FC2ブログ

7/15(火)

<白票水増し>前高松市選管事務局長ら起訴


起訴は当然だろう。

議会制民主主義の最も大切な部分である投票の意味がなくなることを、公務員みずからが行ったのだから。

ただ、この事件が、さほど大きな関心を呼んでいない現実は、どうも釈然としない。

本来なら、テレビでも特別番組が組まれたり、新聞の号外がまかれたり、被疑者たちの学校の卒業文集が公開されるなど、いつものようなお祭り騒ぎがあって然るべきではないか。

それが、音なしの構えとなっているのは、いわば、たいした問題ではないとの認識があるからなんだろう。

確かに、現在のように投票率が50%切ったとか、超えたとかいうレベルでは、議会制民主主義そのものが機能しているとは、言い難い。

心の奥底では、みな、「どうでもいい」と思っているのだろう。

だから、このニュースも軽い扱いしか受けていないのだ。

「一票の重み」というのは、選挙区制度の問題ではなく、投票する国民の意識の問題だと思うが。


20 : 58 : 48 | ニュース | page top↑
| ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する