FC2ブログ

3月31日(日)

マンションの修繕工事の一環で、4月1日からバルコニーの防水工事が始まる。

工事業者から”お願い”の文書が回ってきて、
「バルコニーは、室外機以外のすべての荷物を片づけてください」
となっている。

私の部屋では、掃除セット、スリッパ、網戸を部屋の中に入れるだけで、指示された作業は終わった。

もちろん、工事が始まる前から言われていたことであり、それを実行するだけなのだが、入居者によっては、倉庫やプランターなどを出しているところもある。

すべてを部屋に入れるわけにもいかないだろうから、苦労をされていることと思う。

ところで、バルコニー部分でずっと気になっているのが、隣へつながっている”蹴破り戸”のことである。

火が出て玄関から逃げられないときに、バルコニーの蹴破り戸を蹴って隣の部屋に避難するという趣旨のものだ。

避難用の通路確保のために必要なものだから、当然、その前には物を置いてはいけないこととなっているが、実際には室外機が設置されている。

おそらく、ほかにもそんな部屋は多いのではないか。

電気工事業者に頼めば移動させてくれるだろうが、少なからぬ費用がかかってくる。

かといって、今の室外機の位置であれば、蹴破り戸が役に立たない。

そもそも、実際に火事になったとき、バルコニーに出て蹴破り戸を蹴飛ばしてお隣さんに入っていけるものなのだろうか。

私は角部屋なので隣家は一戸しかない。

お隣に住まわれているのは、30代の女性おひとりである。

突然に隣のバルコニーから私が飛び込んできたら、そのことのショックのほうが大きいのではないか。

警察に電話されたら、それはそれで厄介なことになる。

それに、その蹴破り戸はボルトで押さえられているが、はたして私が蹴ったぐらいで抜けていくことができるのだろうか。

火災訓練はいろいろ見たり参加したりしてきたが、今まで、蹴破り戸を蹴とばして避難するシミュレーションをやったとは聞いたことがない。

いざ避難するときの選択肢になるのかどうか、疑問に思う。

ちなみに、私の部屋で火が出た場合は、少々のリスクを冒しても玄関から避難するつもりだ。

ちょうど目の前に避難階段があり、下に降りられるようになっている。

いや、それ以前に、自分の部屋から出火させない覚悟をしている。

火事になってからの避難よりも、火を出さないという備えのほうが大事だ。

予防にまさる有効な対策はないと思う。


20190331.jpg
マジシャンでもない限り通れない

 
20 : 20 : 24 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

3月30日(土)

NHKの朝ドラ『まんぷく』は、今日が最終回であった。

視聴率も高くて、見ている人たちからの評判もおおむね良いようである。

そんなこともあって、好奇心半分に覗いてみた。

10月1日の第一回を見て以来だから、ぴったり半年ぶりということになる。

そのときは、橋本マナミさんが出るのを期待して見たのだが、美貌と演技力とは関連しないという事実を突きつけられ、それっきりご無沙汰であった。

連続ドラマの最初と最後を見ただけだから、展開が全くわからないのは当然だ。

あらかじめ知っていたのは、インスタントラーメンを開発した人がモデルになっているというだけのこと。

思い起こせば、私の中学生時代はこの会社の即席めんをよく食べたものだ。

汁も残さずに飲んでいたから、当時から相当な塩分を体内に蓄積していたに違いない。

今にして考えれば、向こう見ずな話であった。

さて、今日の最終回では、カップめんの大成功でエンディングとなっていた。

ドラマでの商品名は『まんぷくヌードル』とされているが、あのメジャーな商品がモデルとなっていることは言うまでもない。

ドラマでの『まんぷくヌードル』の名が売れたからか、そのメーカーは『モモフクヌードル』を開発し、大阪の著名百貨店で提供されるまでになった。

ドラマのストーリーでは、『まんぷくヌードル』は東京の歩行者天国のときに大ヒットをしたことになっていた。

しかし、事実関係は、私の貧弱な記憶とは違っている。

革命戦争を叫ぶ連合赤軍があさま山荘に立てこもって機動隊と銃撃戦をやったのが、ブレイクのきっかけであったはず。

犯人逮捕と人質救出に向かった機動隊員が酷寒の中でカップ麺を食べている光景がテレビ中継され、それでにわか認知度が高まって飛ぶように売れ出した、というのが本当であったと思う。

気になったので、その会社のサイトに行ったら、やはり、間違っていなかった。

もちろん、さわやかさが魅力の朝ドラで、死者を出すに至った場面が出てきたのでは、見ているほうも興ざめである。

歴史的事実を伝えるのがドラマの役割ではないし、視聴者も期待していないだろう。

大人として取るべき態度だと思った。

ちなみに、NHKの放送は、家では今後は見ることはないだろう。

今日の最終回は、最後のNHK番組として記念になった。

 
20 : 10 : 32 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑

3月29日(金)

統一地方選挙が告示され、各地で熱戦が始まった。

立候補する友人が出発式を開催するというので、私も応援に行ってきた。

”出発式”というと、私などは、元日の年賀状配達に出かけるときの儀式を思い出すが、要は”出陣式”である。

ニュース報道を見ていても、昨今は”出発式”の表現が圧倒的に多い。

ネット検索した限りでは、なぜそうなったのか、その背景にある事情は私にはわからなかった。

もしかしたら、”出陣式”となると合戦や戦争を連想させるというので、言葉狩りの餌食になって”出発式”にへと装いを変えたのかもしれないが、それが事実だと断定する根拠はない。

ただ、候補者本人にしても応援弁士にしても、大半の人が”出陣式”の言葉を使っていたところを見ると、やはり”出発式”は使い慣れていない言葉なのかもしれない。

年齢が上の人ほど”出陣式”と言っているのを見ても、それはよくわかる。

ところで、彼が出るのは定数1の選挙区であるから、たった一つの椅子をめぐって何人かが争うことになる。

目下のところ3人の候補が届けを出しているが、本命候補は二人だけと世間では言われている。

その人も懸命な思いを持って選挙戦に取り組んでいるのは当然だろう。

もう一人の候補は、勝手に憶測で語っては失礼に当たるが、所属政党から言われて仕方なしに出ているだけだというのがもっぱらのウワサである。

だから、当選しようという意欲もなく、期待もしていないはず。

それだけに、気が楽なことは想像に難くない。

負け戦に出ていく候補者というのは、悲劇の主人公なのか、それとも喜劇役者なのか。

通らないのがわかっているのであれば、立候補を見送ればいいと思うのだが、そんなわけにも行かないようで、政治の世界というのはとかく複雑怪奇だ。

 
20 : 20 : 35 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

3月28日(木)

