FC2ブログ

8/31(日)

「残酷ショー」としての高校野球

軟式野球の投手がプロ野球に来ることはないので、世の中ではあまり問題視されず、相変わらず「美談」と見なす向きも多いようです。しかし、ひとりのピッチャーが1週間で1000球近くを投げる状況は、やはり常軌を逸してます。


1週間で5連投して1000球というのは、明らかにアブノーマルである。

引用記事の「残酷ショー」という見出しは、決して誇張ではない。

児童虐待を「美談」仕立てにして報道しているメディアには、強い反感を覚える。

電力不足の懸念される中で、あえて『24時間テレビ』を放映し、「奇跡」や「感動」を恥ずかしげもなく叫んでいる場面を見ていると、番組関係者は内心は美談だと思っていることがわかる。

メディアで取り上げられる「美談」というのは、ほとんどが眉唾だ。

ずっと昔の、「一杯のかけそば」も、結局はフィクションであったという。

本当の美談なら、大声で語られることはないはずだ。





20 : 44 : 13 | ニュース | page top↑
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する