FC2ブログ

9月30日(日)

9月最終の日は、台風24号に翻弄された一日であった。

事前の予報で、当地では本日の夕方ぐらいから警戒すべきと知っていたので、午後からは部屋の中で時間が過ぎ去るのを待つことにした。

いつもは夕方に行くスーパー銭湯も、今日は正午までに済ませた。

ただ必要以上にリラックスしてしまい、台風対策に向けてのマインドが高まってこないのは、思わぬ誤算である(汗)。

気象情報をテレビで見ていて気になるのが、
「不要不急の外出は控えてください」
という言葉。

誰を対象に呼びかけているのか、わからないことがある。

今朝8時ごろのNHK大阪局からのニュースでは、九州での暴風雨の光景を取り上げ、
「不要不急の外出は控えてください」
と連呼していた。

しかし、少なくとも私の住んでいる地域では、曇り空とはいえ、雨も降らず風も普段と変わらない。

常識的に考えて、散歩に出かけて気象災害にあう危険性はほとんどないと判断した。

散歩というのはまぎれもなく”不要不急の外出”にほかならないが、さすがにこれは大丈夫だと思い、買い物を兼ねて外出した。

あまりに乱発されると、本当に危険が懸念されているときに”不要不急・・・”を叫んでも、テレビを見ている人たちからは取り合ってもらえない恐れがある。

気象予報については、日本国内では気象庁のデータが使われているが、米軍の気象予報もかなり精度が高いとよく聞く。

なんでも、台風が日本に近づくまでは米軍の気象予報のほうが的中率の高い情報を示し、逆に日本に上陸してからは気象庁のデータの予報が参考になるらしい。

かつての沖縄での戦争のとき、米軍は台風によって大打撃を受けたところから、直ちに台風の調査研究にとりかかったという。

そして、得られたデータを戦後の日本での防災に役立てるようにと惜しげもなく提供したのだから、結構、太っ腹だ。

おかげで相当数の日本人の命が救われたことは想像に難くない。

かつて干戈を交えた国ではあるが、災害で失われる人命を一人でも減らしたいとの思いは共有していると信じたい。

 
スポンサーサイト
19 : 23 : 22 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

9月29日(土)

マンションで、”消防設備点検”が行われた。

ひと月以上も前から通知の文書をもらっていたし、エントランスには掲示もされていた。

とにかく重要なイベントだという意識は、私にもひしひしと伝わってきていた。

マンション全体をカバーする消防設備だけでなく、入居者それぞれの部屋の確認もするとのこと。

10時半から正午までの間に業者が向かうので、部屋で待機するように指示されていた。

初めてのことでどんな点検があるのか見当はつかないが、要は自分自身の安全にかかわることであるだけに、言われるとおり部屋で待っていた。

11時過ぎに、30歳ぐらいの男性がやってきたので尋ねてみたら、
「火災報知機の点検です。すぐ終わります。」
と言う。

台所の天井についている火災報知機を1分ほどチェックして、正常であることを確認し点検は終わった。

彼が帰った後、興味を持ったのでネットで調べてみたら、厳密には
「住宅用火災警報器」
が正式な名称のようだ。

「火災報知機」の言葉のほうが範囲が広く、たくさんの種類の設備を網羅しているのは言うまでもない。

なんても、消防法では「火災報知」と書かれていて、「火災報知」の文字は使われていないらしい。

そういえば、学校でも、機と器の使い分けについては、
「”機”は自分で動きをするもの、”器”は自分では動けないもの」
といった教わり方をしたことを思い出す。

正しいかどうかはともかく、ニュアンスはつかめるような気がする。

洗濯はみずからが動いて衣服を洗ってくれるが、携帯の充電はひたすらじっとしている。

「火災報知機」の中には異変を感知したら、消防署に自動的に通報するシステムもあるが、「住宅用火災警報器」は自分の部屋の中で警告音を発するだけである。

その違いが「き」の文字にもあらわれているのだろう。

今日は9月29日だから、”苦肉の策”と言われるかもしれないが(汗)。

 
20180929.jpg
これが役に立たないのが最もありがたい

19 : 36 : 17 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

9月28日(金)

てかとさんの記事に触発され、家のグリルでサンマを焼くことにした。こちら

マンションに最初から設置されていたガスコンロとグリルであるが、実はグリルを使うのは今回が初めてである。

そもそも、今までの人生でグリルを使った経験がなく、どう扱えば魚が焼けるのかが見当もつかない。

「取扱説明書」を引っ張り出したりネットを検索したりして、さほど難しいものではないだろうと、なんとなくわかった。

今朝128円で買ってきたばかりのサンマ一尾を、実験を兼ねて焼いてみた。

本番の前にあらかじめ温めておくと良いらしいので、「5分」で予熱の設定をした。

そして、いよいよサンマ本体をグリルに置き、「7分」のタイマーを入れたのである。

その間、気が気でなかった。

ちゃんと焼けるのか、時間が足りないのではないか、あるいは長過ぎるのではないかなど、いろんな思いが頭の中を行き来していた。

胸の高鳴りを感じつつ、サンマを取り出してみたら、少しばかりの焦げ目がついていて、心地よい香りを漂わせているではないか。

にわかに食欲がわいてきて、気がつけば、私の意袋におさまっていたという次第。

弱冠65歳にして、初めてのサンマ焼きデビューである。

塩も使わず、大根おろしも添えないで、いわば、サンマをそのままグリルで焼いたに過ぎないが・・。

私が子供のころ、母が七輪でサンマを時間をかけて焼いていたことを覚えている。

それが、今ではボタンを何回か押すだけで焼き上がるのだから、テクノロジーの発達には舌を巻くばかりだ。

これでも、自分でサンマを焼いた事実には変わりない。

洗濯にしたって、昔は1枚ずつ石鹸をつけてゴシゴシと洗うのが常識であった。

いまや、洗濯機に服を放り込んで洗剤を入れるだけで、きれいに洗ってくれる。

それでも、自分で洗濯したことになるのだ。

会社勤めをしているとき、給与計算を担当していた。

全く未経験の分野であったが、前任者からは「誰でもできる」と言われた。

なるほど、市販のソフトを使っていて、項目に数字を入れていくだけで、源泉徴収も保険料控除も残業代計算もすべてソフトがやってくれていたのである。

サンマを焼いたことから、過去の一時期を思い出した。


20180928.jpg
焼き上がった場面で撮るのを忘れた・・・


20 : 01 : 06 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑

9月27日(木)