つまらないこととはわかっていても、それが気になって仕方ないときがある。

今朝、忘れ物の食材を買いにスーパーに行った。

今日の昼食に焼きそばを作ろうと思って、昨日の夕方に材料をそろえたつもりであったのだが、今朝になってキャベツの在庫がないのに気がついたからである。

キャベツなしでは焼きそばとは言えないと、世間の人はともかく、私は考えている。

そんな大事な食材を忘れていたのは迂闊であるが、よくあることでもあり、朝一番に買いに行くことにした。

急いでいたのは、昼に予定があって、午前11時には昼食を終えて出ていかなければならないからである。

スーパが開くのは午前9時ちょうどなので、開店と同時に買い物に行った。

必要なものはキャベツだけであり、しかも私一人分だけだから四分の一カット品で十分だ。

売り場で値段を見ると”58円”となっている。

いくら何でも、58円だけでレジを通るのは気恥ずかしいと思って、ついでに何かを買っておこうとあれこれと物色してみた。

しかし、昨日に買い物をしたばかりだから、ほとんどは充足している。

賞味期限にはこだわらない私ではあるが、とはいえできるだけ新鮮なものを食べたい。

野菜の特売デーには買いだめをするものの、それ以外は、基本的には食べるときに買うようにしている。

帳尻合わせのためだけに、足りているものまで余分に買うのは気が進まない。

日常的に、必要なものを必要なときに買う形をとっているので、冷蔵庫の中もスペースが目立つほど。

一応は店内を一回りしたものの、買えるようなものは何一つない。

仕方なく、キャベツしか入っていない買い物かごを、おずおずとレジに差し出した。

幸いにして、朝の早い時間帯であったので客は少ない。

レジ担当者も嫌な顔一つせずに、いつもと全く同じ対応をしてくれることに安心した。

なるほど考えてみれば、レジ担当は時間給で契約しているパートさんだから、売れた商品が少なくても多くても自分の受け取る報酬とは関係がない。

効率の点だけを考えれば、むし客が買った商品が少なければ少ないほど、自分の仕事は楽だから喜ばしいことになる。

ただ、仕事のやりがいという目で見れば、少しでも多くの品を買ってくれる客のほうがうれしいに違いないだろう。

そういった意味では、レジの人がお気の毒になってくる。

なんでも、人間の心理として、すき間がやたらと目立つと不安になってくる、というのがあるらしい。

一点しか買わないでスペースだらけの買いものかごを手にしていた私は、ずっと不安にさいなまれていたことになる。

スーパー側としては、少しでも商品をたくさん買わせるために、できるだけ大きな買い物かごを用意するのが売上向上の秘策だということになるのか。


20190328.jpg
玉ネギ、ニンジン、豚肉、アスパラガス、そしてキャベツが入っている

 
20 : 10 : 23 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

3月27日(水)

月末にさしかかり、指を折って計算したら4日後には4月に入る。

例年、このあたりというのは、私の花粉症が最高潮の激しさを示す時期である。

ところが、今年は信じられないほどの静けさだ。

2回ほどモーニングアタックがあったものの、昼や夜は極めて平静を保っている。

目がかゆくもならないし、くしゃみが止まらなかったり、洟がひっきりなしに流れ出ることもない。

いつもの年と違ったことと言えば、3月8日に眼科で花粉症の目薬パタノールを処方していただいた、ということだけ。

その二日後からは、不快な症状はほぼ皆無で、快適に毎日を過ごしている。

考えられることは2つ。

一つは、パタノールが効いたことで、目や鼻に出ていたアレルギー症状が治まったということ。

もう一つは、私の老化による免疫機能の低下で、花粉に過剰に反応しなくなったというもの。

前者のように、薬が効果を出したというのであれば、これは画期的な大発見である。

約40年にわたって苦しんできたアレルギー症状が、目薬だけで沈静化するのだから、私にはこれほど楽な対処法はほかにない。

今まで、幾つもの耳鼻咽喉科や内科に行ったものの、そちらで処方いただいた内服薬は、さして効能が見られなかった。

だから、5年ほど前からは、市販の目薬と鼻炎薬で対症療法で症状を抑えてきた。

今年も鼻炎薬を用意したものの、目下のところは3錠しか飲んでいない。

目薬で鼻のアレルギーまで対処できるとしたら、これは押しも押されもせぬスグレものである。

私との相性は抜群にいい目薬だということになる。

もうひとつの仮説が、老化による免疫力の低下であるが、もしこれが本当の理由だとしたら、別の面で心配の種が増える。

癌にかかるリスクが高まるからである。

二人に一人が癌になる時代だとは言われていたが、自分だけは大丈夫だという根拠不明の自信を持っていた。

しかし、免疫機能が落ちてきたというのであれば、癌になる可能性は高くなる。

この二つのうちのいずれであるかは、重大な意味が込められていると思う。

実は、今朝ほど、パタノールの残りがほとんどないことに気づき、急いで眼科クリニックまで新しいものをいただきに上がった。

私としては、目薬の効能によって花粉症が沈静化したのだと信じたい思いがある。

目薬が私に合っていたとするならば、来年からは2月になれば目薬をさすようにすることで、それで花粉症対策が万全になる。

重篤な病の心配をすることもなく、春を謳歌できるではないか。

しかし、正しい答えなんて私にわかるはずもないが(汗)。

 
20 : 13 : 17 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

3月26日(火)

