FC2ブログ

7/22(金)

NHK大阪のテレビ番組『歴史秘話ヒストリア』をやっていた。

昭和45年に大阪で開かれた万博がテーマであった。

私が高校3年生の時のイベントであり、学校から授業の一環で行ったことを覚えている。

アメリカ館やソ連館などの人気パビリオンは入場待ちで何時間というレベルであったから、最初から並ぶ気は全く無かった。

会場内では自由行動であったので、親しくしていた友人3人と一緒に、とにかく順番待ちの少ないパビリオンを探したものである。

もっとも、展示物よりも、美しいコンパニオンさんを見つけることに奔走していた。

ベトナム館のコンパニオンさんが、私には一番のお気に入りであったが・・・・・。

あらためて、この番組を見ると、実に多彩な企画があったと知らされた。

「携帯電話」「自動洗濯機」「ロボット」など、そんなものがあるなんて、当時は全く知らなかった。

インターネットのなかった時代、事前に情報を調べる手立てもあまりなかったのである。

それにしても、今回の番組で初めて知った事実の多かったことには、目からうろこの思いであった。

とりわけ集中して見た場面は、タイからやってきた象が、神戸港から会場まで歩いてきたシーンである。

象がタイから船で神戸港まで連れてこられたものの、上陸してから先は象が歩くしか運搬方法がなかったのだ。

遠路はるばるという表現がぴったり来るではないか。

実は、家の近所の道路も歩いたのである。

ただ、話でしか聞いたことがなかった。

映像でしっかりと見たのは生まれて初めてである。

自分の目で確かめることができて、納得も満足もしている。

 
21 : 14 : 30 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑
<<「ラ塾」開校の為に有名ラーメン店主たちが立ち上がった! | ホーム | NLPプラクティショナーコース申込受付>>
コメント
(-.-)zzZ
今晩は

職場の旅行で浜名湖花博に行きました

青いバラを見ました

帰り際 スクラッチを10枚(1枚100円)を買って1000円が当たりました
by: やまもっち * 2016/07/22 21:55 * URL [ 編集] | page top↑
こんばんは
大阪万博の頃、私は東京の大学生で、関西方面に遊びに行ってましたが、万博は行っていません。私のネト友がコンパニオンをやってたそうです。

象さんを神戸港から会場まで歩かせたとは驚きました。江戸時代にラクダを各地の見世物小屋へ歩かせたそうです。江戸時代も、万博の頃もおよそ人間のやることはたいして変わりませんね。
by: 花渡川 淳 * 2016/07/23 01:39 * URL [ 編集] | page top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by: - * 2016/07/23 02:06 * [ 編集] | page top↑
やまもっちさんへ

不勉強で、「浜名湖花博」のことは知りませんでした。
「青いバラ」は不可能なことでも実現できるというシンボルとして、いろんな場面で使われています。
一度は見てみたいものです。
by: 声なき声 * 2016/07/23 05:43 * URL [ 編集] | page top↑
花渡川 淳さんへ

当時、万博のコンパニオンというのは女性の憧れの職業の代表格でした。

おそらく、江戸時代にはラクダは珍しい動物であったに違いありません。
人々の好奇心を掻き立ててやまなかったことでしょう。
しかし、全国各地まで歩かされたラクダににしてみれば、大変な受難であったと思います。
by: 声なき声 * 2016/07/23 05:50 * URL [ 編集] | page top↑
2:06AM年齢秘密さんへ

コメントをいただき、ありがとうございました。
私は、通勤帰りに、太陽の塔を見ながら車を走らせています。
多くの人がそこに思い出を持っていることでしょう。

by: 声なき声 * 2016/07/23 06:06 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは♪

この番組、見たかったのですが忘れていました^^;
私は小学校の遠足です。
近いのでそれ以外に何度か行きました。
夜にも…
お祭り広場の活気は今でもよく覚えています。
暑い中、長い時間並んだことも…
by: きっちゃん♪ * 2016/07/23 13:34 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

私が万博に行ったのは、その1回だけです。
受験勉強の時期でしたので、気持ちとしては行きたかったのですが、まわりにそれを許す空気がなかったのです(笑)。
お祭り広場は、開催中よりも終わってからのほうの印象が強いです。
by: 声なき声 * 2016/07/23 19:22 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2119-5b45bed1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する