FC2ブログ

11/26(木)

ある式典の準備のことで、席位置のことが話題になった。

壇上で、来賓のかたと主催者の席の位置をどうするか、という問題で意見が分かれたのである。

本来の日本的な考え方としては、向かって右が上の席になるので、来賓のかたに座っていただく場所となる。

しかし、昨今では、向かって左の位置に来賓のかたが位置されていることが多い。

その場でネットで検索したら、要は、国際儀礼では、向かって左が来賓席で、古来の日本の慣習では、向かって右が来賓席になる、とのようである。

ただ、厳密にそうしなければならない必然性もなさそうだ。

なお、今日は、国旗と団体旗を並べて掲揚するときに国旗が左になるので、それに準じて、来賓のかたも左に座っていただく、ということで、結論が出た。

お雛様も、ほとんどの地域では男雛が向かって左だが、日本の伝統が色濃く残っている京都では、向かって右に置くのが一般的である。

こういうファジーさが、もしかしたら日本社会のいいところかもしれない。

  
20 : 19 : 20 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/1758-96331b15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する