このところ、しもやけに手こずっている。

正式な医学用語は”凍瘡”(とうそう)と言うらしい。

どこか忘れたが、雪国の地域では”ゆきやけ”と呼ぶところもあるとか。

私の場合、なぜか右手の中指と薬指、小指の3本だけに症状が出ている。

以前にしもやけが出たのは、たぶん高校生時代が最後ではなかったか。

体質的に冷え性で、子供のときから寒さには弱かったのだと思う。

今回は約50年ぶりということになる。

思えば、昔はコタツや火鉢などの部分暖房が標準であったから、同じ部屋の中でも温度差もかなりあり、しもやけになりやすい環境であったのかもしれない。

昨今はエアコンでの全体暖房が一般になっていて、部屋全体が暖かくなるから、しもやけになりにくいのだろう。

この冬の私は電気代の節減のためにエアコンを動かさず、厚着をすることで対処してきた。

だから体は寒さを感じなくても、指先は知らない間に冷えていたのかもしれない。

幸いにして、そんなに重い症状ではない。

朝の目覚めのときに、その患部の指全体がむくんでいるような感覚がしたり、風呂から上がったときに痒くてたまらない、といったレベルである。

痒いときは、キンカンを塗るとしばらくはおさまる。

最近は風呂上りに、指にキンカンを塗るのが日課の一つになってしまった。

不思議なのは、なぜ右手だけなのか、というところである。

子供の頃は、両手ともしもやけに冒されていた。

高齢者になると右手だけがしもやけになる、などという話は聞いたことがない。

日常生活で右手だけを使う場面というのは、マウス操作のときぐらいのもの。

しかし、マウス周辺がとりたてて冷えているわけでもないと思う。

医学の発達した現代でも、解明されない謎がある。

 
20 : 12 : 11 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑

3月25日(月)

散歩の道中で、捨てられているものを見つけた。

落し物を最初に見かけたのは今からひと月ほど前のことだが、今日、自治体からの”催告書”が貼られているのに気がついたのである。

”催告書”には、
「適正に処理をしないと処分します」
との意味合いのことが書かれていた。

FRPの船で、おそらくは何らかの事情があって廃棄せざるを得なくなったのだろう。

正規のルートで処分するとしたら費用がかかるから、知らん顔して捨てることにしたのだと思う。

それに類した例は少なくない。

ブラウン管テレビや古いタイプのパソコン、コンクリートブロックなど、廃棄処理しようとするとコストがかかるので、夜中にでも持っていって目立たない場所に捨ててしまうのだろう。

そんな品が捨てられてあるのはたまに見かけるが、船の廃棄を見たのは私は初めてである。

ちなみに、日本マリン事業協会の出している料金表によると、FRPの船の場合、リサイクル料金と運搬料を合わせると10万円ぐらいはかかる。

2隻あるから約20万円ということになる。

たぶん個人が趣味で持っていたのだろうから、少ならかぬ負担だ。

私の脳内の勝手な妄想にすぎないが、そもそもレジャー用の船を2隻も持てるのだから、本来は相応の資産に恵まれていたはずである。

何かのアクシデントがあって、突然に経済的に厳しい状態に追い込まれたのではないか。

そして、やむを得ず船を売ろうとしたものの買い手がつかず、無料での譲渡も断られてしまって、万策尽きた結果、不法投棄に及んだ、と。

主要道からは離れた場所にあるマンションの裏側の道なので、人通りは少ないから投棄はやりやすいと判断したものと思われる。

事実がどうかは、当事者と神のみが知るところだ。

なお、不法投棄は、法の定めで
「5年以下の懲役、若しくは1,000万円以下の罰金」
の可能性がある。

もっとも、悪質な事案以外は刑事罰に問われることもなく、つまるところ、市民の税金で処理されると思う。

結局、納税者が一番の損をしてしまう。

 
20190325.jpg
船を二隻も持ってどんな遊び方をしていたのだろう?

20 : 15 : 29 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

3月24日(日)

日曜日は、原則的にはスーパー銭湯に行くことに決めている。

というのは、日曜日限定のイベントである”ロウリュ”が開かれているからである。

本当なら平日に行くほうが客も少なくて、ゆったりと楽しめるのだが、このロウリュがあるというので、あえて日曜日にサウナに足を運んでいる。

ただ、今日は高校野球の第二試合を見たいと思い、スーパー銭湯行きは見送ることにした。

たまにはいつもとは違った過ごし方をしてみるのも、これはこれで面白いのではないか。

それに合わせて、通常は見逃し配信で翌日以降に見ている『そこまで言って委員会』も、久しぶりにライブで見ることができるのも楽しみであった。

どうやら私が欲が深いのだろう、あれもこれもと手を広げてしまう性癖がある(汗)。

その心積もりで、ネット配信で高校野球の第二試合を見ていたのだが、『そこまで・・・』が始まる1時30分になってもゲームは終わっていない。

また私の予想とは真逆の試合展開になっているだけに、ミラクルが起こるかもしれないとの予感があって、視線をそらすことができないのである。

その結果、どちらか一方だけを選ぶことができず、パソコンとテレビの両方を同時に見ることとなった。

とはいうものの、『そこまで・・・』は仁義なき議論を交わす番組だから、その性質上、出演者の発言に耳を傾けないことには理解ができない。

野球中継のほうは、その気になれば、画面をチラチラ見るけでも試合の様子はつかめる。

そこで、もっぱらテレビに神経を集中させることとなった。

しかし、そもそもは「関心のある試合の中継を見る」というのが趣旨のもと、スーパー銭湯をパスしたはずなのに、結果的には中途半端になってしまったのだから我ながら皮肉なものだ。

違うことを同時に行うという器用さが、私には致命的に欠けている。

料理人が、全く種類の異なったメニューを一連の流れで見事に作り上げていくのは、私からすれば超人的なスキルだと思う。

マルチ人間にはとてもなれない。

 
20 : 10 : 56 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

3月23日(土)

