FC2ブログ

10/30(金)

マンションの傾斜問題で、データをでっち上げたという事実が明らかになり、大きな問題になっている。

マンションの杭を打ったときに、支持層まで届いていなかったことも問題だが、なのに、適当なデータを捏造していたということで、火に油を注いだ結果になった。

しかも、調査すると、まともに施工した物件でも、データの改ざんや捏造は、珍しいことではなかったようだ。

逆に考えれば、品質上の問題がないことが明らかであれば、事実とは異なった数値のデータを作っても許されるのか、ということになる。

確かに、くだんのマンション以外でのデータ捏造の件では、施工そのものは正常になされていた、という。

だから、ある意味、自信を持ってデータをでっち上げたのだと思う。

おそらく、そういったことは、建設業界のみならず、他のジャンルでも行われているのではないか。

今まで、ほとんどトラブルなくやってきたので、安心しきっていたのかもしれない。

ただ、建築物のように高額なもの、あるいは、やり直しが難しいものについては、最悪の事態を想定して、真面目にデータをとっておかないと、今回のような取り返しのつかない事態を招くのである。

手間がかかっても、また、コストアップになっても、正確なデータをとっておくのが、結局は最も安くつくものだ。

 
21 : 59 : 55 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/1719-fa86efba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する