FC2ブログ

7/3(金)

友人の父親の葬儀に参列した。

故人は、満年齢で82歳、現役で直前まで仕事をしていた人であり、病気とは無縁の人であった。

たまたま、奈良の実家に墓参りに行き、そこで、家の中で倒れたのだという。

友人も、いまだに信じられないと言っていた。

今の今まで第一線で仕事をしていた人間が、急に、帰らぬ人となるのだから、受け入れられないのもよくわかる。

遺族にしてみれば、心の準備が全くできていない状態で故人の最期と直面せざるを得なかったのである。

ある意味、酷な仕打ちであったかもしれない。

「一病息災」という言葉があるが、確かに、何らかの病気があれば、周囲も注意をしていたに違いないだろう。

今さら言っても始まらないが。


20 : 25 : 43 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/1554-084f3cca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する