FC2ブログ

12/3(土)

きょうは親戚の葬儀に参列した。

昨晩、散髪に行ったのも、実はそのためである。

妻の父方の叔母が亡くなったのである。

岡山県の郡部まで、参列してきた。

いつもは車で中国自動車道を走るのだが、今回は、喪主から
「高速バスで来てください」
と電話があり、わざわざ、時間まで調べてくださり、到着の停留所まで迎えにきていただけるとのこと。

大阪から美作インターまで、約2時間。

自分で運転をする必要もないし、第一、食事をしてもアルコールを飲める・・・・。

この差は大きく、不謹慎ながら、内心は尻尾を振りながら、高速バスで寄せていただくとお返事をした。

叔母は89歳という高齢であり、天寿を全うしたという言い方が適切かどうかはともかく、悲壮感が漂っていない点で、何より気持ちが楽であった。

昨今の告別式では、パワーポイントではないが、映像を使って故人のありし日の姿を紹介する企画が行われる。

今日も、その場面があった。

中に、一緒に旅行をしたときの写真で4人の女性が一緒に写っているのがあった。

その一人が、今は亡き義母であった。

ストレートに感じたのは、私も、自分のときのために、価値ある写真を残しておきたいということ。

参列者のごく一部の人であっても、その人との縁を思い出してもらえる写真を用意しておくべきだと心に決めた。

満65歳を迎えたら終活に着手する予定であったが、少し早めてもいいかもしれない。

 
20 : 35 : 47 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<『7つの習慣』オンンライン講座をShareWis ACTで独占配信開始 | ホーム | 12/2(金)>>
コメント
お疲れ様です
by: やまもっち * 2016/12/03 21:31 * URL [ 編集] | page top↑
やまもっちさんへ

ねぎらいのお言葉を頂戴しましたが、私は、全く疲れませんでした(笑)。
by: 声なき声 * 2016/12/03 22:04 * URL [ 編集] | page top↑
おはようございます
あえて、お疲れ様とは言いません(笑)

今まで自分がそのような立場になるとは、
考えていませんでしたが
先日の 検査結果が出るまで、少し(ほんの少し)
考えました。

写真?無いよな~(^^ゞ
身の回りの整理?してないよな~(^^ゞ

去年、知人に葬儀社の積み立てプランを勧められた時
息子と話したことがあった。
 
「その時になったら、残された者が考えるから
必要な事だけ  分かりやすくしておいてくれたら
後の事は、いいから・・」と言われた。

最後に
「パソコンのパスワードも分かりやすくしておいてね」(笑)

どこまでが、必要な事なのか
いまだに 不明であるが、
全部丸投げ それが残された者にとって楽なのかも知れない

 
by: ヨンヨン * 2016/12/04 07:07 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ

私が、実のところ最も懸念しているのは、ネットバンクのパスワードです。
金額はほんのわずかですが、複数のネットバンクを持っています。
パスワードを終活ノートに書いておくべきか、それとも、いっそ前兆を感じた時点ですべて解約してしまうか、判断をしかねています。

ただ、子や孫たちに丸投げにするつもりはありません。
見かけはともかく、心根の優しい子や孫ばかりですのですので、私に万が一のことがあった場合、私の気持ちをあれこれと憶測して悩むかもしれません。
余計な心配をさせないためにも、決められる部分は自分で決めておこうと思っています。
by: 声なき声 * 2016/12/04 07:34 * URL [ 編集] | page top↑
ふたたびです。
我が家の息子たちも 本当に優しい子ども達だと思います。

>私の気持ちをあれこれと憶測して悩むかもしれません。

だからこそ 
私が葬儀社はここよ。お墓はこうして!
いろいろ決めて置いたら、それを守ってくれようと
悩むのではないか と思ったのです。
出来る事 出来ない事のギャップも起こって来るでしょう。

それなら、
もし・・お母さんなら・・
生前の私の考え方を思い起こして 
出来るような方法を取って欲しいと思いました。

写真にしても 
自分が好きな顔と
残された家族が 日頃の最も私らしいと思える顔は
違うかも知れません。
先々、ずっと見ながら思い出してくれる写真ですから
残された者の気に入った写真が良いのではないかと思いました。
生前に 相談して 写真を選んでおくのも なんだかね(^^ゞ

ネットバンクはやってないので 問題は無いですが
投資信託をやっていて こちらの情報も
しっかりファイルしてあります。

>いっそ前兆を感じた時点で・・
事故などで、前兆の無い場合もありますから(>_<)

こんな話・・・変ですよね~(笑)
by: ヨンヨン * 2016/12/04 08:41 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ

私は、葬儀は「親族葬」を希望しています。
それは、子供たちにも伝えておくつもりです。
そうしないと、
「大々的に送り出したい」
などと無理をするかもしれませんので、あえて、私から言っておきたいと考えています。
ディテールは残された側が自由に考えるとしても、基本線は私のわがままを通したいと思っているのです。

思い出の写真も、これはというとっておきのものは私が指定しておくつもりです。
もし、彼らがそれを無視しても、文句の言いようがありませんが(笑)。
by: 声なき声 * 2016/12/04 12:20 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは♪

お疲れ様でした。
遺影、自分で用意しておくか決めておくべきですね。
父の時も母の時も焦りました。
結局、二人とも60代の写真になりました。
母は今年遺影を撮りたがっていました。
何か感じることがあったのかもしれません…
by: きっちゃん♪ * 2016/12/04 17:25 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

義父は生前から、遺影を決めておりました。
もちろん、明確に「遺影に使う」とは口にしていませんでしたが、それとなく、その写真を使うように、ほのめかしていました。
86歳で亡くなったのですが、たぶん、60歳代半ばのときの写真だと思います。
義父は会社をやっていましたので、最も脂の乗った年代の写真であったのでしょう。
それだけに、思い入れはひとしおのものがあったのだと想像しています。
by: 声なき声 * 2016/12/04 19:09 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2321-27db838c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する