2月28日(水)

3歳の孫が、youtubeで”アンパンマン”の動画を見るのを大の楽しみにしている。

その動画というのはアニメではなく、人形劇の形になっている。

孫は、自分の母親のスマホか、祖母(私の妻)のノートパソコンで夢中になって見ているのだ。

完全に魂が乗り移っているようで、ときおり、自分も何かを語りながら完全に動画の出演者になりきっている。

ひどいときは3時間ぐらい連続して見ていることもある。

今日がそうであった。

妻のノートは17インチあるので、迫力もあるのかして、孫はいたくお気に入りだ。

youtubeを見ている間は孫の相手をしなくて済むので、妻もかなりストレスからは解放されるようだ。

私がスマホを持っていることは、孫も当然知っているが、私のスマホを使わせてくれ、とは全く言ってこない。

貸さないとわかっているからだろう。

ネットにつながっている情報機器を3歳の子に使わせるのは、極めてリスクが大きいと思う。

好奇心旺盛な年代だから、スマホのいろんなところを触っていて、”110番”に電話がかかってしまったら大変なことになる。

そもそも、私のポリシーとして、スマホやノートパソコンは大人であっても他人に貸すことを避けている。

ましてや、何もわからぬ幼児に使わせていいものではないと思う。

孫は、なぜかテレビの録画でアニメを見るのは、あまり好きではないようだ。

幸いにして、ネットのyoutubeなら地球上のどこででも見られる。

孫にとっては幸運なことだ(笑)。

 
スポンサーサイト
20 : 28 : 34 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑

【エントリー受付中】南米最大のアニメフェス「Anime Friends」公式レポーターオーディション参加者を受付開始!採用者にはイベントステージ出演権など豪華特典も盛りだくさん!!

株式会社アセティアは、2018年3月15日より、南米最大のアニメフェス「Anime Friends 2018」の公式レポーターオーディションの募集を行っています。
このイベントは来場者数10万人を超える人気を誇っています。
日本はアニメ文化は先進的な発展を示しており、一種の文化として海外にもアピールできるものだと思います。
「Anime Friends 2018」はその絶好のチャンスだと言ってもいいでしょう。
その公式レポーターに選ばれたら、往復の旅費や滞在費はじめ、イベントステージへの出演権や現地メディアへの掲載などの特典もついてくるそうです。
これはうれしいですね。
Anime Friends公式レポーターオーディションへの応募は4月15日が締切で、オーディションは5月中に実施する予定です。
夢の広がる企画だと思います。

【エントリー受付中】南米最大のアニメフェス「Anime Friends」公式レポーターオーディション参加者を受付開始!採用者にはイベントステージ出演権など豪華特典も盛りだくさん!!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
13 : 18 : 58 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

折畳電動バイク Cute-mL】2018年4月1日より全国販売開始

2018年4月1日より、株式会社アクセスは、【折畳電動バイク Cute-mL】を販売いたします。
【折畳電動バイク Cute-mL】は、リチウム電池を搭載していて、車両の重量は25㎏と大変に軽量化されているのが大きな特徴です。
ですから女性でも取り回しが簡単にできます。
これなら、アウトドア活動に使っても非常に役に立つこと必至です。
私なら、車のトランクに積み込んで出先で走り回ります。
遠隔地までは車で行き、そこでは小回りのきく電動バイクで大いに楽しめるからです。
道路運送車両法に合わせて改良されたバイクですので公道走行可能ですから、活用の仕方は無限に広がるのではないでしょうか。
夢が大きく広がるアイテムだと思います。
現代人のニーズにぴったりの新製品だと感じました。

【折畳電動バイク Cute-mL】2018年4月1日より全国販売開始

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
13 : 09 : 53 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2月27日(火)

息子一家の送別会を兼ねて、娘一家と食事に行った。

地元の豚しゃぶのお店で鍋をつついたのである。

食べ放題で2,680円だから、わりとリーズナブルだと思う。

しかも、3歳以下は無料、60歳代は2,140円と、年齢別の料金体系になっているから、お得感は満載だ。

もちろん、ウドンや野菜なども好きなだけ食べられる。

人気店なので開店と同時に行かないと順番待ちになるというので、開店直後の5時10分に入った。

これなら悠々と豚しゃぶを楽しめると思いきや、追加注文するとかなり待たされた。

夕方の5時代には、スタッフの数も少ないようだ。

接客担当は二人しかいない。

6人席で一つのコマを作っていて、ざっと20ぐらいのコマがあるから、あっという間に埋まってしまう。

二人だけではおっつかないのは疑いようもない。

豚肉の注文で5分の待ち時間は耐えられるが、ダシが減ってきたので追加を頼んだが、お店の人がやってきたのは10分近くしてからであった。

おそらく、これは忘れられていたのだと思うが。

皮肉なことに、7時近くになってきて客数が増えてくると、スタッフの数も多くなってきたのか、対応も早くなってきた。

ただし、その時間ともなると、廊下で待っている人の数も半端ではない。

総合的に判断して、開店直後に店に入ったのは、決して間違った発想ではないと確信した。

おいしいものを食べさせてくれる店というのは、自然と客が集まるものだ。

 
20180227.jpg

21 : 33 : 34 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(5) | page top↑

