 2017/03/01 16:57 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2438-d7497c68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する