FC2ブログ

12/20(日)

今朝、妻の実家のあった土地の売却のことで、土地家屋調査士の人と打ち合わせをした。

要は、隣の家との境界標識を打ち込むというものである。

私は知らなかったのだが、正式に登記されている土地の区画を「筆界(ひつかい)」と呼んで、目印として標識を打つことになっているらしい。

筆界は、実際の生活をしている土地とは関係がなく、要は、登記されている土地のことだという。

その筆界をはっきりと明示するために、目印を打ち込む、実際には、強力な接着剤で貼りつけるのだが、そういった作業をする必要があるとのこと。

語後日のトラブルを避ける意味から、今回の売買では、売り主の責任として、つまりこちら側の費用で、標識を打つこととなった。

ちなみに、今日の土地家屋調査士の事務所は、かなり安価な費用で仕事をしてくれるらしい。

仲介業者の話では、事務所によって倍以上の差が出ることもある、という。

国家資格を持った人のする仕事だから、おそらく、仕上がりにそんなに大きな差はないだろう。

土地家屋調査の仕事に限らず、探してみれば、リーズナブルな価格で引き受けてくれる会社は、ごまんとあるに違いない。

下請けに仕事をやらせて、その上前をはねだけの仕事をしている会社も多いのではないか。

ちょっと、どうかと思う。


21 : 17 : 40 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<12/21(月) | ホーム | クラウドカメラ「VLOG CAM VCC-1」1月20日(水)に販売開始>>
コメント
こんばんは
このようなお仕事の人たちは、従来は統一報酬、つまりどこに依頼しても原則同じ料金であったが、小泉改革以降、報酬規定は無くなったようです。だから極端に安い人もいるのでしょう。

不動産の譲渡所得税を払うことを考えれば、彼らに払う金は経費で控除されるから、高い安いもですが、しっかりした間違いのない仕事をしてもらうことが一番ですね。境界標設置だけではなくて、測量して実測面積で清算する場合もあるでしょうから、地価の高いところでは境界を間違ってはいけないのでしょう(面積が違ってきます)。

それと引渡しまでには仕事を完了してもらわなければなりません。決済が遅れると、売買代金も遅れるし、業者も手数料が遅くなります。不利益を受けないとも限りません。

安いに越したことはありませんが、物品購入と違い技術料みたいなものですから、その人の人間性を見て依頼した方がいいのかもしれません。しかし、一般の人は不動産の売買などは反復継続してやるようなことではありませんので、業者さんの紹介による場合が多いでしょうね。

私も或るいわゆる士業を営んでいますが、安請負は致しません。人の紹介の場合にその人の顔を立てて少し安くしてあげます。
少し高いような気がしたけどしっかりした人だった、と言われるのが私の理想です。依頼する人もそうだったらいいな、という願望でした(笑)。
by: 花渡川 淳 * 2015/12/21 03:50 * URL [ 編集] | page top↑
Re: こんばんは
花渡川淳さんへ

詳しい解説をしていただき、ありがとうございます。

この土地家屋調査士事務所は、仲介業者の紹介です。
こちらから、あえて低コストを要求したわけではないのですが、たまたま、いつも使っているところの見積もりが高かったというので、チェンジしたということです。
法人組織にはなっていますが、どうやら夫婦二人でやっている事務所のようです。
そういった意味で、固定経費があまりかかっていないところから、低料金が可能なのかもしれません。
日曜日の朝でも嫌がらずに来てくれますので、そんな顧客本位の姿勢に共感を覚えました。
また、仕事の早さは定評があるとのことで、その点でも安心しております。
by: 声なき声 * 2015/12/21 05:40 * URL [ 編集] | page top↑
こんにちは♪

筆界ということばは忘れていましたが、
テレビで目印の標識のことは見たことがあります。
不動産のことは本当に素人には分かりづらいことが多いですね。
by: きっちゃん♪ * 2015/12/21 13:38 * URL [ 編集] | page top↑
Re: タイトルなし
きっちゃん♪へ

私も、この歳になって、いい勉強をさせてもらったと思っています。
「筆境」も知りませんでしたし、そもそも、土地を「一筆」「二筆」と勘定することもわかっていませんでした。
あまりにも無知でした。
by: 声なき声 * 2015/12/21 20:25 * URL [ 編集] | page top↑

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/1799-5a726060
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する