今日はスーツを着てネクタイを締めていく会合があった。

すでに1年前から決まっていたものであり、会議の後の懇親会にも出席の返事を出して、参加料金も振り込んでいる。

ところが、どうした星のめぐりあわせなのか、センバツ高校野球の注目カードと重なってしまった。

大阪代表チームの試合があるのだ。

まさか、野球の試合を見たいからという理由で会合に欠席とは言えない。

「終わったらできるだけ早く帰ろう」と思いつつ、会に臨んだ。

会議の後は懇親会が予定されている。

こちらのほうは「急な用事ができたから」ということで欠席しても、さほど失礼にはならないと思う。

実は直前までそのつもりでいたのだが、にわかに、「乾杯だけは済ませておこう」という考えが頭をもたげてきた。

主催者にとっても、乾杯のときには一人でも多くの人がいるほうが有難いのは間違いない。

そうするはずであった。

ところが、乾杯をしてビールが喉を越していったら、食欲が刺激されてしまう。

握り寿司をつまむというぐらいなら、時間もとらないだろうと思い、手を出した。

そのとき、空いたグラスをテーブルに置いたところ、隣にいた初対面の人が、そのグラスにビールを注いでくださったのである。

飲まないわけにはいかない。

お礼を言いながらグラスを開けると、「私は日本海のほうからやってきました」と話しかけられる。

キャッチボールで球を投げられものだから、私も居住地のことから好きな食べものや家族のこと、取るに足らない事柄を話していった。

それがきっかけですっかり意気投合してしまい、会話がリズミカルに弾んでいった。

その間、パクパクと機嫌よく食事もしながら。

ふと我に返ったのはその30分後。

そのかたには中座の無礼を詫びて、そそくさと会場を出ていった。

外ではまずはスマホで高校野球の経過を覗いてみたところ、なんと地元大阪の代表は0:1で負けているではないか。

尻に帆をかけて家までの道を急いだ。

部屋に入るなりネットの動画中継を立ち上げたところ、試合は7回の裏まで進み、0:2と得点差は開いている。

その後の応援もむなしく、大阪は初戦で敗退の憂き目を見た。

”もし”を付けての仮定の話はナンセンスだと承知で言うが、もし私が乾杯だけで帰っていたら、結果は変わっていたかもしれないと思うと、自責の念に駆られてならない。

それにしても、毎日が休みの私が、なぜこんなに忙しい思いをしなければならないのか、運命というのはいたずらが好きなようだ。

 
20 : 12 : 46 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑

3月22日(金)

散髪をしてきた。

前に住んでいた家の近所にあるお店に、今も行っている。

慣れているので安心できるからだ。

平日の昼間に行ったら待ち時間はないだろうとの算段で店に入ったが、すでに先客がいて散髪中である。

いつもはマスターとその息子さんの二人体制なのだが、ウイークデーだからか、昼間は一人だけで客対応をやっているようだ。

だから、ほぼ毎回、待たされてしまう。

そんなときは、置いてある週刊誌を読むようにしている。

昨今は、週刊誌のスクープが重大な事件が発覚するきっかけとなることが多い。

とはいえ、お金を出してまで週刊誌を買おうという気にはならない。

だから、散髪の待ち時間に読むことにしている。

ただ、思ったが、週刊誌というのは見出しを見ているだけで十分だということ。

中身を読んでも、さほど新規の情報として得られるものはなかった。

手持ちぶさたの空虚感を解消するには役に立ったが。

そうこうしているうちに、順番が回ってきた。

いつもそうなのだが、今日も、椅子に座る同時に、
「どんな長さにしましょう?」
と問われる。

その都度、
「いつもと一緒でお願いします」
と、これも挨拶のように決まった言葉を答えている。

そのお店には、かれこれ30年以上は通っている。

今日は息子さんがやってくれたのだが、マスターのときも全く同じである。

もう私の返事はわかっているはずなのに。

おそらくは”店内マニュアル”として決めているのだろう。

これは未来永劫、変わらないことと思う。

別に誰かが迷惑をこうむるわけでもないので、こういった名物があってもいいかもしれない。

1,000円カットがトレンドになっている昨今、街の散髪屋さんというのは私には貴重な存在である。

 
20 : 15 : 11 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

代官山でドローンを飛ばせる!レンタルフォトスタジオによるドローンスクール「DAIKANYAMA DRONE SCHOOL」5月開校!

近はドローンによる撮影が広まってきて、ニュース報道や測量などのジャンルで大いに役立つようになりました。
地上から撮影するのとは違った角度から見られるのが斬新な手法だと思います。
ドローンを見るたびに、私も自分の手で操作して鳥のような感覚を味わいたいものだと感じています。
もちろん、一定の資格と技量がなければドローンの操作はできません。
2019年5月10日(金)から、ドローンスクール「DAIKANYAMA DRONE SCHOOL」が営業を開始するとの情報に接しました。
「代官山スタジオ」と「月島スタジオ」を活用したドローンスクールなのです。
代官山や中目黒、月島といった都心でドローンを飛ばせるのですから、豪快そのものではありませんか。
ドローン検定協会株式会社による公認指導員から指導を受けられるそうです。
夢の実現に近づきそうな気がしてきました。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
16 : 38 : 51 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

iPad Pro 11インチ【最新iOS12.2以降対応】“目疲れ軽減UP”ブルーライトカット、滑り心地最高の保護フィルムをamazon.co.jpで販売開始

iPadというツールは、一度使い始めると手放すことができなくなうほどの優れものです。
私など、外出するときは必ず持って出る必須の品の一つとなっているほどです。
ただ、使い過ぎることでの弊害も、いまいろいろな場面で指摘されていることは、謙虚に受けとめています。
とりわけ、画面から出ているブルーライトが目に健康被害をもたらしているというのは、看過できない問題だと私も認識しております。
単に目が疲れるだけではなく、視力の低下や睡眠障害まで引き起こしていると聞きますと、これはひとごとではありません。
そんな私ですが、4月20日(土)から発売が始まった専用の保護フィルムには大いに助けられると期待しているのです。
ガラスフィルムが薄いですので、アマゾンペンシルも変わることなく快適な滑りを見せてくれます。
使っていて、全く違和感がないのが目だった特徴と言えましょう。
「iPad Pro 11インチブルーライトカットガラスフィルム( iOS12.2以降対応品)」は、私だけでななく、このマシンユーザーのすべてから高く評価されるに違いありません。

iPad Pro 11インチ【最新iOS12.2以降対応】“目疲れ軽減UP”ブルーライトカット、滑り心地最高の保護フィルムをamazon.co.jpで販売開始

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
14 : 37 : 08 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

GWの準備は、Qoo10“平成最後“の「GWコスパセール」で! 10連休、過ごし方に合わせた「おすすめ商品」をご紹介! ~アウトドア派?インドア派?タイプ別のオススメ商品もご紹介~

DreamNews
今日のイチオシDreamNews


GWの準備は、Qoo10“平成最後“の「GWコスパセール」で! 10連休、過ごし方に合わせた「おすすめ商品」をご紹介! ~アウトドア派?インドア派?タイプ別のオススメ商品もご紹介~ eBay Japan合同会社


14 : 35 : 51 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

クレアーズとミラクルペイント、「東京レインボープライド2019」で「TOKYO PARTY PAINT」の実施を発表 ~ポップなフェイス&ボディペイントを来場・購入者にサービス~

