FC2ブログ

8/6(水)

未来志向の対話訴え=「平和国家の道を」―69回目の原爆の日・広島

日本が69年間にわたって平和を享受できたのは、実際には、米軍の核の傘によって守られていたからである。

残念な話ではあるが、現実は、核兵器の存在が戦争を防いできた。

中国やロシアのような対外膨張政策に熱心な国からすれば、日本がもし米軍によって守られていなければ、もっと早くに狙い撃ちにされていたはずである。

皮肉な話ではあるが、核兵器によって平和を謳歌できた、というのが日本の立場であった。

だから、大量殺人兵器を使用させないために、核兵器が必要だという一見奇妙なロジックが成り立ってしまうのである。

理想論だけでは、安全な生活を守ることはできない。


20 : 44 : 40 | ニュース | page top↑
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する