FC2ブログ

11/11(水)

会社の顧問弁護士事務所に行ってきた。

かれこれ、7年のお付き合いになる。

それまで、弁護士という職業にはほとんど縁がなかった。

テレビドラマで出てくる弁護士のイメージしかなかった。

だから、誤解していた部分も多かった。

テレビで出てくる弁護士は、ほとんどが刑事事件の弁護士である。

しかし、現実には、刑事を担当している弁護士の数というのはかなり少ないと聞いた。

要は、刑事事件だけでは、食って行けないのである。

ほとんどの弁護士は、会社倒産や離婚、損害賠償請求などの民事訴訟の仕事をしている。

また、ドラマでは、調査のために何日もかけて遠方まで出かけている場面がある。

実際には、そんな暇はまずない。

そもそも、弁護士が一つの案件だけにかかわっているわけではない。

中には50件を超える案件を抱えて、睡眠時間を削るしかない時期もあるという。

まさに、過重労働の典型例である。

さらに、弁護士ならば、六法全書の法律の条文をすべて暗記しているのかと思っていたが、実は、そうではなかった。

もちろん、どのあたりに書かれているかはしっかりと把握しているのだが、詳細の文章までを記憶しているわけではない。

だから、ことあるごとに、六法を開けて確認している。

会社での仕事を通じて、弁護士の世界を垣間見ることができたのは、私にとっては望外の幸せである。

 
19 : 59 : 07 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/1736-9be56b3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する