フェイスペイントが日本ではやり始めたころは、少なからぬ抵抗を感じたのは事実です。
たぶん、サッカーの応援で使われだしたのがきっかけではなかったかと記憶しています。
グロテスクな印象もあって、当初は好きになれませんでいたが、不思議なことに、見慣れてくると極めて当たり前のものとして違和感なく受け入れることができるようになりました。
今ではすっかり定着したようで、スポーツの応援の場だけにとどまらず、さまざまなシチュエーションでフェイスペイントが施されております。
半ば常識の表現スタイルの位置を占めるに至ったと言っていいでしょう。

2019年4月28日と29日に、代々木公園で開催される「TOKYO RAINBOW PRIDE/東京レインボープライド」内にクレアーズブースが出店いたします。
そこで、「ミラクルペイント」を買ったら無料でワンポイントメイクをしてくれるというのです。
クレアーズと言えば、カジュアルアクセサリーブランドとしてその名を知らない人はいないでしょうが、そこに国産ボディペイントブランド「ミラクルペイント」を手がけている株式会社POOLがコラボした企画なのです。
これは楽しそうなイベントではありませんか。
フェイス&ボディペイントを試してみたいという人は、見逃すことはできません。

クレアーズとミラクルペイント、「東京レインボープライド2019」で「TOKYO PARTY PAINT」の実施を発表 ~ポップなフェイス&ボディペイントを来場・購入者にサービス~

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
11 : 03 : 58 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

3月21日(木)

スーパーの目立つところに、黄色い果物が山積みされていた。

遠目に見てミカンだと思った。

しかし近づいて見たら、「手でむけるオレンジ」とのポップがあって、ミカンではなくオレンジであったのである。

手でむけるというのは楽だし、いかにも甘そうに見えたので買って帰った。

糖度12で、6個セット300円である。

帰る道すがら、そもそもミカンとオレンジはどこがどう違っているのか、気になってきた。

まさか、手でむけるのがミカンで、むけないのがオレンジという基準で区別しているのではなかろう。

たしか、中学校の英語の時間には、
「英語の”orange”は日本語では”ミカン”」
と習ったし、その後も、その理解で何の問題も起こらなかったと思う。

だから、私の中では
ミカン=オレンジ
の式が成立していて、疑いもしていなかった。

ところが、ネットで検索したら意外なことがわかった。

ミカンとオレンジとは、別のものだという。

日本での日常生活で普通に口にしているミカンとはウンシュウミカン(温州蜜柑)のことであり、オレンジは英名でorange、和名ならアマダイダイ(甘橙、甘代々)に当たるものらしい。

いずれも分類上のミカン科ミカン属までは同じであるが、種類は別ものになる。

ライオンもトラも、同じネコ科ヒョウ属に分けられているが、少なくとも日本の動物園では別々の檻で飼われているし、それぞれが別の動物だと大人にも認識されている。

だから、ミカンとオレンジもそれぞれに独自の個性を持った果物だということだ。

私だけかもしれないが、全くの無知で赤面の至りである。

同時に、新たな気づきを得られたことがうれしい。

ネットの検索機能は、私には本当に頼りになる。

ちなもに、日本の”ミカン”は、欧米では”satsuma””mandarin””mikan”の名称で呼ばれることが一般的だそうである。


20190321.jpg
"California Mandarins"のシールが貼られていた

20 : 12 : 34 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

3月20日(水)

マイルールの一つに、毎月20日に決まった銘柄のウイスキーを買う、というのがある。

言い方を変えると、月に1本しか買わない、ということである。

昨年の12月にルールを決めた。

家で飲むお酒は基本的にはこれだけであって、ビールも日本酒も自分で買って飲むことはない。

価格は今日は本体価格728円だから、少しぐらい値上がりしたところで1,000円を超えることはない。

家呑みがひと月1,000円未満で収まっているのだから、金銭的負担はわずかばかりのものである。

お金の問題だけではなく、酒量もかなりセーブしている。

もっとも、これは昨年の春からのことだ。

当時は健在であった父が入院したとの連絡を受けたとき、いよいよ最期のときが近づいてきたことを自分なりに悟った。

いつなんどき緊急に飛び出していくことになるかわからないというので、自然とお酒の量が減っていった。

思えば、会社を辞めてからというもの、めっきりとお酒の量は減ったと思う。

仕事を通じてのストレスや嫌なことを忘れるために、酒に逃げていた部分は少なくなかった。

おそらく、私だけではなかろう。

リタイヤしたという人と話していると、同じような思いをしみじみと語ることが多い。

中国の詩人の陶淵明は酒を『忘憂の物』」と称した。

昔から、多くの人が酒に安らぎの場を求めていたのだと思う。

年金生活の私にとっては、在職中に比べれば”悩みの種”や”不快なこと”というのはほとんどないに等しい。

だから、酒量が減っていったのは極めて自然な流れだと言えよう。

今年になってからは、あくまでも原則だが、火曜日、木曜日、土曜日の週3日だけ、飲むことにしている。

それも、目安としてはシングル2杯だけ。

だから、ひと月でボトル1本あれば不足はない。

偽らざる思いを述べると、量が少ないことでのフラストレーションはある。

ただ、仕事を通じての社会貢献はしていないのだから、お酒が飲み足りないぐらいは我慢すべきだ。

それに、1日のブランクを空けてウイスキーを舐めると、最初の一口は五臓六腑に染み渡る美味を体感できる。

かつては、単に酔うためにお酒を飲んでいたから、お酒がおいしいなんて思わなかった。

美味なウイスキーを味わえるようになったのも、仕事をやめたおかげかもしれない。


20190320.jpg
詳しい人から教えられて飲むようになった

 
20 : 14 : 11 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑

3月19日(火)