最寄り駅に併設されている”阪急そば”の店が、9月30日で閉店になるらしい。

私は今朝気がついたのだが、おそらく掲示はかなり以前から行われていたのだろう。

”阪急そば”はこの電鉄の多くの駅に設置されていて、全部で約20店舗が営業をしている。

1号店は50年前に立ち上げられたと聞いている。

値段が安いというので、私も学生時代にはよく行ったものだ。

私の記憶違いかもしれないが、たしか100円玉1個でかけうどんを食べられたはず。

ただ、その後は安価な店が破竹の勢いで世に出てきて、このお店が持っていた低価格の魅力はすっかり色あせてしまったのではないか。

本来は、駅で電車を待っているときに食べる人を対象にしていたところから、”立ち食い”でスタートしたのだが、いまやどの店を見ても座って食べるようになってきた。

”立ち食い”だと、さすがに若い女性は入りにくいだろう。

メニューも店によっては”ポテトフライ”がついてくるのもあるなど、麺類のカテゴリーにとらわれない点が人気を呼んでいる。

ただし、このように時代の流れに合わせているうちに、出発点に掲げていた「安くて早くておいしい」のコンセプトが変わってしまったのかもしれない。

そういえば、私も、おそらく30年ぐらいは”阪急そば”は食べていない。

そもそも、関西人なら”そば”よりも”うどん”のほうが一般的なのだが、あえて”阪急そば”とネーミングしたのは何らかの思惑があったからだろうか。

 
20180927.jpg
同社のWEBサイトからr拝借

19 : 45 : 11 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑

9月26日(水)

昼食はお寿司を食べに行った。

涼しくなってきて食欲も出てきたし、引越してから3ヶ月、だんだんと新しい生活も落ち着いてきたこともあって、いつもとは違うことをやってみようと思い立ったからである。

振り返れば、寿司店に足を運ぶこと自体が久しぶりである。

回転寿司の店に5月に行ったのが最後で、以来、とんと縁がない。

今日は、料理人が握る寿司店に行ってきた。

駅前にあるお店で、関西では何軒かのお店を出しているところだ。

メニューには、税込1,000円のお寿司定食が載っている。

このお店にしてみれば、おそらくは集客のために宣伝を兼ねて安いプライスでの商品提供をしているのだと思う。

しかし、私の身分からすれば、特別の意味合いのない昼食に1,000円を投じるのだから、まぎれもなく”贅沢”である。

ちなみに、会社勤めをしていたときの昼食の弁当は380円であった。

少なくとも去年までは、大阪市内のビジネス街であっても、路上で500円弁当がいろんなところで売られていたのを覚えている。

その水準から言っても、1,000円という価格は私には分不相応だと自分でも思う。

しかし、交際を始めたばかりのカップルであれば、一人1,000円のランチは貧相過ぎるだろう・・・・などと考えをあれこれ巡らせていたら、注文した品が私の前に届けられた。

ちなみに、そのとき、二人連れの客が二組あって、いずれも私と同じものを頼んでいることに気づいた。

その人たちの”意見”を聞いてみたい衝動に駆られたが、変人と思われるのが嫌なので我慢した(汗)。

 
20180926.jpg
100円の割引券をいただいたので、また行く。

19 : 50 : 31 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑

9月25日(火)

iphoneで撮影した写真や動画のデータは、時期を見てバックアップをとってスマホ本体からは削除するようにしている。

バックアップ先は、Googleドライブである。

昔、戸建の家に住んでいた時代は、ごく事務的にGoogleドライブへのアップロードをしていた。

しかし、マンションに住むようになって、ネット環境がソフトバンクエアーになってからというもの、その当たり前のことができなくなった。

アップロードの能力が弱いせいか、動画のようにサイズの大きいデータは、何回やっても途中で”オフライン”になってしまう。

そこで、Wifi環境のところで実験してみようと思って、なじみのファミレスでアップロード実験をしてみた。

あっけないほどスピーディーにアップロードができた。

涼しい顔を装いつつも、心の中では快哉を叫んだ。

しかし、ほどなく、私がいつも使っているネット環境はあまりに劣悪ではないかという劣等感に包まれたのである。

ファミレスで生ビールを飲みながらやるほうが早いなんて、あんまりだと思う。

とはいうものの、これが現実なのだから仕方ない。

Wifiだからさほど意味はないが、アップのときの回線速度を調べると、ファミレスのほうは29Mbpsに対し、ソフトバンクは1.1Mbpsと格段に違う。

この差は埋めることができないのだろう。

とはいえ、ほかに選択肢がないのだから、2年間のシバリがある間はソフトバンクエアーを使い続けるしかない。

私の場合、YouTubeに動画を投稿することもないし、オンラインゲームもデイトレードもやらないから、今回のようなデータのアップロード以外にはさほど困ることはない。

何かあったら、またファミレスに行けばいい(汗)。

そう考えると気が楽になる。

夕方のファミレスは、子供を連れたお母さんたちの会話がはずんでいた。

 
20180925.jpg
苦しいときのファミレス頼み

19 : 57 : 56 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑

9月24日(月)