2月26日(月)

お昼の弁当を買いに、”ほっともっと”に行った。

実は、手作り弁当のお店があって、そこに行くつもりにしていたのだが、行ってみてびっくり、月曜日は定休日だという。

仕方ないので、近くに”ほっともっと”があったのを思い出し、初めて、行ってみた。

当たり前だが、スーパーと比べるとメニューの種類が実に豊富である。

ただ、新参者には店頭のメニューの見方がよくわからない。

「おかずだけ」の商品があったり、期間限定の値引きが書かれていたり、混乱した。

いや、自分の弁当だけでなく、嫁の分も用意しなければならない。

嫁に何を選べばいいかのか、それが悩ましい。

すき焼き弁当とビフテキ重に、豚汁をプラスして買った。

思いのほか、高い値段がついた。

ただ、食してみると、温かいままだし、ご飯の味も違うような気がする。

熱いままの豚汁は文句なしにうまかった。

スーパーやコンビニの弁当は大量生産されているが、弁当屋さんでは、下ごしらえしていた食材を料理して仕上げる点に付加価値があるのかもしれない

スーパーで買ってきた弁当を電子レンジで加熱しても、弁当屋さんの味には追いつかない。

やはり値段だけのことはあると、あらためて感じた。

今週末で同居生活も終わりだし、昼飯のことをあれこれ考えるのも、あとわずかである。

来週からアメリカでの生活が始まる嫁は、大阪での同居生活での昼食のことはすっかり忘れてしまうような気がする(汗)。

 
20 : 24 : 23 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

介護のお助けアイテム『介護用おむつセンサー』を3月30日に発売を開始します

介護の問題は避けて通れない話となってきました。
具体的には、おむつの交換も大事な課題だと思います。
株式会社アイキューラボは、3月30日から介護用おむつセンサーを販売いたします。
これは、装着している人のおむつが濡れたらアプリで知らせしてくれるシステムになっているのです。
現実問題、介護が必要とされている人を、四六時中見ておくのはあまりにも大変です。
この介護用おむつセンサーを使えば、もしおむつが濡れても気がつきますので、介護に携わっている人の負担が大きく減じることとなります。
また、おむつの交換回数や排泄の回数をクラウド上に記録しておくことが可能ですので、介護対象となっている人の体調管理にも利用できます。
現実の社会では介護に疲労困憊してしまった事例もよく耳にするところです。
介護用おむつセンサーは介護の負担を抜本的に変えてくれるとの期待を持てます。

介護のお助けアイテム『介護用おむつセンサー』を3月30日に発売を開始します

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

16 : 32 : 01 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2月25日(日)

息子が小学校時代にお世話になっていた野球部の総会があった。

いまだに、形だけではあるがお手伝いをさせてもらっていることもあり、毎年、お招きにあずかっている。

食事会もあったので、朝の9時から夕方の4時までたっぷりとかかった。

久しぶりに会う面々は懐かしかったし、盃を交わしていると知らない間に時間は経っていく。

もちろん、会場に向かう直前に家で龍角散を飲んでいったのだが、5時間も経つと、また咳の発作が出てきたのである。

朝のうちは息をひそめていた咳症状が、急に目をさましたかのように暴れだした。

ちょうど会食の最中に咳が止まらなくなり、まわりの人たちにはご迷惑をおかけしたことと思う。

帰宅して、すぐさま龍角散を飲んだことは言うまでもない。

ただ、龍角散の飲み方にはテクニックが求められる。

水で飲んではいけないと、強調されている。

成分が喉に直接効果をもたらすので、水は大敵だというのだ。

また、
「舌の上に薬をおき、ゆっくり溶かすようにしながらのどの奥の方に運んでください」
と書かれているが、私のように不器用な人間には至難の業だ。

つい、飲み込んでしまいがちになる。

指示された飲み方をマスターできたころには、咳も完全に治っているかもしれない(汗)。

 
20 : 08 : 17 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

2月24日(土)

今日の昼ご飯は、うどんであった。

最近は、鶏の唐揚げやトンカツ、ハンバーグなどと、脂っこい食事がが多かっただけに、内心は救われた思いである。

うどんには豚肉が入っていた。

大阪の人間が”肉うどん”といえば牛肉を入れるのが常識だが、家に豚肉が余っていたこともあって、今日は豚が入っていたのである。

豚肉うどんを食べるのは、生まれて初めての経験であった。

私など、最近は豚肉のほうが牛肉よりも好きになっているので、全く何の抵抗もなかった。

そういえば、お好み焼きも、以前から、私は豚肉入りのものを好んで食べている。

考えようによっては、関西人も単なる食わず嫌いであって、豚肉を積極的に食材として取り入れていけば、たとえばカレーライスや肉じゃがであっても、豚肉の味を楽しめるのではないか、と思う。