昼食にカレー丼を作った。

カレー丼とカレーライスはどこがどう違っているのかはよくわからないが、店によっては別の料理として明確に区別しているところもある。

私の場合のカレー丼の定義は丼鉢に盛るものであり、カレーライスは皿に入れるというだけの違いである。

シンプルというか、テキトーというかはわからないが。

今まではカレーうどんを幾つかのバリエーションで試してきたが、今回はあえてご飯にカレーをかけてみた。

なお、ルーは1個につき2ℊの塩分を含んでいるので、半分に切って使った。

水は220㏄、後は、豚肉、タマネギ、ニンジン、ジャガイモを入れただけ。

調味料は全く加えていないので、塩分の総量は1ℊである。

覚悟はしていたものの、カレーの辛さは少しばかり物足りないものがあった。

しかし、なんとかカレーとわかるので是とした。

とろみがないのは残念であった。

次は片栗粉を入れてチャレンジしてみる。

このような試行錯誤を繰り返すことで、自分にとっては理想的な減塩カレーが仕上がることになる。

ただ、カレー丼ににしてもカレーうどんにしても、しっかりと噛むことがないので咀嚼回数は減ってしまう。

咀嚼が多くの健康効果をもたらすことは、いろんな場面で指摘されている。

脳の活性化にもつながって、認知症予防にもつながると聞いた。

さらには、歯周病の防止や体力の向上、胃腸の強化などと、まさに優等生そのものである。

もし塩分が全く入っていない無塩カレーが完成したら、私など、毎日食べているかもしれない(汗)。

食べものを噛んで食べなくなってしまうと、塩分が入っていないとはいえ、体にいいわけがない。

好きな食べものほどそれ一辺倒にならない自制心が必要だということを、自戒の言葉にする。


20190319.jpg
写真はカレーライスのほうが良かったと思う

20 : 10 : 12 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑

3月18日(月)

郵便受けに、NTTからの『タウンページ』が入っていた。

私は固定電話は置いていないので、契約者ではない。

だから、本来は配達される理由はない。

受け取っても、使い道がないのではないか。

仮に、病院や水道工事会社を調べる必要に迫られたら、ネットで検索するだけのこと。

あえて、『タウンページ』を引っ張り出すことはないと思う。

何か役に立つか面白そうな情報はないかとページを繰ってみたものの、やたら広告が目立っていて、次に進めようという意欲がそがれる。

コラム記事で、地震にあったときの対策について、職場や電車の中や自宅などの場面ごとで書かれていたのが、再確認の意味合いではプラスになったと思う。

ただし、いずれも”消防庁HP”からの転載であるとのこと。

官公庁のサイトは自由に転載が認められているので、言うならばコピペしたのと変わらないのではないか。

ほかには、医療情報が軽いタッチの文体で書かれたコラムがあったが、目新しい情報はとりたててなかった。

”認知症の予防”のコーナーでは、
「友人と会話を楽しむ」
「自分でできることは自分でやる」
等々、いろんな場で書かれていることばかりが並んでいて、半ば苦笑を禁じ得なかったほどだ。

この『タウンページ』へのニーズというのは、今でも本当にあるのだろうか。


20190318.jpg
お気の毒だが資源ごみのときに整理されることだろう

20 : 10 : 06 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑

【YUYAchannel】AbemaTV「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」挑戦表明!フリーランスプロボクサー中村優也選手の面接・スパーリング・オーディション直後の最新独自インタビュー!

ネットテレビのアベマTVが、何かと世の注目を集めています。
私は大相撲中継はアベマTVで視聴するようにしています。
このテレビ独自の切り口があって、より興味をそそられるからです。
そんなアベマTVが誕生3周年企画として、「那須川天心にボクシングで勝ったら1000万円」を打ち出しております。
それにフリーランスプロボクサー中村優也選手が応じました。
誰よりもはやく挑戦することを表明したのです。
これは大きな話題となったのは言うまでもありません。
そんな中村優也選手の最新情報を発信する「YUYAchannel」では、4月19日に独自インタビュー動画が解禁されることとなっています。
何を語るのでしょうか、想像するだけでも胸がワクワクする思いを禁じ得ません。
ほかの媒体では見ることができないだけに興味津々です。
4月19日が待ち遠しくてなりません。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
16 : 01 : 55 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

未経験者でもプロ並みのPRアニメーションが短時間で作れる クラウド型アニメ作成ツール「VYOND(ビヨンド)」秋葉原で公開セミナー開催

会社の業務内容を説明するのに、言葉で語っていくと非常に長くなり、また、読み手としてもイメージしにくいのが通例ではないでしょうか。
そんなときに、絵に描いて、あるいは動画に撮って解説をすればわかりやすくなることは私自身がよく体験していることです。
昨今では、ホームページを見てもアニメによって商品やサービスの内容を語っているケースが多くなってきました。
アニメにすることによって親近感を出すことができますし、何より素早く理解できるというのが最大の利点だと思います。
ただそんなに簡単にアニメを作ることはできないだろうなと思っていたのですが、実は画期的なサービスがあるのです。
未経験者であっても、プロと変わらないレベルのPRアニメーションをあっという間に作ることのできるツールが登場いたしました。
クラウド型アニメ作成ツール「VYOND(ビヨンド)」がそれです。
多くのテンプレートやキャラクターなどが用意されていますので、それらを組み合わせるだけで、誰でもすぐに本格的なビジネスアニメーションを作ることができるそうです。
しかも、制作本数については制限がないというのがうれしいですね。
こういったツールを駆使することで、ビジネスチャンスをどんどんと拡大していけるに違いありません。
5月10日に、この「VYOND(ビヨンド)」の紹介セミナーが東京の秋葉原で開催されるとのことです。
これは見逃すわけにはいきません。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

14 : 59 : 34 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

寝返り摩擦抵抗を85%カットしたウエア【寝返りクルンクルン】の本格販売を開始

快適な睡眠を摂るのは、健康的な生活のためには必須と言えましょう。
夜にぐっすりと眠ることができれば、それだけで健康の半分は手に入れたも同様だと思います。
寝ている間に、無意識のうちに寝返りを打つのは、これはどんな人にも共通したことでしょう。
ただ、その寝返りを打つときにスムーズに体が動かなければ、腰痛を引き起こすこともあるそうです。
言われてみれば、最近、腰の痛みを感じるのは、起床して間もないタイミングというのがほとんどです。
さりとて、ではどうやって対策をとればいいのでしょうか。
4月15日に発売された寝返りクルンクルンは、なんとそんな目的に叶った商品だと思いました。
つまり、寝返り能力を高めて、腰痛対策や睡眠の質を改善することに直結しているウエアなのです。
これは、パジャマの上に着るウエアと体の下に敷くシートがワンセットになっていて、パジャマとシーツの寝返り摩擦抵抗が約85%も削減されるというから期待できます。
これなら無理のない寝返りが打てて、腰痛のリスクにさらされる恐れは激減するに違いありません。
健康を守るための画期的な商品だと思いました。

寝返り摩擦抵抗を85%カットしたウエア【寝返りクルンクルン】の本格販売を開始

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
13 : 35 : 11 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ナノファイバーフィルター内蔵のブレスシルバースクエアマスク発売~体験モニター参加でスタイリッシュなマスクがもらえるイベント実施中~

DreamNews
今日のイチオシDreamNews


ナノファイバーフィルター内蔵のブレスシルバースクエアマスク発売~体験モニター参加でスタイリッシュなマスクがもらえるイベント実施中~ N2CELL INC.