行きつけのスーパーでは、今日はタイムサービスの案内をしきりにやっていた。

午後2時半から3時までの30分で、肌着、パジャマ、靴下などをレジに持っていけば、値札価格の半額で販売する、という内容だ。

半額はもちろん魅力的だが、いま足りているものを安いからという理由で買うことはない。

だから見向きもしなかった。

昨今は、ネット通販でのタイムサービスをよく見かけるようになり、リアル店舗では久しぶりのような気がする。

あからさまに言えば、お店としては在庫処分をしたいがために一定の時間を決めてバーゲンをするのだろう。

客の立場から見ても、30分だけということで買う気をそそられる心理があるのは事実だ。

おそらく、祭日で一息ついている人が多いであろうというタイミングを見計らって、
「午後2時半から」
の時間設定にしたのだと思う。

私自身は、タイムサービスだからというので、それを意識して物を買った記憶はない。

一つには、まだ社会人になったばかりの頃、知人から聞いた話に影響されているからかもしれない。

彼が奥さんに付き添って百貨店に買い物に行ったとき、たまたま入り口でワゴンでネクタイが売られていた。

値段は覚えていないがワゴン品とはいえ、安くはない値札がついていたらしい。

気に入ったのがあって、それを買って10分もしないうちに、タイムサービスが始まり、そのワゴンのネクタイの値段がまるごと大幅ダウンしたという。

あと10分待ってさえいれば、安く買うことができたのに、ひどく損したような気がした、とぼやいていた。

それがあって以来、私の潜在意識の中にタイムサービスへの好ましくない印象が焼き付いたのだろう。

40年以上経った今でも、タイムサービスには関心がない。

そもそも、大きな疑問がある。

タイムサービスの時間が終わった後はどうなるのだろう?

サービスがあったことを知らない客なら、気に入った商品があれば買うかもしれない。

しかし、ついいましがたまで半額のタイムサービスをやっていたのを知っていた客であれば、ほぼ確実に買わないであろう。

気持ちの上では高いものを買うことになるのだから。

このサービス手法も善し悪しのようなうな気がする。

 
19 : 27 : 41 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

9月23日(日)

地元の小学生野球大会の開会式のお手伝いに行ってきた。

そこで話題になったのが、某少年野球チームでの体罰事件。

実はそのときまで知らなかったのが、小学生の軟式野球に少しでも携わっている人であれば、おそらくは一人の例外もなく知っているはずの著名なチームでの事件であった、とのこと。

一瞬考えたのだが、体罰がらみの厳しい指導をするから強いのか、ということ。

小学生野球とはいえ、日本一の栄冠を何回も手にできるなんて普通のことではない。

体で覚えさせる指導をやっていたのかなとも考えた。

しかし、告発者側の挙げている問題の現場を見る限り、このチームの監督の感情のはけ口に利用されたとしか考えられない。

例をあげればキリはないが、ワンバウンドの投球を受け損ねたキャッチャーがドエライ剣幕で監督に怒鳴られていた。

ただ、プロでもワンバンボールを後逸している場面は少なくない。

小学生にそこまでの完璧さを求めるのはいくらなんでも無茶過ぎるのではないか。

このチームでの暴言や暴力は日常的であったとの報告もある。

”行き過ぎた指導”の範囲をも超えている。

中でも恐ろしく感じたのは、”殴られるのは期待されている証拠”という見方がチーム内で浸透していたという点だ。

部員の保護者ですら、それを信じていた人がいると知って驚いた。

少なくとも小学生のスポーツチームで通用する発想ではない。

こんな思想がまかり通る組織なんて、アブノーマルとしか言いようがない。

そもそも、他人の大切な子供を預かっているのだから、これは野球以前の問題だと思う。

いま、少子化のあおりを受けて、どの少年野球チームも部員不足に頭を痛めている。

今回の事件がその傾向を助長する結果になっては、あまりに罪が深い。

 
20180923.jpg
彼岸の中日なのでおはぎを食べた。プロ野球の中日は今日も負けた。

20 : 03 : 11 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑

9月23日(土)

耳がだんだんと遠くなってきたのか、聞き間違いをすることが目だってきた。

夕方、スーパーに行ったとき、店内放送で
「10月1日より”タマゴ”が増税のために値上がりになります。」
と繰り返し伝えていた。

今まで、卵に税金がかかっていたのだろうかと不思議に思って見回したら、
「タバコ税が10月1日から上がります」
との表示がぶら下がっていた。

”卵”と”タバコ”の聞き間違いであって、あらためて自身の老化を感じて恥じ入った次第だ。

ただ、ひとの責任にするわけではないが、その店内放送はおそらくは中年と思われる男性が担当している。

原稿を見ながら読んでいるのだろうが、どちらかというと棒読みで、しかも声がこもりがちである。

読み間違えもときどきある。

先日の台風21号の後など、
「このたびは台風のおかげで産地からの配達がとどこおりまして・・・・」
と読み始めたものの、にわかに
「このたびは台風の影響で・・・・」
と言い換えた。

「おかげで」という言い回しは、本来の意味はともかく、昨今では、
「良い結果をもたらした」
のニュアンスで使われるのが一般的ではないか。

だから、読み間違いに気がついて修正した対応は間違っていない。

ただ、それ以前に、もっと滑舌良く、ハキハキとアナウンスするほうが客への好感度は高まるはずだ。

ひいては購買促進にもつながると思う。

とは言うものの、次はどんな間違いをしてくれるのか、私はひそかな楽しみにしている(汗)。

 
19 : 56 : 57 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

9月21日(金)

マンションロビーの掲示板に、「不審者情報!」が貼られていた。

”周辺にナイフをちらつかせた背の高い男が出没している”とのこと。

”お気をつけください!”で文書は終わっている。

しかし、具体的にどんな気のつけ方をすればいいのだろうか?

