FC2ブログ

2月14日(火)

まわりがどんなに熱くなっていても、自分には遠い世界での現象のように思えてならない物事というのがある。

私には、バレンタインデーは、自分とは全く接点を持たないイベントとしてしか感じられない。

妻も、娘も、昔はチョコレートなりクッキーなりを贈ってくれたが、それはあくまでも社会的な義務の一環としてのものであって、一種のアリバイ闘争であったと思う。

だから、年月が経った今となっては、すっかり忘れ去られている。

職場の女性も、生命保険の勧誘員も、過去には下心満載のチョコレートをめぐんでくれていたが、最近は、とんと回ってこない。

日本のチョコの消費量の20%がバレンタインデー1日で使われるというから、少なからぬ量である。

しかし、私の周辺だけは、なぜか希薄に感じられてならない。

歴史をさかのぼると、私が中学2年生のとき、校庭の真ん中で男の先輩が女性からチョコレートを受け取っているのを、クラスメートと一緒に眺めたことがあった。

いまだに、その場面はくっきりと記憶に焼き付いている。

というのは、いずれは、私も、いつかはそんな先輩のように、女性からチョコをプレゼントしてもらうチャンスがあるはずだと、根拠もなく確信したからである。

しかし、希望的観測というのは、得てして実現しないものだ。

いまだ、そんな夢のような場面に、私は立ったことがない。

さすがに、60代半ばともなると、リアリティーを持たない夢を真剣に信じることもない。

おそらく、バレンタインデーには距離を感じたまま、一生を終えることになると思う。

ちなみに、人間にはおいしいチョコレートも、犬や猫はじめ、ほとんどの動物には毒だという。

もしかしたら、人間だけに許された悪魔の食べ物と言えるかもしれない。

 
20 : 12 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<「はちみつロールケーキ」が楽天ランキング デイリーにてロールケーキ部門1位を獲得いたしました。 | ホーム | 【泡包】シャンパンマニア代々木店「ほぼ新宿のれん街」にオープン! >>
コメント
(・∀・)
おばさん&いとこから1個と友達から1個とYouTubeの動画の新春プレゼントクイズの景品の1個です

12日 初めて逆バレンタインしました
by: やまもっち * 2017/02/14 21:15 * URL [ 編集] | page top↑
やまもっちさんへ

たくさんプレゼントをもらってよかったですね。

最近は、「逆バレンタイン」ってあるんですか?
初めて知りました。
時代は変わっているようです。
by: 声なき声 * 2017/02/14 21:42 * URL [ 編集] | page top↑
o(^-^)o
逆バレンタイン

男性から女性へ

僕の場合は感謝の気持ちとお菓子の力がナイと女の子と会話できんしあげました
by: やまもっち * 2017/02/15 02:21 * URL [ 編集] | page top↑
やまもっちさんへ

「感謝の気持ち」を持つのは非常に大切なことだと思います。
by: 声なき声 * 2017/02/15 05:17 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
バレンタインなる物が流行り始めたのは
結婚してからですし、
夫は、チョコは食べないし、あげた事はありません。

本物のカカオを使ったチョコレートは
少しだけ食べるのは、良い事だそうですが
巷で売られているチョコは、何が入っているのか・・(>_<)
by: ヨンヨン * 2017/02/15 05:27 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ

確かに、市販されているチョコレートには、添加剤がかなり含まれているそうです。
とはいえ、カカオそのものは栄養が豊富ですし、高血圧症にも効果が期待されると聞きました。
ですから、私は、ココアを普段は飲んでいます。
by: 声なき声 * 2017/02/15 05:42 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは♪

もう何年も義理チョコさえしていません^^;
義理チョコだけでなく、友チョコ、逆チョコ
なんでもありですね。
あまりバレンタインの意味もないようです…
by: きっちゃん♪ * 2017/02/15 12:43 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

いまや、業者の書き入れ時という以外の意味はないかもしれません。
ただ、1日で1000億円を超す売上をとっていますので、今さら、やめるわけにはいかないでしょう。
来年も、にぎやかにチョコレート販売合戦が繰り広げられると思います。
by: 声なき声 * 2017/02/15 16:43 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2420-5d29a124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する