FC2ブログ

12/31(土)

大晦日になると、必ず思い出すことの一つに、アンデルセン童話の『マッチ売りの少女』がある。

おそらくは、小学校に入る前から、絵本で読み聞かされたり、紙芝居で見たりしていたとは思うが、自分自身で明確にストーリーを把握しながら読んだのは、小学校の3年か4年生ぐらいであったと思う。

そのときに私の心に刻み込まれたことは、2点。

第一点は、マッチを売ったところで得られる収入はわずかなのに、少女がそこまで熱心になったことが不可解である、ということ。

第二点は、主役の少女は不幸せであったのか、あるいは、幸せであったのか、判断を下しかねるという問題。

もちろん、小学校時代は語彙の豊富さがなかったので、私が不思議に思ったことも、適切な表現をすることはできなかった。

それから50年が経過した今日、二点目の問題については、今なら、かなり強い自信を持って、少女は幸せな最期を迎えることができたと考えている。

大好きなおばあちゃんと一緒に生活できるのだから、これが幸せと言わずして、ほかに幸せはない。

世間の目から見ればかわいそうな死かもしれない。

また、原作者の意図はわからない。

しかし、息を引き取る瞬間に、やさしい祖母の愛にあふれた眼差しをいっぱいに感じながら息を引き取った少女は、私は、十分に意味のある終末であったと考えている。

食うや食わずの当時、貧乏で命を失っていった子供は少なくなかっただろう。

ただ、その少女は幸福感を味わいながら天国に行けたのである。

童話とは、結構、残酷なものが多いのが通例だが、『マッチ売りの少女』については、私はホットなものを感じている。

 
21 : 11 : 41 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<1月1日(日) | ホーム | 12/30(金)>>
コメント
2016年ラスト
クリスマスの話だと思っていました
by: やまもっち * 2016/12/31 21:18 * URL [ 編集] | page top↑
やまもっちさんへ

『マッチ売りの少女』は大晦日を舞台に設定されて書かれた作品です。
by: 声なき声 * 2016/12/31 21:35 * URL [ 編集] | page top↑
(^O^)
クリスマスの七面鳥?が出たような記憶がある
by: やまもっち * 2016/12/31 22:50 * URL [ 編集] | page top↑
(y^ω^)yあけましておめでとうございます~☆
(y^ω^)y あけましておめでとうございます。いつもお話の流れの上手さに、感心しながら楽しませて頂いています、今年もよろしくお願いいたします。

(y^ω^)y ビートルズの北条さん、僕にもうつりましたwww
by:  匠石 戒丘 * 2017/01/01 00:55 * URL [ 編集] | page top↑
やまもっちさんへ

少女がマッチをすったときに見た思い出の場面として、「七面鳥」が出てきたのです。
町の人が、亡くなった少女を発見したのは元日です。
by: 声なき声 * 2017/01/01 06:03 * URL [ 編集] | page top↑
匠石 戒丘さんへ

明けましておめでとうございます。
悪筆乱文のブログに、過分なお言葉をいただき、冷や汗が出てまいります。

「北条さん」の記事でご迷惑をおかけしまして、まことに申し訳ございません(汗)。
by: 声なき声 * 2017/01/01 06:06 * URL [ 編集] | page top↑
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

改めてマッチ売りの少女をウィキで見てみました。
私も七面鳥のくだりからクリスマスと思っていましたが
大晦日だったんですね!
しかも、この少女には父親がいた!
オヤジお前が働けよ!!!です。
by: おばさん会社員 * 2017/01/01 09:45 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは♪

大晦日だったとは…
私もクリスマスのような記憶になっていました。
by: きっちゃん♪ * 2017/01/01 14:45 * URL [ 編集] | page top↑
おばさん会社員さんへ

明けましておめでとうございます。

そうです、実の父親がさせることではありません。
いくら物語の中の設定とはいえ、不条理な思いがこみ上げてきます。
現代でも、実の子を平気で殺害する親がいますので、アンデルセンだけが悪いわけではありませんが。
by: 声なき声 * 2017/01/01 15:27 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

西洋の物語のイメージとしては、むしろクリスマスイブのほうが雰囲気的には合うかもしれません。
ただ、原作者としては、大晦日をストーリー展開の日として選んでいます。
いずれにせよ、現代であれば、夜に何本もマッチをすっていれば、警察や消防から注意されるに違いありませんが(汗)。
by: 声なき声 * 2017/01/01 15:46 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2361-71a1e2b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する