12 : 03 : 03 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

3月17日(日)

1週間ほど前から、夕方は『AbemaTV』で大相撲を見ている。

もっとも、見始めるのは5時半ごろから、つまり三役のちょっと前ぐらいからであるが。

もちろん、『AbemaTV』が大相撲協会に放映権料を支払って配信しているから、独自のものである。

NHKとは関係がない。

かなり高額の放映権料であろうと想像しているが、それは見当もつかない。

だから、同じ大相撲を伝えても、NHKとはいろんな面で違っている。

CMも入るし、アングルも全然違っていて、懸賞の幕もはっきりととらえている。

本当は多くの人の目に触れてもらうために、各企業がスポンサーとなっているのだから、懸賞幕はテレビを見ている人にも明確にわかるようにするのが筋だ。

NHKの立ち場としてはそれはできないのだろうが、企業宣伝を極度に嫌う姿勢はあまりに過剰ではないか。

そのわりには、受信料の徴収には異様に熱心で、家にテレビがなくてもスマホでワンセグ受信できれば徴収対象とする、などと主張して裁判まで行っている。

NHKのその執念たるや尋常ではない。

話がそれたので、元に戻す。

ほかにも、アナウンサーは『AbemaTV』のほうが若干はくだけた話し方をするし、力士のインタビューもソフトムードであるとか、また、立ち合いの強さを”衝撃度”という数字であらわす、午後6時になっても弓取式までちゃんと放映するなど、NHKでは見られない特色がある。

いいことばかりではなくて、私の受け止め方の問題だが、BGMや画面表示の色がやや派手に感じる。

おそらく、視聴者が若い層で占められているというので、そのことを意識しているのだと思うが。

総合評価としては、『AbemaTV』の大相撲中継は高得点を与えたい。

たしか、昨年の日本シリーズの試合も、一部は中継していたと聞き及んでいる。

高校野球の中継もやってくれないものかと期待している(汗)。

 
20 : 10 : 05 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(11) | page top↑

宮崎のご当地グルメが京都初出店!宮崎発祥チキン南蛮カレーが二年坂へ!初の和テイストの【カレー倶楽部ルウ清水寺二年坂店】4月29日(月)にグランドオープン!オープン記念イベントも同時開催!

辛いものが苦手という一部の人を除いて、カレーライスが嫌いな人はほとんどいません。
誰もが好きな料理で、いまでは日本人の国民食の一つになっていると言ってもいいでしょう。
私も、家では自分でカレーライスを料理するほどのカレー好き人間です。
そんな私の趣味がカレーライスの食べ歩きです。
ネットや友人からの情報でおいしいカレーライスを作っているお店で食事をするのが、何よりの楽しみなのです。
このたび、新しく情報を手にすることができました。
宮崎発祥のチキン南蛮カレーが京都の二年坂のお店で食すことができるというのです。
4月29日(月)に【カレー倶楽部ルウ清水寺二年坂店】がグランドオープンすると聞きました。
これは知らないふりはできません。
なんでも、オープン日の4月29日(月)と4月30日(火)の2日間は、記念イベントとしてワンコインでチキン南蛮カレーが食べられるそうです。
ゴールデンウイークの大きな楽しみができました。
大阪からでしたらすぐ近くです。
馳せ参じて、あの名物カレーを満喫するつもりです。

宮崎のご当地グルメが京都初出店!宮崎発祥チキン南蛮カレーが二年坂へ!初の和テイストの【カレー倶楽部ルウ清水寺二年坂店】4月29日(月)にグランドオープン!オープン記念イベントも同時開催!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
10 : 19 : 32 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

お母さんへ、日頃の「ありがとう」の気持ちを込めて Qoo10 “母の日“の定番ギフト「カーネーション」人気TOP5 ~お花だけじゃない、”母の日”におすすめのギフトセットもご紹介~

DreamNews
今日のイチオシDreamNews


お母さんへ、日頃の「ありがとう」の気持ちを込めて Qoo10 “母の日“の定番ギフト「カーネーション」人気TOP5 ~お花だけじゃない、”母の日”におすすめのギフトセットもご紹介~ eBay Japan合同会社


10 : 17 : 40 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

biid(ビード)小豆島のシータイガーアイランドインの運営を受託 ~瀬戸内海のプライベートビーチと桟橋のある宿泊施設併設マリーナをマリンリゾート集客施設へ再生、有効活用と事業継承に着手~

旅行の計画を立てるというのは、そのことだけでも楽しいものです。
胸がワクワクさせながら、あそこに行きたい、こんなことをしたい、あれを食べたいなどと空想を巡らしている時間lこそ、至福のひとときと言えるかもしれません。
私が次に行きたいと考えているのは、瀬戸内海の島で、のんびりと海を空を眺めるという旅行です。
静かなホテルで、都会の喧騒から逃れて静かに過ごしたいと思っているのです。

biid株式会社は、4月15日(月)に瀬戸内海の小豆島のシータイガーアイランドインの運営を受託して、施設の再生とその有効活用、事業継承に着手したことを発表したそうです。
一般客の宿泊はもちろん、マリンスポーツ体験型観光事業や小型ヨット操船体験、シーカヤック体験、船上バーベキューなどといった多彩な事業を計画していると聞きました。
さすがに海に特化した各種事業に異才を発揮しているbiid株式会社だけに、海に対する思い入れはすこぶる強いものがあります。
そんな姿勢には心からの共感を覚えてなりません。
私の夢である小豆島のホテルでのくつろぎが実現に近づいたと思うと、うれしくなります。

biid(ビード)小豆島のシータイガーアイランドインの運営を受託  ~瀬戸内海のプライベートビーチと桟橋のある宿泊施設併設マリーナをマリンリゾート集客施設へ再生、有効活用と事業継承に着手~

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
20 : 27 : 10 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

3月16日(土)

