FC2ブログ

12/9(火)

帰宅して、郵便受けを見たときに、不快感を覚えるものの一つが、回覧板である。

今日も入っていた。

町内で回すことになっているのだが、少なくとも、わが家にとっては、重要な連絡が書かれていることはない。

いままで、役に立った情報というのは、
「空き巣犯は、ガラスを割って家に侵入することが多い」
という警告文ぐらいのもの。

普段のときは、「餅つき大会」「潮干狩り」「介護教室」「映画上映会」などが告知されている程度で、私の家のニーズには合っていない。

ただ、回覧板だから、お隣に回さなければならない。

おそらく、受け取ったほうも、町内会の決まりだからというので、やむを得ず、同じように隣に回しているのだろう。

どうも非生産的な営みのように思えて仕方ない。

訃報のように連絡が必須のものは、電話で伝えられるような連絡網が用意されている。

はたして、回覧板が、今の時代に必要なのだろうか?


19 : 42 : 30 | 日記 | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
https://koenakikoe.blog.fc2.com/tb.php/1248-bd9740db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する