FC2ブログ

認知症を正しく認識しましょう

日本人の高齢化の進展とともに、「認知症」の言葉がすっかり定着しました。
ひところは、「痴呆」などと称されていたのですが、人間が老いていく過程で出てくる症状なのですから、「痴呆」はいくらなんでも不適切だと思います。
昨年に亡くなった母も、実は、認知症に見舞われていました。
最後の半年ほどは、実の息子である私のことも認識できなかったほどです。
おそらくは命にかえてでも私を守ってくれたであろう母の様子を見て、あらためて認知症の持つ残酷な側面に思いをいたしたものです。
なんでも、認知症の多くはアルツハイマーだと聞きました。
もし、不自然な症状が出てきたら、すぐに認知症 病院に行くべきでしょう。
ご近所の方でも、家族の人の認知症 介護でてんてこ舞いの人がいらっしゃいます。
私も、いずれは通らなければならない道かもしれません。
決してひとごとではなく、自分の問題として認知症をうけとめなければならない、と私は考えています。

ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

11 : 49 : 36 | 感想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<モバイル特化の求人サイト「Jobee(ジョビー)」が PC版サイトのサービス開始 | ホーム | 美容院は大事な存在だと思います>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/231-7272eae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する