図書館から、予約していた本の受け取りが可能になったとのメールが来た。

実は、ネットで予約を入れたとき、”貸し出し可能”のメッセージが画面に出ていたので、これなら待たなくていいと喜んだ。

それが4日前のことである。

メールが来るのを、今か今かと心待ちにしていたのだが、送られてきたのは今日のことであった。

中3日間も空いている。

もちろん、”貸し出し可能”だっからといって、即、メールが来ることはないのはわかっている。

図書館側での作業や手続きをしなければならないだろうから。

ただ、中3日間もかかるのは不自然に思えてならない。

その本は、佐藤愛子さんの『血縁』であるが、上中下の3冊に分かれていて、一昨日に「上」を読み終えた。

「上」の終盤ごろで、これは最後まで読み通したいとの思いから、「中」の予約を入れたのである。

そんな状態であったので、少しでも早く手にしたいとの気持ちが強かった。

しかも、今朝もメールチェックをしたが待ち人来たらずであった。

そして日課の散歩に出たが、たまたま選んだコースがその図書館のあるエリアであった。

午後になって、メールが届いたのである。

もう少しメールが早ければ、散歩のついでに図書館に立ち寄ったのに、タイミングが悪い。

時間に追われている私ではないので、もう一度行けばいいだけのことであるが、全く同じコースを歩くというのも芸のない話だ。

ただ、早く続きを読みたい気持ちを抑えがたく、結局は図書館まで取りに行ってきた。

予約を入れるときに、「上中下」を一括でまとめてとっておけばいいのだが、そうなると、「下」の返却期限が短くなってくる。

あるいは、そんなに読みたければ買えばいいではないか、と言われるかもしれない。

この本は1冊2,000円であり、年金生活者にとってはちょっとばかりの高額商品だと思う。

だから図書館で借りるにこしたことはない。

そう考えると、メールが遅いぐらいで文句を言っては罰が当たる。

図書館で本を借りるようになってからというもの、ネットでの買いものが激減した。

わが家の家計は相当に助かっている。

図書館に感謝すべきだ。

しかし、私のような人間が増えると、ますます出版物は売れなくなってしまう(汗)。

 
20 : 14 : 42 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑

マイクロソフト製「Surface Go」"目疲れ軽減、最高の滑り心地”の高品質ガラス保護フィルムをamazon.co.jpで販売開始、新生活買替えの方必見

マイクロソフトのSurface Goを使っています。
軽くて豊富な機能を果たしてくれますので、大変に重宝しています。
特に散歩のときに持って出て、休憩でネットにアクセスするというのが無上の楽しみとなっているのです。
あまりに熱心に画面を見続けている私の姿を見て、妻が心配したのか「ブルーライトは大丈夫なの?」と聞いてきたことがありました。
実は、私も心配していたことなのです。
巷間、ブルーライトによる視力低下や睡眠障害などが伝えられていますが、私も目が疲れていることは感じておりました。
どうしたものかと思っていたときのこと、Surface Goの液晶保護ガラスフィルムが開発されたと小耳にはさんだので、すぐに買い求めました。
そのフィルムは薄いですので、貼っているかどうかがわからないほどです。
ですから、画面を手でなぞっても違和感は全くありません。
この点がまず気に入りました。
そして、確かに今までと同じような使い方をしていても、目の疲れは非常に楽に感じたのです。
安心しました。
やはり、ブルーライトを防御する効果はあるのだと実感した次第です。
私が望んでいた商品マイクロソフト製「Surface Go」液晶保護ガラスフィルムが提供されて、本当にありがたいと思っています。

マイクロソフト製「Surface Go」

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
16 : 34 : 55 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

SHARP製スマホ「AQUOS sense2」"抜群の滑り心地"ブルーライトカットと透明の液晶保護フィルム全2色(Black,White)を3月30日amazon.co.jpで販売開始

スマートフォンの種類はたくさんあって、選択に困ったものでした。
私が選んだのはSHARPのAQUOS sense2です。
メーカーへの信頼と製品の機能の豊富さにひかれたためです。
いろんな局面で役に立ちますので、いまや手放すことができません。
ただ、最近はスカートフォンによる弊害も指摘されるようになってきました。
画面から放射されるブルーライトによる目へのダメージの問題です。
私も老眼が進んだように感じましたので、スマートフォンを使うことを少しは制限しようかと考え始めてきたところでした。
そんな矢先、ブルーライトカットの液晶保護フィルムが発売されたとのニュースが耳に飛び込んできたのです。
試してみたところ、フィルムは極めて薄い膜ですので貼ってあることに気がつかないほどです。
使い勝手も快適ですし、何より目の疲れが激減したように感じたのが何よりの収穫です。
私の困っている問題の解決に大いに役立ちました。
SHARP製スマホ「AQUOS sense2」液晶保護フィルムという画期的な商品が開発されたことを、心からうれしく思っています。

SHARP製スマホ「AQUOS sense2」

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
15 : 49 : 32 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

「ドコモ らくらくスマートフォンme F-01L 」【こだわりの全面吸着】 最高の滑り心地 高品質ガラス保護フィルム(全3色)を3月30日amazon.co.jpで販売開始

スマートフォンは外に出るときには忘れてはならないアイテムの一つです。
急な電話連絡やメールにも対応できますし、GPS機能で道案内もしてくれます。
年齢の高い私などは、らくらくスマートフォンのおかげでどれだけ助かっていることかわかりません。
ただスマートフォンを使い過ぎていると、困ったことが起こってきます。
それは、手の汚れがついてしまって画面の美観が損なわれることです。
多くの人と同じように、私も保護フィルムを画面に貼ることで対処していたのですが、フィルムの膜厚があって、指の動きが非常にぎこちなくなってきます。
さらに誤作動まで起こすこともあり、これはこれで困っておりました。
そんなとき、「ドコモ らくらくスマートフォンme F-01L ガラスフィルム」が商品として提供されていると聞いたのです。
amazon.co.jpで買って早速貼ってみました。
フィルムがあるのかどうかがわからないほどの薄さで、指の動きがすこぶる滑らかなのです。
一種の感動ものでした。
いい商品が誕生したものだと感謝しています。

「ドコモ らくらくスマートフォンme F-01L 」【こだわりの全面吸着】 最高の滑り心地 高品質ガラス保護フィルム(全3色)を3月30日amazon.co.jpで販売開始

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
15 : 37 : 59 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する