FC2ブログ

9/16(金)

今日になって、昨日15日が「十五夜」であったことを思い出した。

職場の人から
「月を見ましたか?」
と問われて、記憶がよみがえった次第である。

彼女の話によると、小さくはあったがはっきりと月を見ることができた、という。

同じ大阪北部に住む私の家からも、おそらく、見ることができたはずである。

それを思うと、何やら損をしたような気がしてならない。

季節の移ろいを感じるというのは、貴重な体験だと思う。

なんでも、月を見る慣習は、日本では縄文時代からあったらしい。

テレビも居酒屋もネットもポケモンGOもなかった縄文時代、月をしみじみと見るのは、当時としてはまたとないエンターテインメントであったのかもしれない。

たしか、私の小学生のころには、家で、ススキと里芋で月見をした記憶がある。

子供にとっては、月を見るなんて楽しくも何ともなかったが。

ちなみに、明日の17日は満月になるらしい。

明日の晩は、雨でない限りは、夜空を眺めてみようと思う。

 
21 : 24 : 46 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<特殊切手「日本の夜景シリーズ 第2集」が全国の郵便局で発売 | ホーム | 9/15(木)>>
コメント
(^o^)/★
今晩は

満月は明日です

ニュースで石川県は雲が広がって微妙って言っていました
by: やまもっち * 2016/09/16 21:35 * URL [ 編集] | page top↑
やまもっちさんへ

大阪も、明日の天気は微妙です。
台風の影響で、どうなることやらわかりません。
by: 声なき声 * 2016/09/16 21:39 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは
十五夜は残念ながら薄雲がかかった状態でした。でもそれもまた一興かなと思い見上げていました。
月を愛でる、そんな風流な好みのある民族に生まれてよかったなあと思う昨今です。
by: 見張り員 * 2016/09/16 23:07 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは
日本でこれまでに詠まれた和歌のなかで、最もたくさん出てくる言葉は「月」なのだそうです。
「月を見る慣習は、日本では縄文時代からあったらしい」
なるほど、分かるような気がいたします。
by: 花渡川 淳 * 2016/09/17 01:45 * URL [ 編集] | page top↑
見張り員さんへ

秋の虫の声に耳を傾けるのは、日本人ならではの営みだそうです。
日本人以外には、虫の声は単なる「音」でしかないと。
私達の父祖はそんな美しい感性を持っていて、そして、私もそんなDNAを受け継いでいることに、喜びを感じてなりません。
by: 声なき声 * 2016/09/17 05:25 * URL [ 編集] | page top↑
花渡川淳さんへ

月は和歌でも頻繁に取り上げられるほど、日本人にとっては美の対象であったのでしょう。
「地球市民」という発想には決して反対はしませんが、それぞれの民族には固有の美意識があります。
その違いを無視することはできないと思います。
by: 声なき声 * 2016/09/17 05:32 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは♪

今日の夜はちょっと無理かもしれませんね。

家に帰ってしまうと夜空を見上げるのは
雨戸を入れる時ぐらいです。
その時に月があれば眺めますが…
by: きっちゃん♪ * 2016/09/17 13:30 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

わが家は、昼間は誰も家におりませんので、平日は雨戸は閉めたままです。
ですから、一旦帰宅してしまうと、あえて月を見るために雨戸を開けることもありません。
by: 声なき声 * 2016/09/17 17:00 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2198-9a3fe572
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する