FC2ブログ

9/11(木)

<朝日新聞>吉田調書の報道で誤り認める…社長、引責辞任へ

木村社長は「編集部門を含む抜本改革などに道筋を付けたうえで、自らの進退を決断する」と述べ、辞意を表明した。


「従軍慰安婦強制連行」に続いての大誤報訂正である。

社長が辞任したところで、問題の本質的解決になるわけでもなんでもないが、一応は、責任を取ったポーズを示したことにはなる。

いずれの誤報についても、あまりに悪影響が大き過ぎる。

訂正すれば済むという次元の問題ではない。

もし本当に誤報についての反省の意思があるなら、「しばらく休刊」ぐらいの措置をとるのが、普通だろう。

報道をなりわいとしている会社なのだから、重大な誤報を連続した場合は、当然ではないか。

食中毒を出した飲食店だって、何日間は休んでいるではないか。

社長を入れ替えて幕引きできるとでも思っていたら、あまりに世間を甘く見ている。

いま、朝日新聞の良心が問われている。


21 : 07 : 16 | ニュース | page top↑
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する