外出を控えるというのが最大の有効策だろうが、まさかそんなわけにはいかない。

だとすると、防弾チョッキか剣道の胴衣を着用して、ナイフでの攻撃に備えるのがいいか。

しかし、スーパーへ買い物に行ったときは、まわりの人から不思議に思われるのはいやだ。

念のためにネットで”不審者情報”を調べてみたら、大阪府下だけでも1日に10件を超える情報が上がっている。

私の住んでいる市でも二日に1回は発生しているから、さほど珍しいことではないようだ。

”不審者”の内容も、「女性が体を触られた」という明確な犯罪から、「後ろをついてきた」だけというものもあり、深刻度の差は大きい。

思い出したが、20年ほど前、息子の野球部の練習で小学校に行ったとき、日本酒のワンカップを持った老人に出くわした。

目がとろんとしていて、若干、顔も赤いが、足取りはしっかりしている。

孫が野球をするのを見に来たという雰囲気はなかった。

不審者として通報すべきかどうか迷ったものの、結局は見なかったことにした。

現在のように学校のセキュリティーが厳しく問われている時代ならば、私の行為は無責任そのものだとお叱りを受けるだろうが。

 
20 : 14 : 59 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑

9月20日(木)

所属している団体の事務員さんが退職することになり、その送別会が開かれた。

会場は、以前に勤務していた会社の近くであり、在職当時は公私両面で足しげく通っていたお店である。

実は、昨年の6月末に退職するにあたっての最終出勤日が月末の金曜日であり、いまや死語になりつつある”プレミアムフライデー”であった。

そこで、最後の日にはこのお店に行って、とりわけ好きであった”カレーそば”を食べる算段にしていたのである。

誰にも言っていなかったが、私の心の中では少なからず楽しみにしていた。

ところが、挨拶を済ませて退社しようとすると、思いがけずも花束を頂戴することとなり、カレーそばを食べに行く計画はあえなくついえてしまった。

今日は1年3カ月ぶりの訪店であるが、店の外観も内装もほとんど変わっていなかった。

オーナーは笑顔をつくろっていても不機嫌そうな表情をしているし、ニコニコしながら接客しているもののあまり気のきかない女性スタッフも元気そうであった。

送別会は淡々と進み、予定の時刻より30分遅れでお開きとなった。

退職の理由は表向きには体調不良ということであるが、実のところはどうだかわからない。

結構、向上心の旺盛な女性だけに、キャリアアップを狙っているのかもしれない。

宴が果てたころには、雨もすっかり上がっていた。

降っていた雨が止むと、縁起がいいような気がする。

 
20180920.jpg
カレーそばは出てこなかった。

21 : 59 : 43 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

9月19日(水)

少し遅めに散歩に出たら、駅前でチラシ配りをしていた。

会社を辞めてからというもの、人がたくさん行き来する場所にはあまり行かなくなったので、こういった光景を目の当たりにするのは久しくなかった。

普通のチラシ配りと違って、どうやら通行人の属性を見極めながら手渡しているようだ。

40歳以下の若い人には全く目もくれない。

中年以上の年齢層を相手に配っていると思って見ていたら、案の定、私も配布対象であった。

チラシの中身は、整骨院の案内である。

すぐ近くに、目立つ看板を掲げた整骨院があるが、そこのものである。

それにしても整骨院の数は多い。

駅中心に3分の範囲で、私がわかっているだけで5軒もある。

よく、歯科クリニックの数はコンビニを超えていると言われるが、このエリアに限って言えば、整骨院はコンビニよりはるかに多い。

いや、この地域だけでなく、社会全体でもその傾向は明確に出ている。

しかも、柔道整復師の学校では生徒数が年々増えているという。

ということは、世間での整骨院の増加傾向は、今後はさらに拍車がかかることになる。

そんなにも需要があるのかなと思ったら、受け取ったチラシには
「産後の骨盤調整もおまかせ!」
と書いてある。

なるほど、高齢者だけにターゲットを絞っているのではないのだ。

美容やダイエットを望んでいる女性を取り込んでいこうとしているのだろう。

また、スマホの使い過ぎで姿勢が悪くなった人も有望見込み客としてカウントされているはず。

日本の人口は減っていっているが、考え方を変えれば、市場開発の余地はあるということになる。


20180919.jpg
キッズルームまで用意しているのだから相当に本気だ

20 : 25 : 27 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

行楽シーズンにおすすめ! Qoo10「一眼レフ」&「スマホ用カメラレンズ」人気TOP3 ~簡単スマホ連動、クリップの取り付けで機能拡張など「手軽さ」が人気~

DreamNews
今日のイチオシDreamNews


行楽シーズンにおすすめ! Qoo10「一眼レフ」&「スマホ用カメラレンズ」人気TOP3 ~簡単スマホ連動、クリップの取り付けで機能拡張など「手軽さ」が人気~ eBay Japan合同会社


15 : 06 : 21 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

15種類の仮想通貨・暗号通貨で購入可能な金券ショップ「ギフトチェンジャー」がサービス開始しました。

仮想通貨が何かと話題になっています。
日本では現金が大事にされていますが、ネットの世界では目に見えない”通貨”が流通していて、現実世界の現金と同じ感覚で取り扱われていることに、当初は戸惑いを感じてなりませんでした。
ただ、それは慣れの問題だけで、ネットの世界では仮想通貨は極めて普通のツールに過ぎないものだと認識するようになりました。

