FC2ブログ

7/10(日)

参議院選挙の投票を、朝に済ませてきた。

いま、テレビで開票速報をやっている。

すべての局が放映する必要はないと思うが、それはともかく、出口調査のおかげで結果が早く出る。

今見ている段階では、選挙前の予測通りに終わりそうな気がするので、実のところ、あえて開票速報を見る意味も薄い。

なお、私が関心を持っていることの一つに、投票率がある

明日には投票率の数字が明確に出るが、あまり高い数字は期待できないのではないか。

もし自分の1票が当落を決める、つまり、キャスティングボートを握っているというのであれば、劇的に投票率が上がるだろうが、現実はそんなことはない。

だから、わざわざ時間をかけて投票しなければならない必然性はない。

特に、今回は参議院であり、政権選択の選挙でもなく、また、切迫した争点もないとなれば、関心は高くないのは当然。

ちなみに、私の友人で、生まれてこのかた、投票には一度も行ったことがないという者がいる。

「もし、自分が投票した候補が不祥事を起こしたら、自分にも責任を感じるから」というのがその理由である。

前東京都知事の事件の後に彼の言葉を思い出すと、妙な説得力を持ってくる。

 
20 : 30 : 28 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
<<7/11(月) | ホーム | 新感覚トレーニング「EASY CHANGE(イージーチェンジ) 腹筋マシーン」>>
コメント
投票率の事
こんばんは~♪

そんな事が 出来るのかどうか分からない
まったく 無責任な意見ですが・・(^^ゞ

国勢調査のように パソコンで投票出来れば
投票率も 上がるかな。

選挙権が18歳に引き下げられて
若者は、ネット投票なら するかも。
スマホ投票なんかも出来たりして。

わざわざ 投票所へ行くのは面倒だけれど、
スマホなら 道端でも出来ますからね。

それにしても 一度も投票に行ったことがない!
良し悪しは別にして
それも すごいです(笑)
by: ヨンヨン * 2016/07/10 20:48 * URL [ 編集] | page top↑
ヨンヨンさんへ

インターネットを使えば、とりわけ若い人の投票率は上がると思います。
ただ、「本人確認」と「情報漏洩」の問題がありますから、即実現は困難だと思います。
国勢調査の場合は、「勤務先名」以外は、漏れたところで実害のない情報ばかりですので、ネット調査に踏み切れたという側面があったのではないでしょうか。

おそらく、彼は投票することもなく、人生を終えることでしょう(笑)。
by: 声なき声 * 2016/07/10 21:00 * URL [ 編集] | page top↑
選挙
おはよう

昨年 寮で不在者投票をしました

不正行為が見つかり逮捕者が出たので投票してない
by: やまもっち * 2016/07/11 09:40 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは♪

母は投票所へ行くのも大変なので、
ここ数年行っていません。
そういう人も多いのではないでしょうか…?
私も結果は分かっていたので、
開票速報は見ていません。
by: きっちゃん♪ * 2016/07/11 12:18 * URL [ 編集] | page top↑
やまもっちさんへ

30年以上前の話ですが、知人が飲食の接待を受けたということで、かなり長きにわたって警察の取り調べを受けたことがありました。
運動員の人と、たまたま出会って、おごってもらっただけだそうです。
投票依頼の話も何もなかったのですが、それでも、グレーとなったのですから、厳格なものだと思います。
by: 声なき声 * 2016/07/11 19:14 * URL [ 編集] | page top↑
きっちゃん♪へ

私の実父も、少なくとも3年前からは投票には行っていません。
ですから、政治への不満も口にしていません。
それはそれで、一貫した態度だと思っています。
もちろん、国民としての義務を果たしていないのですから、政治批判ができないのは当たり前ですが。
by: 声なき声 * 2016/07/11 19:17 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2097-e4ba0f57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する