納豆やパクチーの匂いに嫌悪感を持っていた人でも、何らかの事情で食べなければならない場面に追い込まれて、それがきっかけで病みつきになった、という話もよく聞く。

ただし、それは食べ物の話であって、人間関係の場合は「なんとなく合わない」と感じる人のことは、なかなか好きになれないものだ。

ウマが合わないと感じたら、何度となくお酒を飲み交わしても、打ち解けることは難しいのが現実のようである。

もっとも、これは私だけのことであって、世間の普通の人はそんなことはないのかもしれない(汗)。

 
19 : 39 : 06 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑

2月23日(金)

先日、”咳が止まらない”ことを書いたら、多くの人からアドバイスを頂戴した。

皆様のご親切には頭の下がる思いである。

とりわけ、龍角散を飲んで咳喘息をたちどころに止めたとのブログ記事をご紹介いただき、大いに心を動かされた。

今日、薬局まで龍角散を買いに行った。

私も子供時代に、咳止めとして飲んだことを覚えている。

そのときの効果がどうであったかは覚えていない。

ただ、マイナスの影響はもたらさなかったはずなので、試してみようと思った。

実は、あさっての日曜日に会合に出ることになっている。

そのときまでに、症状を軽くしておきたい。

そんなわけで、結構、切迫感を持っているのである。

龍角散は一日に3~6回服用することとなっている。

添付の小さなスプーンで薬を山盛りにして、15歳以上は1杯分を飲むように書かれている。

私の年齢は15歳をはるかに上回っているので、何のためらいもなく1杯分を飲んだ(汗)。

日本の市販薬が「15歳以上」を”大人”としているのは、なんでも、肝機能が発達して大人と同じレベルになるのが15歳だからと聞いたことがある。

なお、今日は龍角散4杯分を飲んだが、気のせいか、少しは症状が緩和したような気がする。

もちろん、これにはほかの要因も考えられる。

自然に治癒してきた、処方薬が効いてきた、今日はスーパー銭湯に行った・・・・等々が作用しているかもしれない。

いずれにせよ、もしあっという間に治っても、かかりつけ医には龍角散のことは秘密にしておく。

患者が自分の判断で勝手に飲んで、それが効果を発揮したということであれば、医師にしてみればあまり気分がよくないだろう。

大人の判断(のつもり)である。

 
20180223.jpg

20 : 19 : 15 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑

2月22日(木)

民放のテレビ局にとっては、視聴率にまさる重要関心事はほかにないだろう。

いやNHKにしても、自社で放映している番組がどれほどの人に見られているかについては、気が気でないと思う。

テレビ局にとっては、視聴率は勤務評定そのものであり、自分たちがやった仕事の成績表にほかならない。

私が見ているテレビドラマは、『相棒』とNHKの大河と、あとは気が向いたときに再放送の『水戸黄門』を見るぐらいのものである。

NHKの大河は、受信料の元をとるため(汗)と、従来からの惰性によるものだ。

ただ『相棒』についてjは、結構、身を乗り出して見ていた。

「見ていた」と過去形にしたのは、最近は、以前ほどの魅力を感じなくなったからである。

昨晩21日の放送にしても、録画でご覧になっている人もいられるようなので詳しい内容は書かないが、ストーリー展開があまりにも月並みであった。

犯行に及んだ動機も首を傾げるものだし、真相解明に至るプロセスも偶然性の要素が強過ぎた。

シナリオが平凡であり、ほかでやっている”刑事もの”と変わるところがない。

全盛期という言い方は適切ではないかもしれないが、『相棒』が大評判を呼んでいたころは、とにかく完成度が高かった。

細部に至るまで慎重に練られ、丁寧に制作されていた作品であったと思う。

だからこそ見ていても感情移入できたのである。

『相棒』が劣化したというのは、私だけの感想ではない。

この記事を読むと、視聴率が落ちている背景が見えてくる。

とりわけ、再放送の番組のほうがその週に放送したレギュラー放送よりも視聴率が高いことがあるとの指摘には、うなずける部分がある。

過去の番組のほうが面白かった、というのは私も全くの同意見である。

いっときのように、オープニングの音楽を聴くだけで期待感がわいてくるような高ぶりは、もう望めないのだろうか。

 
20 : 11 : 59 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑

2月21日(水)

市から介護保険料の請求書が送られてきたので、家の近くの郵便局へ納付に行ってきた。

駅からも離れていて、住宅街の中のマーケットの一隅にある郵便局である。

利用客はかなり少ない。

局の経営にとってはどうだかわからないが、私にとっては人があまり来ていないというのは助かる。

順番待ちの必要がないし、見知った人に出会うこともほとんどないからだ。

今日は、珍しく二つの窓口に二人の客が立っていた。

ちょうど私が入った直後に、そのうちの一人の人が終わったようなので、これ幸いと、その窓口に行った。

すると、窓口にいた職員の人から丁重に、
「今回は結構ですが、次回からは機械で整理券を発行して番号が表示されてから来ていただけませんでしょうか」
と言われたのである。

