FC2ブログ

認知症患者の“外出検知”及び“徘徊を見守る位置情報システム”を開発

高齢社会の進展によって、多くの課題が突きつけられるようになりました。
一つは認知症の蔓延です。
認知症によって発生する現象の一つに、徘徊があります。
家族にしてみると、行き先の把握ができないことで大混乱は避けられません。
しかし、解決に役立つことが期待されるシステムが開発されました。
OFF Line株式会社が開発したスマートフォンアプリのおかげです。
平成28年4月14日、4月15日に、スマートフォンアプリの「AirTalk」を用いた認知症患者の外出検知、および、徘徊を見守る位置情報システムの大規模実証実験を行って、大成功をおさめたのです。
認知症患者が固定無線端末、つまり、ビーコンをつければ、患者の自宅や、病院、介護事業所に設置した「AirTalk」が常時確認することによって、そこいるか外出しているかの検知を行います。
そして、その情報が家族、ケアマネージャのスマートフォンアプリに、即、配信されるのです。
このみまもりシステムは、事故にもつながりかねない認知症患者の徘徊問題の解決に、極めて有効に寄与するものです。
高齢者とその家族に優しいツールであると言えましょう。

OFF Line社、認知症患者の“外出検知”及び“徘徊を見守る位置情報システム”を開発。金沢西病院、りくつなケアネット金澤を中心とする32団体の関係者より協力を受け金沢市内にて大規模実証実験を行う。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

12 : 26 : 47 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<3/26(土) | ホーム | 国産スポーツカーに拘ったチューニング&カスタム「Tuning Car World SHOWDOWN2016 」出展社決定!4月29日、30日、ふじさんめっせで開催!>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/1981-1247b947
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する