FC2ブログ

2月18日(土)

門戸厄神(もんどやくじん)に参拝してきた。

厄払いとしては、関西ではかなり広く知られているお寺である。

妻が言い出したものであり、、娘が数え33歳の大厄にあたり、同時に、長男の嫁も同じシチュエーションなので、二人分の代参として祈祷を受けることになったのである。

もっとも、急な思いつきなので、娘は友人グループの食事会の予定が入っていたし、長男の嫁は関東に住んでいるので、来ることができない。

私が運転手として、娘の子供二人も一緒に連れていった。

世間一般では、男の大厄42歳、女の大厄33歳がよく言われている。

しかし、地域や人によっては、中厄や小厄もあって、さらに、それぞれに前と後にも厄年が用意されている。

ということは、人生のほとんどが何らかの厄年に当たっている計算になる。

何年か前に、ネットで、すべての厄年の一覧表を見たことがあるが、厄の全くない年は指を折って数えるほどしかなかった。

これほど厄が多いと、少なくとも私には説得力を持たない。

せいぜい、厄は5年に一度ぐらいの確率でないと、特別に危険な年だとは受け止められないのである。

リピーターをできるだけ増やすというのがビジネスの鉄則であるが、多くの神社仏閣も、その手法に乗っかっているような気がして、あまり好感を持てない。

しかも、「祈祷」の効果の検証のしようがないから、祈祷を受けた結果で事態が好転したかどうかもわからないのだ。

今日、祈祷に当たられた僧侶は真摯に仏法を語っておられたことには敬意を表するが、私の頭の中では、全く違った世界が展開していた。

あまりにも素直でない見方をしているのかもしれないが、私は「厄ばらい」には関心を持てない。


IMG_1892.jpg

20 : 30 : 10 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<グルメを満喫できる焼き鳥とワインの専門店 すみまさです | ホーム | 2月17日(金)>>
コメント
(>_<)
今晩は

僕は42歳に大厄が来ます
by: やまもっち * 2017/02/18 21:12 * URL [ 編集] | page top↑
やまもっちさんへ

私が数えの42歳の年には、厄だからといって特別なことは何もしませんでした。
節分のお祓いは、毎年、受けていますので、厄払いは意識していません。
会社の大先輩で、自分の厄をほかの人に分散するのだ、といってドンチャン騒ぎの会を開いた人がいましたが、自分の不幸を他人に持っていくという発想が、私には理解できませんでした。
もちろん、その人の会には出席しませんでした。
by: 声なき声 * 2017/02/18 21:23 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは。
厄年は、あまり意識していません。

一般的には、その年齢が
一番注意すべき年齢であると言われていますね。

何かあると、「厄年だったから・・」と言いますが
何時であっても、何か起こる時は起こるものですから、
年中注意しなければならないものです。

そう言う意味で
毎年が大小にかかわらず、厄年なのでしょう。
by: ヨンヨン * 2017/02/18 22:41 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ

人間が生きていく上では注意が必要なのは当然ですが、1年間を通してずっと注意し続けることは無理だと思います。
「厄年」と言われる年は、一瞬たりとも気を抜かずに緊張感を持続しておかなければならない、というのも酷な気がいたします。

私は、「この日はよくない」「この方角は悪い」などといった発想には、どうも抵抗を覚えてならないのです。
by: 声なき声 * 2017/02/18 22:49 * URL [ 編集] | page top↑
(y^ω^)y 全く同意見です~☆
(y^ω^)y 僕も厄年は全く信じていません、占い師ですが、占いも信じてませんw

(y^ω^)y お客さんにも占いは信じないで、性格に基づいたアドバイスを論理的に納得したときだけ、そのアドバイスを使えばいい、と言っています。

(y^ω^)y 運って良いも悪いも、証拠が無いですし測定も出来ないですものね。
by:  匠石 戒丘 * 2017/02/19 00:39 * URL [ 編集] | page top↑
匠石 戒丘さんへ

占いに関しては、四柱推命は科学的な側面がありますので、信頼性があると考えています。
よく当たると評判の先生がいらっしゃったので、ことあるごとに診ていただいていました。
その先生は10年ほど前に亡くなられましたが。

そうなんです、「証拠が無い」ですから確かめる方法がありません(汗)。
by: 声なき声 * 2017/02/19 05:25 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは♪

厄だからと言って特別なことはしませんでした。
ただ変化があることはしないで静かに過ごすのが
いいのではないでしょうか…
by: きっちゃん♪ * 2017/02/19 16:28 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

私の場合、毎年、節分には神社でお祓いを受けています。
ですから、とりたてて厄だからというので、お祓いを受ける必要はないと判断しています。
by: 声なき声 * 2017/02/19 17:47 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2427-fb457a61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する