さて、そんな仮想通貨がより一層身近になりそうです。
2018年10月15日より、金券ショップ「ギフトチェンジャー」が仮想通貨で購入できるサービスを始めたのです。
ギフトチェンジャーでは、15種類の仮想通貨でもって、ギフト券商品券の購入と売却ができるそうです。
これなら仮想通貨現金化が大変やりやすくなりますので、便利になるなと感じました。
まさに痒い所に手が届くサービスそのものです。
重宝いたします。

15種類の仮想通貨・暗号通貨で購入可能な金券ショップ「ギフトチェンジャー」がサービス開始しました。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
10 : 30 : 15 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

9月18日(火)

久しぶりに、敷布団の天日干しをした。

前回は猛暑のときであったから、今月になって初めてだと思う。

マンションの屋上に布団を干せる設備があって重宝しているが、そこには屋根がないのである。

万が一雨が降ってきたら、一巻の終わりだ。

だから、朝の天気予報に耳を傾けながら、降雨リスクのないタイミングを見計らって干すようにしている。

ただ、天日干しをしてもダニ退治にはならないらしい。

なんでも、温度が60度にならないことには、ダニは死滅しないという。

真夏に直射日光を浴びたところで、布団が60度に達することはないそうだ。

とはいえ、湿り気を含んだ布団が乾いてフワフワ感が出てくるのはうれしい。

私はその感触を楽しみたいので、布団を干しているのである。

ところで、今日の天気は目まぐるしく変化した。

朝一は美しい青空が伺えていたものの、次第にどこからか雲がわいてきて、そして再び晴れ間が見えるというあわただしさであった。

3時間ほど干して、ちょうど曇りがちになってきた頃に部屋の中に布団を取り入れた。

手間を省くために布団乾燥機を買うという手もあるが、私は自然の太陽の光で乾かしたい。
 
しかし贅沢ばかり言っていると、「布団が吹っ飛んだ」ってことになるかもしれない(汗)。

 
20 : 16 : 06 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

9月17日(月)

何日か前から、iphoneで撮った写真データを同時にパソコンでも見られるようにしたいというので右往左往していたが、今日、それが解決した。

”まこさん”から教えていただいたサイトを見ながら、ああでもないこうでもないを繰り返して、ようやくこれで行けるはずと確信し、最後の微調整は、やはりiphoneのサポートに助けていただいた。

本当は存在しないはずのデータがクラウド内にずっと残っていたので、それを削除する方法を教えていただlき、”力技”で消していって事なきを得たのである。

肩の荷が降りた。

これが使えないからと言って、私の人生に暗雲が立ち込めることはないが、普通に使えて当たり前のツールが使えないというのは気持ち悪いものである。

それがちゃんと利用できるようになったので、胸のつかえがとれた。

今回のサポートの人は問題把握が上手で、私の意図をしっかりと汲んで対処してくれた。

実は2回目のサポートの人が
「icloudに詳しい者から電話させます」
とのことで、リリーフに来てくれたのである。

声からすると若い女性であるが、テキパキと事を進める。

自分の仕事に自信を持っているのだろう。

クラウドの中に残っている不要なデータを簡単に削除する方法を教えていただき、それで万事解決した。

なぜそのデータが居座り続けていたのかは不明だし、理由を尋ねても私では理解ができないと思い、そのままにした。

見事に私の抱えていた問題を退治してくれた彼女だが、言葉の端々に、この機能をパソコンで使うのはMacのほうが使い勝手がいいとのニュアンスが、あからさまにに伝わってくる。

もしかしたら、このicloud自体がWindowsマシンとは相性が良くないのかもしれない。

ネットでの口コミ情報を見ていても、”不安定”との感想を見かける。

とはいえ、私の心の中にうごめいていた悶々の思いが跡形もなく消えてしまったことが、何よりもうれしい。

敬老の日の何よりのお祝いであった。


20180917a.jpg
まこさんご紹介のサイトには多大のお世話になった
20 : 02 : 22 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑

9月16日(日)

昼、テレビで上沼恵美子さんの番組を見ていたら、元アイドル歌手の飲酒ひき逃げ事件に触れていた。

そこでパネリストの医師が語っていた言葉に、
「睡眠中は、お酒が抜けるのが遅くなる。
朝に酒気帯び運転でつかまる事例はかなり多い。」
というもの。

まさかと思ってネット検索をしてみたら、寝ている間はアルコールの分解が遅くなるとの説が主流であった。

覚醒しているときの半分ぐらいまでスピードが落ちるらしい。

なんでも人間が眠ってしまうと肝臓がフルに働かないので、アルコール分解がスムーズに行かないのがその理由だという。

だから、飲んだ晩は水を飲みながら、適度に酔いがさめるまで起きておくほうがいいとのこと。

ただ、次の日の仕事や用事には支障が出るかもしれないが、二日酔いは最小限にとどめることができる。

とはいえ、朝一番の車の運転はアルコールが残っているリスクがあるので要注意だ。

恥ずかしながら、私も、若い頃は寝る前にしこたまお酒を飲んでいたものである。

寝つきが良くなるというので、意図して就寝前に飲んでいた。

もしかしたら、自分がわからなかっただけで、少なからぬアルコールを残したまま運転していたことがあったかもしれない。

そういえば、先日、酒気帯び運転の被疑者が無罪判決を受けるという事態があった。

警察の検査のときに、入れ歯安定剤の中のアルコールが検出されたと主張し、裁判所もそれを認めたあらだという。

かと思えば、粕汁を2杯飲んで酒気帯び認定された判例もあった。

となると、酒粕を使った甘酒もアルコールが入っていることになるから、運転前には好ましくない。

料理に使う味醂にもアルコールが含まれているし、酒気帯び運転回避というのは容易なものではないようだ。

 
20 : 11 : 05 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑

9月15日(土)

