FC2ブログ

10/21(金)

業界の関係の安全大会に行った。

会場に行くときには、近隣の会社の人と乗り合わせてタクシーで行くのが、一種の慣習になっているので、それにならって私もタクシーに乗った。

後部座席の左側に私は座ったのだが、なんと、走りだしてから左側のドアが開いたのである。

スピードが出ていなかったものの、柵のところを少しかすったようだ。

運転手さんがすぐに気がついてドアを閉め、大事には至らなかった。

どうやら、自動ドアを閉じるのを忘れていたようだ。

私も、ドアが確実に閉まったところを確認していなかったが。

プロドライバーでもこんなことがあるのだから驚く。

降りるときにドアを見たら、見てすぐわかるほどのすり傷があった。

おそらく、コンパウンドで処理すれば隠せる程度だと思う。

ただ、運転手さんの受けた自信喪失のダメージは大きかったのではないか。

たぶん、60歳を少し超えたぐらいで、私と変わらないぐらいの年齢のかたであった。

油断大敵という昔ながらの言葉を思い出した次第である。

 
21 : 39 : 05 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<10/22(土) | ホーム | 10/20(木)>>
コメント
お疲れ様です
こわいね(^-^;
by: やまもっち * 2016/10/22 01:40 * URL [ 編集] | page top↑
やまもっちさんへ

私は、一瞬、何が起こったかわかりませんでした。
まさか、走っている車のドアが開くなんて、思いもよりませんでしたから。
世の中には、いろんなリスクがあるものです。
by: 声なき声 * 2016/10/22 05:43 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは♪

何が起こるかわかりませんね…
大事に至らなくてよかったです。
そういえば、
かなり前にドアが開いたまま電車が走り出しかけました。
凄い警告音が鳴って止まりましたけど、びっくりしました。
by: きっちゃん♪ * 2016/10/22 16:43 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

え?電車でもそんなことがあるのですか?
公共の輸送機関ですので、ドアが開いているときは動かないように、制御しておくべきだと思いますが。
by: 声なき声 * 2016/10/22 17:04 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは!!
怖い事ですね(>_<)

ドアは、開いた事はないですが、

伊丹空港から新大阪駅まで
タクシーに乗った時 
60代後半に見える運転手さん
頭をグラグラ揺すりながら 飛ばす飛ばす
「そんなに急いでないから・・」と
言いたくなるほどでした。

頭グラグラして、
今にも病気で倒れるのじゃないかと
心配でした。

タクシー会社、健康診断やってるかな(笑)
by: ヨンヨン * 2016/10/22 20:11 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ

大阪のタクシーは飛ばす、と他の地域の人からはよく聞きます。
ちなみに、上海のタクシーはもっとビュンビュん丸です。
しかも、急カーブや急ブレーキを頻繁にかけますので、生きた心地がしませんでした。
昨日の”ドアマン”は、スピードは出しませんでしたので、その点は安心でした。
by: 声なき声 * 2016/10/22 20:26 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2256-96dd1619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する