FC2ブログ

監視・運用代行サービス「Management Service Library(MSL)」に Microsoft Azure向けサービスを追加

現代社会においては、システムが正常に動いているかを監視することが非常に重要な業務となってきています。
日商エレクトロニクス株式会社のグループ会社であるエヌシーアイ株式会社は、11月4日(火)より、同社が従来より提供してきた監視・運用代行サービス「Management Service Library(MSL)」に、Microsoft Azure向けサービスとして、「MSL for Azure」を新規にラインナップすることとなりました。
Management Service Library(MSL)は、24時間365日にわたって、サーバやネットワーク機器の監視、システム全体の運用代行を行うサービスです。
Microsoft Azure向けの監視・運用代行サービス「MSL for Azure」は、すでにMicrosoft Azureで構築されたシステムを使っている企業向けのメニューなのです。
「MSL for AWS」と並行して追加利用することで、さらに幅広いクラウドプラットフォームに対応することが可能になったのです。
「MSL for Azure」が新たに加わったことは、既存ユーザーにさらなる利便性を提供することにつながるでしょう。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事



11 : 48 : 53 | 情報 | page top↑
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する