FC2ブログ

12/29(木)

関東に住んでいる息子夫婦が、帰ってきた。

日常的に顔を合わせることが少ないだけに、新鮮味はたっぷりある。

特に、2歳になったばかりの孫は、久しぶりに見ると、すこぶる大きくなったように思う。

実は、孫は父に、つまり私から見れば息子だが、顔がよく似ているのだ。

1歳ごろの孫の写真を見て、妻も私も驚いたほど、そっくりであった。

そして、実は、私自身も息子と似ていると、よく言われる。

息子が高校のときの担任の先生からも、
「DNA鑑定をしなくても、親子関係が間違いなく証明されますよ」
とお墨付きをいただいたほど。

このような条件がそろいながら、なぜか、私が孫に似ているとは、一度も言われたことがない。

「私≒息子」と「息子≒孫」の二つの条件が同時に成立するならば、当然に、「私≒孫」も成り立つはずではないか。

この論理は間違っていないはずだが。

ただ、孫が大きくなって私と同じ顔になったとしたら、それはそれで、孫には気の毒だが(汗)。

 
21 : 24 : 34 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
<<電子書籍『30分で学ぶ 集まる集客(R)』無料配布開始 | ホーム | 12/28(水)>>
コメント
年末年始
昨晩の地震は大丈夫でしたか??
僕は家に帰りました
by: やまもっち * 2016/12/29 22:00 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは
本当に親子をはじめとして血縁は似ていてびっくりすることが多々ありますね。かくいう私も、娘たちと『そっくりよ、どっちがどっちかわからないくらい』と言われます。娘たちは複雑な顔つきですが、私と母、特に最近よく似てきた気がします。年を取ると尚更似てくるものなのでしょうか。仕草が特に似てきた気がします。
by: 見張り員 * 2016/12/29 22:09 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます。
家の孫も、小さい頃は、息子そっくりで
女の子なのに、いいのかな~(笑)

大きくなるにつれて、お嫁さんにも似てきました。

>孫が大きくなって私と同じ顔になったとしたら、
 それはそれで、孫には気の毒だが(汗)

子どもの顔は、変わって来るので
心配無用・・・

それはそれで、寂しい気もするでしょうけど(笑)
by: ヨンヨン * 2016/12/30 05:14 * URL [ 編集] | page top↑
やまもっちさんへ

大阪は全く影響がありませんでした。
by: 声なき声 * 2016/12/30 05:16 * URL [ 編集] | page top↑
見張り員さんへ

甥っ子が、婚約時代、自分の彼女と妹さんとをよく間違えたそううです。
結婚式のときにお目にかかって、これは無理ないなと私も思いました。
遺伝子というのは、いたずらが好きなようですね。

「仕草」が似てくることも、よくあります。
妻が腰を曲げて前かがみになる姿は、亡き義父とそっくりです。
by: 声なき声 * 2016/12/30 05:26 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ

確かに、子供の顔はよく変わります。
私の娘など、赤ちゃんの頃は私に似ているとよく言われましたが、いつの頃からか、妻に似てきました。
その間、私の弟や妻の実姉やいろんな人の顔を示してきました。
まるで走馬灯のようでした(笑)。
by: 声なき声 * 2016/12/30 05:33 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは♪

お孫さんがもう少し大きくなれば、
親子三代似ていると言われるように
なるかもしれませんね。

by: きっちゃん♪ * 2016/12/30 16:42 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

「親子三代似ている」と言われたら、実のところ、心の中では喜びをかみしめることと思います。
孫に自分を投影しているようで、いやなお爺さんかもしれませんが(汗)。
by: 声なき声 * 2016/12/30 16:46 * URL [ 編集] | page top↑
三段論法
おはようございます。
お孫さんいいですね。

さて、A≒Bであり、A≒Cであるなら、当然にB≒Cである、というのは、技術屋の感覚からすると、「必ずしもそうではない」と思ってしまいます。
例えば、もしBとCの非共通部分がとても異なり、かつそれが全体に影響を与えるのなら、B≒Cでないことがありうると思います。
英米人から見れば日本人の英語もフランス人の英語は共に類似範囲にありますが、日本人の英語とフランス人の英語は随分違う、というのもその例ではないでしょうか。

しかし、おっしゃるように、お孫さんの顔はどんどん変わると思いますし、そうでなくとも3人すごく似ているという瞬間が必ず訪れることでしょう。
by: ST Rocker * 2016/12/31 09:00 * URL [ 編集] | page top↑
ST Rockerさんへ

理系のST Rockerさんの解説は、大変に説得力があります。
母国語ではない言葉を話すとのたとえ話にはすっかり納得をいたしました。

いずれ、3人が酷似してくる時期がやってくることを楽しみにしています。
by: 声なき声 * 2016/12/31 09:43 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2359-6e4b4564
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する