釈然としない思いを感じながらも、「はい、すみません」と口先だけのお詫びをしておいた。

銀行でよくある整理券発行機であるが、3人以上の人が待っているのであれば”整理”の必要もあろうが、窓口に一人だけというのなら、見ればわかるはずである。

あえて機械を使うべき必然性はないと思う。

民営化してかなりの年月が経っているが、いまだにこういった形式主義が残っているから、習慣というのは恐ろしい。

機械化が進めば、人間はだんだんと物を考えなくなってしまうような気がする。

 
20 : 32 : 31 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑

2月20日(火)

1月に風邪を引いて、それはすっかり治ったのだが、いまだに咳だけが止まらない。

ほぼ3週間になる。

熱とか倦怠感などといった風邪特有の症状は全くない。

純粋に咳だけが出ているのである。

どちらかというと、空咳のようなイメージだ。

先週にかかりつけ医に行ったときにお尋ねしたが、ガンや結核などといった重篤なものではないと言われた。

そりゃそうだと私も思う(汗)。

「咳喘息の可能性はあるかもしれないが、おそらくは強い寒さと空気の乾燥の二つの条件が重なって、咳が続いているのではないか」
とのお考えであった。

咳止めの薬をいただいて、続けざまに出るときは頓服として飲むように言われた。

一時的な効果は感じられるので、それだけでも救いがある。

俗説として、ハチミツがいいとはよく聞くが、まだ試していない。

私の場合、菌をまき散らしているのではないにしても、ゴホンゴホンの音はまわりに不快感を与えていることだろう。

赤ちゃんが近くにいたときなど、びっくりしたのか泣き出したこともあった。

早く治ってほしいが、咳が止まると、次は花粉症の季節である。

一難去って、また一難だ。


21080220.jpg


 
20 : 10 : 31 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑

歯のホワイトニング専門店Whitening BAR(ホワイトニングバー)

健康的な歯は、ほかに人にも好印象を与えることは言うまでもありません。
笑顔になったとき、真っ白な歯が見えたら、誰しもが好感を持つに違いありません。
それほど、白い歯というのは大切なポイントになってくるのです。
株式会社ピベルダといえば、芸能人が通うホワイトニング専門店Whitening BARを全国展開している会社として広く知られています。
このたび、高崎エリアに歯のホワイトニング専門店を出店することとなりました。
そのオープンを記念して、先着50名を無料招待することとなったのです。
3月20日より、同社のホームページから、紹介者の欄に「50人キャンペーン」と記載の上、予約することができます。
高度なサービスを無料で受けられるというのは、めったにないチャンスです。
Whitening BAR高崎店は間もなくオープンです。


高崎店オープン記念! 先着50名様無料ご招待キャンペーン 歯のホワイトニング専門店Whitening BAR(ホワイトニングバー)

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
13 : 18 : 36 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

4月1日(日)からの『大阪北港マリーナテニスコート』の施設運営

多くの自治体が市民のスポーツ振興に積極的に取り組んでいます。
民間会社にスポーツ施設の運営を委託することにうよって、より市民が活発にスポーツ施設を利用できるように取り計らっているのが一般的な手法です。
biid(ビード)株式会社も、大阪市より常吉西臨港緑地内テニスコートの使用許可を得て、『大阪北港マリーナテニスコート』の施設運営と利用予約受付を任され、その実務をスタートさせています。
昨今、スポーツをしたくても場所がないとの不満が、市民の間からもよく聞かれるようになりました。
また、施設を使用するための料金が高かったり、あるいは、施設のある場所が遠隔地で不便だ、との不平も少なくありません。
今回のケースでは、大阪市内のテニスコートが対象となっていて、利用者にとっては非常に利便性が高いことjは確実です。
この企画がもっと普及していくことを願ってやみません。

biid(ビード)株式会社、大阪市より常吉西臨港緑地内テニスコートの使用許可を得て、4月1日(日)からの『大阪北港マリーナテニスコート』の施設運営と3月20日(火)からの利用予約受付の開始を発表。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

09 : 50 : 45 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2月19日(月)

