FC2ブログ

9/5(金)

ときおり、私宛にセールスの電話がかかってくる。

いろんなパターンがあるが、今日は、私の長年の友人の紹介を受けたというものであった。

要は、私の会社の中に飲料品の自動販売機を置かせてほしい、という依頼である。

実は、2週間前に、会社の自動販売機のメーカー入れ替えを行ったところである。

このタイミングで、また新規のところを検討するというのは、常識的に99%あり得ない。

そのことを説明したのだが、電話をかけてきた営業員は、なんとかアプローチしたいと熱っぽく語ってくる。

7月の最初の頃なら、逆に、私の会社のほうで飲料品メーカーを探していたところであったので、ウエルカムの状態であった。

しかし、今は違う。

よほどのトラブルが発生しない限り、少なくとも、あと10年は続くだろう。

それまで、待つというのだろうか。

どうも、彼は営業をかけるターゲットを間違えている。

当社に対して時間と神経を投入するよりも、ほかに有望な先を見つける努力をするほうが先決なのに。

熱意と根性だけでは営業はできないものだ。





20 : 23 : 36 | 日記 | page top↑
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する