亡父の納骨を行ってきた。

大阪府と奈良県の境の山頂の霊園に納めてきた。

7年前に母が亡くなったとき、実家のほうでこの地を契約したのである。

住み慣れた大阪と天理教本部のある奈良の間にあることで、亡き母には好ましいロケーションであるとの発想からであった。

天理教の考え方では、人間の身体というのはこの世で生きていくために神様からお借りしたものであって、死後は魂が神様の元に戻り、また人間に生まれてくる、とされている。

となると、教義上は、遺骨や墓というのは意味がなくなるのではないか。

実は、この霊園の契約にあたっても、私は「不要だと思う」の主張を家族内でしていた。

ただ、最終的に、実家でこの霊園に決めたとなったものだから、従うしかない。

私にしてみれば、実家に行けば神棚に両親の遺影が飾ってあるので、それが故人を偲ぶきっかけになるのだから、あえて遠いところに墓を設ける必要はないと考えていた。

もっとも、これは価値観の差だから仕方ないだろう。

もちろん、決まった以上はあえて事を荒立てるようなことはしない。

だから今日も墓前での納骨式に参列してきた。

ただ、私の思いの中では、今も父も母も私のそばにいて微笑みながら私のことを見守ってくれていると信じている。

式の途中、強い風に煽られて、飾ってあった榊が倒れてしまった。

もしかしたら、私のそんなわだかまりが風を巻き起こし、榊をひっくり返したのかもしれない。


20180915.jpg
納骨の後は約3時間にわたる食事会であった

20 : 10 : 35 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

9月14日(金)

iPhoneのことで問い合わせたいと思って、Appleのサポートに電話をかけた。

1年以上前にも、電話をしたことがある。

そのときの対応の印象が良かったので、それ以来、Appleのイメージは私の中で燦然と輝くようになった。

今日は、その思いが一転した。

電話口に出た若い男性が、私の訴えている不調の内容を把握できないのである。

iPhoneで撮った写真をクラウドに自動的にバックアップをとる設定にしているが、クラウドの中身をパソコンで見てみたら、7月の半ばの分までのデータは反映されているものの、それ以降の写真が全く出てこない。

彼にはこの意味がわからないようで、何回も聞き返してくる。

しかも、途中で2回ほど「5分ほどお待ちください」と言って、空白の時間を作っていた。

たぶん、誰かに教えてもらいに行っているのだろうが、そんな難しい話ではないはず。

途中でリモート操作で先方からも私にパソコンの画面を見ながらのサポートをしだして、ようやく私の困っている意味がわかったらしい。

スマホの再起動をかけ、ネットワークのリセットをしても、結局はうまく行かなかった。

彼の推測では、
「wifiの側の問題ではないかと思われます」
ということであったが、まさかそんなことはあるまい。

今日は一旦お開きにしておき、サポート問い合わせ番号を教えてもらったので、あらためて電話をすることにした。

それにしても、彼の知識や理解力の不足のことよりも、マニュアル対応に終始していたことに不快感を禁じ得なかった。

とりわけ、やたら
「よろしかったでしょうか?」
を繰り返され、うんざりした。

これはファミレス用語である。

サポートと言ってもたくさんの人がいるだろうから、その中の一部の人だけをとりあげて云々できないのはわかっているが。

 
20 : 03 : 08 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑

9月13日(木)

マンションの管理組合から文書が回ってきた。

もろもろの注意事項の中に、
「専用庭の管理について」
というのがあり、私の目を引いた。

私はマンションの2階に住んでいるが、1階部分にはベランダのかわりに庭が用意されていて、植木や園芸を楽しむことができるようになっている。

ただ、中にはその管理を全くやってない住人がいて、木や雑草が伸び放題に荒れているのだ。

正確に言うと、私の棟の1階部分に入居されている人の部屋のすべてがそれに当たる。

管理組合からの文書では
”ジャングルのよう”
と形容していたが、まことに言い得て妙である。

人間の手が全く入っていない密林そのものだ。

なんでも、マンションのお隣の戸建ての人からも苦情が入っているらしい。

ただ、くだんの専用庭の使用者にしてみれば、必ずしも庭が欲しいと望んで入居したのではないという事情もあるだろう。

購入したか賃貸で入っているかはともかく、たまたま希望条件に合った物件であったので入居を決めたら、そこに専用庭がついていたに過ぎない、といった経緯の人もいるはず。

自分自身の手で剪定や雑草抜きをするとなるとその労苦は大変なものがあるし、業者に頼んだら費用がかかる。

そんなわけで、結果的に放置されてしまったのだろう。

見た目の問題もあるが、それ以上に虫が発生するのが困る。

かといって、
「直ちにきれいにしてください」
は物理的に極めて困難だ。

おそらく、当面は荒れたままの状態で放置されることと思う。

”ごみ屋敷”が出来上がるいきさつにも似ているのはないかという気がした。


20180913.jpg
手の付けようがない惨状である

20 : 11 : 23 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑

9月12日(水)