3歳の孫を、近所の保育所で一時預かりしてもらっている。

基本的には、朝の9時から夕方の5時までである。

今年になって、今日で10回目であった。

赤ちゃんなら寝る時間もあるし、授乳やおむつの取り換え以外には、さほど時間がかからない。

ところが、3歳の子となると、事情が違う。

大人一人が付いて相手をする必要が出てくる。

そうすると、その子の母親の用事が全くできない。

いまだに、アメリカの息子と連絡を取り合って、持っていくものをどうするか、家電は何を使うか、赤ちゃんの離乳食はどうするか等々、丁々発止、やり合っているぐらいだ。

そんなとき、まる一日、子供を預かってくれるサービスは大いに助かる。

特に母親にとってはリフレッシュにもなる。

私は送迎だけだから、詳細な事情はよくわからないが、保育所によって子供との接し方が全く違うようだ。

世間話として聞いたが、子供を時間から時間まで預かるだけのところと、子供と一緒に遊んでくれるところと、きれいに分かれるらしい。

孫がお世話になっている保育所は、遊ばせてくれるところだから、孫にとっては決して苦痛ではないと思う。

ときには、保育所で覚えてきた遊びを家でもやっていることがあるほどだ。

だから、最初のうちは保育所に行くのを嫌がったが、いまは逆に、迎えに行ったときに「帰りたくない」と言って駄々をこねることもある(笑)。

片や、いま5歳の孫娘が3歳のときに通っていた保育所は、子供が事故や怪我のないように見ているだけの対応であったようだ。

だから、行くのを極度に嫌っていたことをいまだにはっきりと覚えている。

子供には、そのへんのことが直感的にわかるものだ。

とかく絶対数がら足らないと問題になっている保育所だが、実際に都会で新規にオープンするとなると大変らしい。

まずは近所の住民が反対し、そして、厳しい規制がかかっているので相当に広い土地を持っていて、設備を設けられる資金力がないことには、新たに保育所を作るのは無理だという。

規制緩和を大胆に行なえば、それだけでも子供を預けたいと切望している親には、大きなプラスとなるのは間違いない。

ただ、既得権益を持っている側からすれば、新規参入は認めたくないというのが本音だろう。

都会での保育所不足の問題は、よほどの大なたを振るわない限りは解決しそうにない。

 
20 : 55 : 53 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

2月18日(日)

久しぶりに、『そこまで言って委員会』をテレビで見た。

面白かったシーンは、朴一教授が北朝鮮の鳴り物入りの女性応援団についての裏話。

氏によると、いままでより容姿のレベルは下げているとのこと。

それは、北朝鮮の最高権力者の妹金与正氏が特使として派遣していたが、彼女を引き立てるための処置であったらしい。

あまりに美しすぎる人を選んで応援団を作ると、金与正氏の輝き度合いに陰りが出るから、あえて応援団の「質」を下げたという。

そういえば、金与正氏もなかなかの美人である。

もし、彼女が十人並みの女性であれば、こういった不自然な対応はしなかっただろう。

また、ネットでの情報であるが、応援団の年齢層もかなり上がっているとの見方がある。

金与正氏が30歳だから、それ以上の年齢の女性を集めた、というのがもっぱらの話だ。

事実かどうかはわからないが、私が見ていても、なるほどぞれなりの年齢を感じさせる表情の女性もいた。

それにしても、かの国の指導者層も、こんな部分で頭を悩ませなければならないのだから、それはそれでご苦労なことだと思う。

しかし、F1のレースクイーンが女性差別であるならば、北朝鮮の女性応援団も例外ではない。

どうも、あの国のことは表立って批判をできない空気があるのがもどかしい。

美人というのは何かと人騒がせなものだ。

 
20 : 15 : 18 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑

これは便利だ!スマホにレシートが届く!

レビューブログ様からの情報に基いて記事を書かせていただきました。

お店で買い物をしたときに受けとるレシートがきになったことがありませんか?
もらったレシートを財布に入れていきますと、目いっぱいに膨らんでいくのはあまりスマートなものではありません。
また、家計簿アプリで管理しているときには、受け取ったレシートを毎日入力していくのは、思のほか面倒なものです。
さらに環境問題の観点からも、レシートの節約をしたいものです。
そんな悩みを一挙に解決したのが、スマートレシートのアプリです。
ダウンロードして会員登録するだけで、あとはお店の会計のときにスキャンするだけでいいのです。
これは本当に便利だと思います。
そもそもレシート自体、よほどのことがないかぎりは、家計簿をつけ終わったら捨ててしまうことが多いのではありませんか。
あまりにもったいないです。
スマートレシートがあれば、データとしてずっともっておけますので、もし必要が出てきたら使うことができます。
使用可能な店はどんどん増えていっています。



ブログで口コミプロモーションならレビューブログ


13 : 13 : 47 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2月17日(土)

用事で出かけているとき、妻から私のスマホに電話が入った。

買うのを忘れたものがあるので、外に出たついでに買ってきてほしいというものだ。

3歳の孫が好きなペットボトル入りの麦茶であり、銘柄まで指定されている。

自宅近所の食品スーパーでは置いていないらしい。

仕方なしに、総合スーパーまで寄って買うことにした。

麦茶1本を買う手間は知れているが、問題は駐車料金である。

そのお店では、1,000円以上の買い物をすると、2時間までは駐車料は要らない。

300円の駐車料金を浮かすために、麦茶以外の商品も一緒に買おうと血眼になった。

その麦茶の値段は118円である。

1,000円まではかなり遠い道のりだ。

しかも、つい先日に5%引きのセールがあって、そのときに必要なものはしこたま買い込んでいる。

急ぎのものは何もない。

しかし、それだと駐車場代を払わなければならなくなる。

そこで、いずれは使うであろうもので、腐らないものを買うことにした。

歯のケアのツールと、ごみ袋である。

さらに、孫が好きな鶏の唐揚げも買った。

これで、1,000円をほんの少し超える購入金額となり、めでたく駐車料金は無料となった。

結構、時間はかかったが、達成感に浸りながら自宅へと帰っていったのである。

食卓の上を見てびっくり、昼食は鶏の唐揚げ弁当であった(汗)。

それがわかっていれば、ほかのものを買ったのに。

ちなみに、スーパーで員数合わせのために買った鶏の唐揚げは税込で302円、駐車料金とほぼ同じなのである。

いっそ、スーパーでは麦茶だけを買って、駐車料金の300円を支払ったほうが、結果的には無駄がなかったことになる。

このレベルの判断力がない自分に、本当に困っている。

 
20 : 16 : 49 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑

2月16日(金)

