FC2ブログ

ビートコミュニケーション、早稲田大学で「ヘルスケアとウエラブル・デバイスとソーシャルの未来」について対談

昨今のキーワードの一つに、ナレッジマネジメントがあります。
去る12月3日、早稲田大学で、日本ナレッジマネジメント学会が国際シンポジウムを開催いたしました。
この日、ヘルスケアやウェアラブルデバイスの研究者、企業の担当者などが、熱心に耳を傾けていました。
とりわけ注目を浴びたのは、ウエアラブル機器によるヘルスケアの具体的な事例が取り上げられたことです。
オムロンヘルスケア(株)の荻原剛氏や株式会社ビートコミュニケーションの村井亮氏、日本ナレッジ・マネジメント学会専務理事の山崎秀夫氏が発表をいたしました。
ウエアラブルは、日本でも話題にはなっているのですが、実際に、具体的な事例にスポットを当てたた講演会はほとんどありませんでした。
このシンポジウムで、具体的な事例を取り上げて白熱した議論がなされたことは、実に画期的と言わなければなりません。
今回の企画が、今後のウエアラブルが私たちの日常生活に根をおろすきっかけになるといっても、過言ではありません。


ビートコミュニケーション、早稲田大学で「ヘルスケアとウエラブル・デバイスとソーシャルの未来」について対談

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

10 : 22 : 00 | 情報 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/1267-dc5c71f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する