散歩コースは、ごく大雑把に二つある。

よく行くスーパーの方面と最寄り駅方面と。

夏場に引っ越してきたので、いずれもショートコースである。

涼しくなれば、いずれも距離を延長していくつもりだ。

日によっては、スーパー方面の道は3回通ることもある。

散歩目的だけでなしに、買い物やその他の用事があるからだ。

ただし、最寄り駅方面は一日に1回しか行かない。

やや遠いからという単純明快な理由からである。

それが今日は、2回も歩くこととなった。

一回目は朝。

コンビニに健康保険の任意継続保険の下期の保険料を払い込むためである。

半期分だから、私にしてみたら大金である。

現金を持ち歩いて、富田林警察から逃亡している人間にひったくられでもしたら大変だ。

逃亡者は夜型人間のようなので、朝のうちに払い込みを済ませようと思い、8時過ぎに出かけた。

そして、夕方、趣旨不明の食事会に出席のため、朝に続いて最寄り駅まで歩くこととなった。

旧知の人間が集まって食べて飲んでしゃべってという、罪のない集まりであった。

もちろんこれはこれで存分に楽しませていただきありがたく感じているが、なぜ彼が私に声をかけたのか、その趣旨がいまだにわからない。

もう一度、個人会員としてその会に戻ってきてほしいという話は出たが、それなら別に一席設ける必要もない。

借りの道すがら、お返しはお礼のメールだけでいいのだろうか、ずっと考え続けていた。


20180912.jpg
私のお気に入りの店である


 
20 : 56 : 19 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

働き方改革関連法対応~当社代表執筆『ストレスチェック面接医のための「メンタル産業医」入門』改訂第2版刊行のお知らせ

現代はストレスのたまりやすい時代であるとはよく言われるところです。
職場でのストレスチェックが法律で義務付けられるなど、ストレスの問題はいまや社会的な課題となっていることを実感します。
それだけに、会社が契約している産業医の存在が非常に重要となってくると思います。

そんな中、10月11日に櫻澤博文氏の『ストレスチェック面接医のための「メンタル産業医」入門』の改訂版が刊行されました。
これは働き方改革関連法に伴っての改正労働安全衛生法に対応している最新版となります。
ストレス過多社会とも言われるほどではありますが、少しでも軽減させることができればより幸せな人生が開けていくことでしょう。
同書が果たす役割には非常に重要なものがあると思います。

働き方改革関連法対応~当社代表執筆『ストレスチェック面接医のための「メンタル産業医」入門』改訂第2版刊行のお知らせ

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
12 : 45 : 33 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

9月11日(火)

月1回の眼科医の診察を受けてきた。

直接には”白内障”の治療ということなのだが、目薬を処方していただくだけのことである。

それでも、毎回、例外なしに必ず視力検査を行う。

そして、ほぼ毎回、お約束のように右が1.0、左が0.7という結果になるのだ。

白内障の進行状態のチェックはもちろんあるが、
「はい、大丈夫ですね。」
で、これもいつのどおりである。

通例とは違うのが、いつもは朝一に行っている眼科だが、今日は午後診で受けた。

午前中は受付の女性がいるのだが、午後は親先生が受付をやられている。

お支払いが終わったら、その親先生から
「ありがとうございました」
とのフレーズが出てきた。

一瞬、自分の耳を疑ったが、まさしく親先生からのお言葉である。

医療機関では、こういう場合は
「お大事に」
が定例句とばかり思っていただけに、戸惑いは禁じ得ない。

医師のご都合がつかないときは、親先生が患者の治療に当たることもあるので、現役第一線であることに間違いはない。

昨今の医院は事情が変わってきたのだろうか。

それとも、この親先生が受けねらいでやられているのだろうか。

驚きはそれだけではない。

医院を出ようと靴を履いていたら、医師が出てきて私の動作が終わるのをじっと待っている。

何か用事でもあるのかなと思っていたら、”お見送り”らしい。

65年間も人間をやっているので、数えきれないほど病院のお世話になってきた。

しかし、医師がわざわざ見送ってくださったというのは、これが生まれて初めてである。

待っている患者はいないので、医師の手は空いているのは確かだが。

昨年の11月からこの眼科医院に通っているが、今日は不思議な興奮に包まれながら帰宅した。

 
20 : 50 : 10 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

足利&江ノ島は再選。相模湖イルミリオンが新たに三大に!国内初のイルミネーションブランド 『関東三大イルミネーション』が新たな三大イルミネーションを発表しました!

イルミネーションの美しさに心を奪われない人はいないでしょう。
寒い夜であっても、一瞬、ハートが温かくなる思いをするものです。
イルミネーションは、造形美としては最高位に位置する存在と言っても過言ではありません。

一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューローは、10月5日に、関東三大イルミネーションお再認定の結果を発表いたしました。
足利と江ノ島は再選され。相模湖イルミリオンが新たに関東三大イルミネーションの中に加えられたのです。
日本のイルミネーションの魅力は世界からも注目されていて非常に誇らしく思います。
今後とも、この美しいイルミネーションの文化的な価値を全世界に発信していくべきではないでしょうか。

足利&江ノ島は再選。相模湖イルミリオンが新たに三大に!国内初のイルミネーションブランド 『関東三大イルミネーション』が新たな三大イルミネーションを発表しました!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
09 : 24 : 28 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

9月10日(月)

秋雨前線が停滞している。

当地は、昨晩から正午ぐらいまで、ずっと強い雨が降り続いた。

実はこのタイミングを待っていた私である。

以前に"てかとさん"のサイトで紹介されていた”防水シューズカバー”を試してみる絶好のチャンスだからだ。

靴の上からカバーで覆って水の侵入を防ぐという発想の商品である。

いっときは、靴下の上からスーパーのレジ袋を巻いて、その状態でスニーカーを履いたことも何回かあった。

靴下が濡れることはないにしても、スニーカーの中には雨水が入ってくるのは避けられない。

で、今朝は靴を履いたままでこのカバーを付けると、さすがに一滴の水も入っていない。

ただし、ファスナーをきっちり上まで閉じて、さらに調整ベルトをして・・・、となると手間がかかることは事実だ。

とはいえ、靴の中が濡れなくて済むことのメリットを考えると、十分に我慢ができる範囲のことである。

さしあたって、雨の日の散歩にはもってこいだ。

私が帰宅するのを見計らったように、アマゾンからメールが来ていて、商品の口コミをしてくださいと言ってきた。

ちょっと前なら、躊躇なく書いていたのだが、今日は見合せた。

昨今はある種の意図を持って口コミを書く事例も多く、ちょっとした問題となってNHKでも報道されたとの記事を読んだ。

こんなことが横行しているのならば、逆にカスタマーレビューはないほうがいいと思った。

商品に興味を持った人が、自分でいろんなサイトを調べた上で、買うかやめるかを決めるようにすれば混乱がなくていい。

今後、ネット通販で何かを買うときは、口コミ情報については参考程度にとどめておきたい。


20180910.jpg

20 : 01 : 38 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑

乾燥が気になる季節に!毎日使いたい注目の保湿アイテム! Qoo10「ボディケア」&「ハンドケア」人気TOP3をご紹介! ~定番ワセリンから韓国免税店限定アイテムまで、実際売れているのはコレ!~