今日は旧正月であった。

とはいえ、今朝のニュースを見るまで気がつかなった。

私も、実際のところ、旧正月にはさほど関心がないというのが偽らざるところだ。

新暦の1月1日にお正月を盛大に祝い、2月4日に立春でを迎えたばかりで、これで3回目の正月となれば、あまりに多忙過ぎる(汗)。

日本を除いてのアジアの国では旧正月で新年を祝うのが一般的で、中国の春節が特に有名だ。

日本では、明治の初期から新暦を採用し、元日も1月1日にしてしまった。

「西洋に追いつけ追い越せ」と血眼になっていた時代、新暦の導入は、国の発展のために必要な流れであったのかもしれない。

それ以来、どんどん寒くなっていくタイミングで新しい年を迎えることになったのだ。

季節感を大切にするなら、寒いとはいえ、徐々に暖かさが出てくるであろう時点で年が改まるほうが、”新春”という言葉にもふさわしいのではないか。

明治の時代に、にわかに新暦に変えてしまったものだから、”正月”以外にも矛盾が生じてくるイベントは少なくない。

お雛祭りにしたって”桃の節句”というぐらいだから、本来は温かい季節に祝うべき性質のものである。

しかし、新暦の3月3日といえば、まだまだ寒さが残っている季節だ。

あるいは、七夕祭りも新暦だと7月7日で梅雨の真っただ中である。

年に一度の逢瀬が雨天中止になるリスクは非常に高い。

いずれも旧暦で祝っていれば、こんな混乱は起こっていないはず。

「明治150年」の今年、当時の人たちのご苦労には頭が下がる思いだが、いきなり新暦に変更してしまったのは早計ではなかったかと、そんな疑問を覚えてならない。

 
20 : 58 : 57 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

春のお花見コーデ!肌寒い夜でもおしゃれに着こなす Qoo10「レディースアウター」販売ランキング! ~2018春先の本命!ロング丈トレンチコート、ライダース~

DreamNews
今日のイチオシDreamNews


春のお花見コーデ!肌寒い夜でもおしゃれに着こなす Qoo10「レディースアウター」販売ランキング! ~2018春先の本命!ロング丈トレンチコート、ライダース~ ジオシス合同会社



16 : 24 : 31 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2月15日(木)

”偶数月の15日”といえば、一定以上の年齢の人には楽しみでならない日だと思う。

年金の振込日である。

二カ月分がまとめて振り込まれることになっている。

私にとっては、今日が満額支給される初めての年金であり、それだけに感慨深いものがある。

60歳になってから受けてきた特別支給の年金のおよそ倍に近い金額であるから、私にとっては大きな収入増だ。

人生のステージが一つ上がったような気がして、心が躍る思いを禁じ得ない。

ところで、年金に関しては、世に都市伝説が横行している。

私が学校を出て会社に就職した40年前に、経理課長から、
「君が受給できる年齢になっても、おそらく年金を受け取ることはできないやろ。」
と言われたことを思い出す。

それを聞いたときは、大きなショックを受けたものだ。

くだんの経理課長だけではなく、テレビや新聞も、事あるごとに年金制度は破綻寸前だという話が何回も出てきたし、今もささやかれている。

国会でもこの議論がなされたり、テレビや新聞でも「年金制度破綻」に関するテーマでの討論会やセミナーなどが頻繁に行われた。

しかし、現実には、少なくとも私には支給されているではないか。

考えようによっては当然のことで、もし年金制度が破たんしてしまったら、収入のなくなった老人は生活保護を申請せざるを得ない。

そうなると、今度は政府の財政が破綻してしまうし、とてつもない社会不安をもたらすこと必至だ。

そんな事態を避けるため、政府としては税金を投入してまで制度を支えているのである。

もちろん、年金給付額を減らし、逆に保険料負担を増やすなどの調整をしながらも、基本的な枠組みは全く影響を受けずに支給されているのが現実だ。

だから、テレビや新聞で語られている「年金破綻」は全くリアリティがない。

メディアの立場としては危機感をアピールすれば視聴率や販売部数を増やせるのだろうが、それが災いして、若い人に対して将来への無用な不安感を植え付けている副作用もあると思う。

