FC2ブログ

読売新聞で「歯医者さんで使われている水は危険」との報道がありました

レビューブログ様からの情報に基づいて記事を書かせていただきます。

読売新聞で、「歯科治療・水に細菌-機器に滞留し増殖」とのショッキングな記事がありました。
読んでみますと、ユニットチェアから出てきて、患者がうがいをする水が、なんと、多くの細菌が増殖している配管から出てきている、というのです。
歯医者さんに通っている私にも、大きな衝撃でした。
医療機関なら衛生面に関しては絶対に大丈夫との信頼を持っていたのですが、必ずしも、そうとは言えないようです。
休日や夜中など、配管やユニットチェアの中の水は、ずっと滞留しているのです。
そこに、細菌が繁殖し、増殖しているということが書かれていました。
すると、歯医者さんで治療を受ければ、逆に細菌にやられてしまう危険性があることが懸念されます。
まことにゆゆしき問題ではないでしょうか。
この問題に真摯に取り組んでいる団体が、特定非営利活動法人POIC(R)研究会なのです。
POIC(R)研究会は、定期的に院内水の細菌数を検査して、常時、細菌数が0と認められた医院を認定施設としています。
認定された歯医者さんで治療を受けたいものですね。



ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

07 : 28 : 54 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<5/5(木) | ホーム | 「大人のおつまみシリーズ」が人気アニメとコラボしました>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/2044-21c19293
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する