DreamNews
今日のイチオシDreamNews


乾燥が気になる季節に!毎日使いたい注目の保湿アイテム! Qoo10「ボディケア」&「ハンドケア」人気TOP3をご紹介! ~定番ワセリンから韓国免税店限定アイテムまで、実際売れているのはコレ!~ eBay Japan合同会社


17 : 19 : 51 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

スポーツの秋到来!ランニングやジムトレーニング、ヨガで手軽に運動を! デザイン色々、おしゃれに楽しむ人気の「スポーツウェア」 ~おしゃれなヨガマットやランニングにおすすめのアイテムもご紹介~

DreamNews
今日のイチオシDreamNews


スポーツの秋到来!ランニングやジムトレーニング、ヨガで手軽に運動を! デザイン色々、おしゃれに楽しむ人気の「スポーツウェア」 ~おしゃれなヨガマットやランニングにおすすめのアイテムもご紹介~ eBay Japan合同会社



16 : 05 : 42 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

長崎・札幌は再選。神戸に変わり北九州が三大に!日本を代表する新たな夜景が決定。 『日本新三大夜景都市』 (通称:日本新三大夜景)を発表!

夜景の美しさには独特なものがあります。
昼の明るいときには見えなかったものが私たちを魅了してやみません。
不思議なもので夜景を眺めているだけでも、心がときめくものです。
旅行に行ったとき、ホテルや旅館の窓から眺めた夜景を楽しみにしている人は少なくありません。

さて、一般社団法人夜景観光コンベンション・ビューローは、2018年10月5日に『日本新三大夜景都市』の発表を行いました。
長崎市と札幌市は以前のままで、今回からは神戸に代わって北九州市がランキングされたのです。
長崎や札幌は言うまでもありませんが、北九州市は工場夜景ブームの流れもあって一気に浮上してきたのではないかと思います。
日本は美しい夜景に恵まれている観光大国だとの印象を強くいたしました。


長崎・札幌は再選。神戸に変わり北九州が三大に!日本を代表する新たな夜景が決定。 『日本新三大夜景都市』 (通称:日本新三大夜景)を発表!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
09 : 23 : 58 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

9月9日(日)

散髪に行ってきた。

実はどこに行くか迷ったのだが、以前に住んでいた家の近くのお店にこれからも通うことにした。

もちろんマンションの近くにも散髪屋さんはあるが、初めてのところというのはどうも入りづらいものがある。

お店のほうにしても、初めての客となると身構えるのではないか。

その点、通い慣れたお店なら、
「いつものとおりでお願いします」
の一言だけ言えば、後は寝ていてもいい。

今までの実績があるから、こちらとしても安心である。

また、スタッフは、私の肌がカミソリ負けしやすいことも知っているので、もし血がにじむことがあっても、あわてずに対応してくれる。

お互いに気心が知れているというのは気楽なものだ。

車で10分も走れば行ける距離だから、決して遠くはない。

思えば、結婚してその地に住み始めてからというもの、ずっとこの散髪屋さんに通ってきた。

息子もここに連れてきていた。

よくあるように、小さな子供が来たときは帰るときにオモチャをもらえるサービスがあり、息子が満面の笑みを浮かべながら選んでいた光景を覚えている。

そんな息子も、つい先日に32歳を迎えた。

私の記憶にはくっきりと焼き付いているが、息子はどのオモチャにするかあれこれ考えていたことなど、覚えていないだろうと思う。

息子は自分で髪の毛を刈っていると聞いたが、ほのぼのした思い出を作るチャンスを逸していることには気づいていないようだ。

 

19 : 45 : 20 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

パークフィールド株式会社は月額$39から本格的なオンラインスクール(講座)が運営できる海外クラウドTeachableを利用したオンラインスクールサイト制作サービスを2018年10月9日より開始。

現代というのは、オンラインで何事もこなしていく風潮が顕著になってきています。
もちろん、インターネットが発達したことによる恩恵を受けているからです。
とりわけクラウドサービスの普及によって、一般のユーザーはどこにいてもアプリやデータを利用できるようになりました。
今、多くの会社がオンラインでの講座を立ち上げるに至っていますが、昨今では個人でもオンラインスクールサイトを作る傾向が出てきています。

パークフィールド株式会社は、2018年10月9日より、オンラインスクールで知られている海外クラウドサービス「Teachable(ティーチャブル)」を利用したオンラインスクールサイト制作サービスを始めたとのニュースを聞きました。
スクール会員管理や講座カリキュラム管理、自動メール配信管理なども簡単にできるというから、非常に使い勝手はいいと思います。
それでいて、負担すべき費用というのは、プラン別の月額費用のみで、たとえばベーシックプランであれば月額39ドルで、販売手数料5%だけというリーズナブルさです。
これには驚きを禁じ得ません。
オンラインスクールサイト制作サービスは、ライフスタイルを抜本的に変えてしまうような気がします。

パークフィールド株式会社は月額$39から本格的なオンラインスクール(講座)が運営できる海外クラウドTeachableを利用したオンラインスクールサイト制作サービスを2018年10月9日より開始。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
15 : 21 : 26 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する