「日本人一人当たりの国の借金・・・」という表現も全く同様で、根拠はないものだ。

テレビを見ない、新聞を読まないという人が増えてきたらしいが、正しい判断能力を保つためには望ましい態度ではないかと最近の私は考えている。

玉成混交ではあるが、ネットのほうが価値ある情報と出会える可能性が高い。

 
20 : 22 : 49 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑

技適マークがついた「Essential Phone日本語版」がAndroid8.1にメジャーアップデート。適法に日本使用が可能に。

スマートフォンは現代人には必須のツールとなりました。
私など、外出のときに持って出るのを忘れたり、あるいは、外でバッテリー切れになりそうだと気づくと、気が動転してしまうほどのショックを受けます。
もはや不可欠なアイテムとなっているのではないでしょうか。
インポートモバイルは、日本で発売されていない海外製デバイスを取り扱っていることで知られています。
同社は、3月15日に、米Essential社製のAndroidスマートフォン「Essential Phone日本語版」の取り扱い開始を発表いたしました。
これは、技適マークを表示したAndroid8.1にメジャーアップデートしたもので、日本国内で違法性なく使用可能なものなのです。
Essential Phone日本語版は多くの可能性を秘めています。
きっと大きな話題になるに違いありません。

技適マークがついた「Essential Phone日本語版」がAndroid8.1にメジャーアップデート。適法に日本使用が可能に。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

17 : 40 : 39 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2月14日(水)

”縁なき衆生”という言葉があるが、私にとって全くかかわりを感じない記念日とかイベントというものがある。

幾つもあるが、その中でも著しく疎外感を覚えるのが、今日のバレンタインデーである。

世間で話題性が高いという事実は承知しているが、自分とは何の関係も感じない日なのだ。

ちょうど、NHKの天気予報で海外の天気がどうなるかを見ているときの気持ちのようなものである。

といって、この日に、決して反感を持っているわけでもない。

ただ、今までの私の人生において心の弾むような体験をしたことがないから、疎外された印象を持ってしまったのだと思う。

もし、あくまでも仮定の話であるが、橋本マナミさんからチョコレートをもらったとしたら、印象は真逆になっていたと思う。

バレンタインデーともなると、この世がバラ色に輝き、まぶしさに耐えられないほどの明るさで一杯になっているはずだ。

ちなみに、午後8時の時点では、わが家の郵便受けには彼女からのチョコレートは入っていなかった(汗)。

ところで、バレンタインの日はチョコレート業界が販売促進を意図して推し進めてきたとの説が、まことしやかに語られている。

私もそれを信じていた。

しかし、wikiによるとそうではないようだ。

なんでも、オイルショックによる不況の時代、バレンタインデーに、小学校高学年から高校生までの学生層がチョコレートを贈ったところからにわかに拡大した、との研究報告があるらしい。

チョコレートの売上が急増したというから、爆発的に広まったことは想像に難くない。

その仕掛人が小中高生であったというのが面白い。

意外な人たちが世の中を動かしているものだ。

 
20 : 38 : 26 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑

法人リストダウンロードサイト「リストス」を2018年2月14日にサービスリリース!

営業展開を図るためには、顧客リストの活用は非常に有効となります。
リストがあることによって、営業をかける目標地点が明確になり、効率的な業務推進ができるからです。
2018年2月14日に、株式会社FTJはテレアポ代行会社が提供している160万件の法人リスト「リストス」をサービスリリースいたしました。
会員登録さえすれば、完全無料でしかも無制限に、全国の法人リストをダウンロードすることが可能となります。
もちろん用途は自由です。
これほど有用な営業ツールが無料で使えるのですから、ダウンしない手はありません。
手掛かりなしに飛び込み営業をするのは、あまりに非効率です。
「リストス」は、営業効率を飛躍的に高めることは必至です。

テレアポ代行会社が提供する160万件の法人リストダウンロードサイト「リストス」を2018年2月14日にサービスリリース!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
14 : 33 : 19 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2月13日(火)

