FC2ブログ

5/13(水)

明日、ある団体で役を受ける段取りになっており、その就任挨拶をしなければならない。

幹事役からは「簡潔にお願いします」と言われているので、定例文で行くつもりである。

念のために、その原稿の文章をパソコンで打っていたところ、ハタと止まってしまったところがある。

それは、
「・・・非力ではございますが・・・」
の部分の「非力」の漢字変換ができなかったのだ。

私は、”ひりょく”と打ちこんで変換しようとしたのだが、何回やってもうまく行かない。

まさかと思いつつ、”ひりき”で打ったら、機嫌よく漢字が出てきてくれた。

「非力」は”ひりき”と読むのがノーマルなのか。

ネットの幾つかの辞典を調べてみたら、やはりそのようだ。

”ひりょく”も、間違いではなく、許してもらえる範囲内とのこと。

これは驚いた。

いつ変わったのだろうか?

40年ほど前なら、”ひりょく”が標準であって、おちゃらけで一部の人が”ひりき”と読んでいたのではなかったか。

なお、「眼力」の場合、”がんりき”でも”がんりょく”でも、どちらでも、私は素直に受け入れられる。

ただ、もしかすると、30年後ぐらいには、「眼力」を”めぢから”と平気で読んでいるかもしれない。

日本語は難しい。


20 : 59 : 00 | 未分類 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/1475-b9114ca0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する