FC2ブログ

7/22(火)

勤務先の会社の人から聞いた話。

梅雨明け直前というのは、天気が変わりやすく、いい天気であっても急に猛烈な雨が降ってくることがある。

彼が散歩中に、雨がパラパラ降ってきたので、あわてて帰宅しようとした。

すると、ご近所の家で、庭で布団が干されていたのである。

どうやら、朝に干して、そのまま一家で出ていったらしく、家の中には誰もいない様子。

そうこうしているうちに、雨の勢いが強まってきて、彼自身も、自分の家に向けて必死で走った、という。

帰宅するや、あの布団は雨に濡れて使い物にならないやろな、と気の毒に思ったらしい。

誰にも文句の言えないアクシデントであった。

「天災は忘れた頃にやってくる」は、まさに至言である。



21 : 29 : 07 | 日記 | page top↑
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する