FC2ブログ

1/3(日)

夕食で、おせちを完全にたいらげた。

毎年、私が3日の晩におせちの残りを処分するのが、いわば任務になっている。

わが家では、おせちはホテルか仕出し屋から頼んでいるので、残すのはあまりにもったいない。

しかし、、娘婿と私以外は、当家の者は、みな小食なので、結局、私一人が食べることになる。

幸いなことに、基本的に食べ物の好き嫌いのない私は、喜んでこの仕事を行っている。

ちなみに、おせちの中でも好きなもののベストスリーは、
 1. 田作
 2. 黒豆
 3. 数の子
である。

無制限に、といえばうそになるが、かなりたくさん食べられると思う。

なぜか、わが家では田作の人気が芳しくないようで、おそらく、私だけで食べてしまったのではないか。

黒豆は、実家の亡き母が、毎年大晦日にゴトゴトと煮ていて、その匂いがいまだに記憶に焼き付いている。

30年以上も前の事柄なのに、鮮明に覚えている。

母の思い出があるから、黒豆に愛着を感じるのかもしれない。

数の子は、味うんぬんよりも、噛んだときの触感に魅了される。

この3点は、私の正月には欠かせないアイテムである。

おせちがなくなると、お正月が幕を閉じたと実感する。

自由で楽しい日々というのは、あっと言う間に過ぎ去る。

 
18 : 39 : 38 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<「創業手帳」とTECC(東京圏雇用労働センター)が起業家向けの無料セミナーを2月26日に共催 | ホーム | SEO対策のism株式会社 経済誌『ベンチャー通信』7期連続ベストベンチャー100選出!>>
コメント
こんばんは♪

おせちは正直あまり好きではありません。
酒のあてに合うよなもの多いですし、
冷たいのが…
私も黒豆は大好きです(*^-^*)
by: きっちゃん♪ * 2016/01/03 20:17 * URL [ 編集] | page top↑
Re: タイトルなし
きっちゃん♪へ

私も、二十歳代までは、おせちは苦手でした。
今のように好きになったのは、おそらく50歳を超えてからではないかと思います。
おせちには塩分が多いというので、毎年、血圧の先生からは食べ過ぎないようにとの指導を受けています。
by: 声なき声 * 2016/01/04 04:44 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/1815-de2c47db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する