FC2ブログ

7/26(日)

散歩中に、そこそこの年齢の女性から声をかけられた。

漫才師のハリセンボンの細いほうの人に感じがよく似ている。

私が呼びとめられるというのは、ほとんどすべて、道を尋ねられるケースである。

今回もそうであった。

たまたま私の方向と同じであったので、一緒に行くこととした。

実に能弁で、ご自身にまつわるいろんなお話をされた。

徳島県生まれの74歳で、結婚して東京に行き、今は大阪で一人暮らしで、毎朝、2時間の散歩をしているとのこと。

私の一回り上のかただが、毎朝2時間歩くとお聞きすると、驚きを隠せない。

ほとんど私が聞き役であった。

最後にお別れのとき、帽子をとられたとき、髪の毛が黒々しているのを拝見して、まだまだお元気に過ごされるだろうと思った。

最初に声をかけられたときは、ついに私にも「死神」が現われたかと不吉に感じたが、決してそんなことはなかった。

後期高齢者目前の人でも、あんなに元気に歩かれている姿を目の当たりにし、私にも具体的な目標ができたと確信した。




20 : 09 : 36 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/1580-710808a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する