自宅の前は対向二車線道路となっている。

いま、片側が街路樹の剪定作業のため、一車線がふさがっている状態だ。

昨日から始まったが、高木の枝を切っているので期間も長くかかるのだろう。

道がふさがっているというので、交通誘導員が出て事故のないように対応している。

今日、近所の三叉路の道を走っていたら、たまたま左側の道から左折しようとしている車があった。

誘導員のほうを見たら、赤い旗を肘を曲げて持っていて、右手首を小刻みに回している。

意味がわからなかったが、道交法での優先権はこちらにあるので、減速しながらそのまま進んだら、誘導員が困惑したような表情を見せていた。

おそらく、彼としては左折しようとした車を先に行かせようとしたのではないかと、その直後に考えた。

ただ、それなら明確に赤い旗を私の車の前に出して止めてほしかったと思う。

おそらく、この冬一番の寒さの中での作業だから、体が縮こまってしまって腕が伸びなかったのだろう。

しかし、彼らの仕事は明確に”Go”と”Stop”を示すことにある。

それが最大の責務であり、それができなければ仕事をしているとは言えない。

・・・・と、ここまで書いてきて、息子が学生時代のアルバイトで、競馬場の駐車場で交通誘導員をやっていたことを思い出した。

簡単な研修を受けて、いきなり現場に出されたらしい。

警備員になる条件の一つとして、「破産者ではないこと」というのがあり、市役所まで書類を取りに行ったこともあった。

そんなことが頭に浮かんでくると、交通誘導員の仕事にも共感の思いがわいてくる。

勝手なものだ(笑)。

 
20 : 14 : 51 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

「タクティクスRPG -孤高の職人-」iOS版の配信をお知らせします。

ロールプレイングゲームは時間の経つのを忘れるような面白さがあります。
一旦やりだすと、まるで自分がゲームの登場人物にでもなったかのような臨場感を覚えるのは、私一人ではないでしょう。
nekosukoといえばスマホ向けゲーム制作で有名な会社ですが、ダンジョン探索ロールプレイングゲーム『タクティクスRPG -孤高の職人-』を開発し、2018年3月よりiOS版の配信をスタートさせています。
3Dドット絵のキャラクターがストーリーを展開するものです。
血沸き肉躍る思いを禁じ得ません。
しかも、このゲームは完全無料で無課金という大きな特徴があるのです。
謎解きの楽しさもあって、夢中になること必至です。
100種類以上のアイテムをダンジョンにある宝箱から手に入れることができ、楽しさはどこまでも膨らみます。
おそらく、どんな人でも虜になってしまうに違いありません。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

14 : 32 : 19 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

今春、胸キュン!SNS映えスイーツ Qoo10「いちごスイーツ」販売ランキングを発表 ~ホワイトデーは、サプライズで「マカロン」モチーフのグッズがおすすめ!~

DreamNews
今日のイチオシDreamNews


今春、胸キュン!SNS映えスイーツ Qoo10「いちごスイーツ」販売ランキングを発表 ~ホワイトデーは、サプライズで「マカロン」モチーフのグッズがおすすめ!~ ジオシス合同会社



14 : 31 : 06 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

2月12日(月)

朝型人間のせいもあって、テレビを見るのも早朝の時間帯がメインになってくる。

ウイークデーであれば、5時20分からの『すまたん』から、私の朝は始まる。

ローカル局のニュース番組なので、関西でしか見られないと思う。

この時間帯のテレビCMは、言っては失礼だが、ひねりのないものがほとんどだ。

しかも、全く同じCMを繰り返して放映することもあるのだから、2回目ともなると、見ている側にいささかフラストレーションがたまってくる。

選挙運動で、車の中から候補者の名前を連呼しているのと変わりない。

逆効果ではないかと、私などは思っているほどだ。

とはいえ、テレビCMというのは、繰り返し伝えることで、商品やサービスの名前を消費者に覚えてもらうというのが趣旨だから、これはやむを得ないことかもしれない。

どうしても、質より量にならざるを得ないのだろう。

NHKの番組を見ていて落ち着きを覚えるのは、ずばり、CMがないからの一言に尽きる。

そんなテレビCMではあるが、たまには清々しさを与えてくれるものもある。

日本料理店の広告で、美貌の外国人女性がそのお店でしゃぶしゃぶを食べる光景が演じられている。

その場面で出てくるフレーズに、
「”美しい味”と書いて”おいしい”と読みます」
とあって、私の心に強く響くものを感じた。

もちろん、その読み方は知っていたが、このCMのシチュエーションの中で語られると、その言葉が新鮮さを帯びて伝わってくるから不思議なものだ。

昨年の秋にも2回ほど見たが、今日、たまたまテレビのスイッチを入れたときに流れていた。

雑然としたCMが氾濫している中にあって、一服の清涼剤だと思う。

お店の印象を良くする上で、大きく貢献しているに違いない。



 
20 : 17 : 57 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

2月11日(日)

夕食は、ファミレスのデリバリーを試してみた。

たまには変わったことをやって、気分転換をしてみたいからである。

「オムライスビーフシチューソース」を頼んだ。

最近は、ネットでの写真の見本と実際に出てきた料理が違っていた、というトラブルをときおり耳にする。

その苦情対応のためか、そのファミレスのサイトでは、
「掲載されている商品画像はイメージです。」
との一文がさりげなく添えられていた。

客の中にはクレーマーもいるのかもしれない。

今の時代、店の側もあまりに無法な客の言い分に屈服してしまうのではなく、対抗処置もとるようになってきたらしい。

”ブラックリスト”に名前の載った客からデリバリーの申し込みがあっても、丁重にお断りするとのこと。

ひところは「お客様は神様」の商売であったが、時代は変わってきていると思った。

ちなみに、わが家に配達されてきた料理は、いずれも私の期待を裏切ることなく、機嫌よく食べることができた。

出来立て感がどの程度キープされているかを心配していたが、問題なく、温かい料理を口にすることができ満足した。

小さな子供がいたりして家から出ていきにくい家庭では、デリバリーというのはすこぶる喜ばれるサービスだと、あらためて実感した。


20180211.jpg
お店で食べるよりも良い味がした


20 : 50 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

2月10日(土)

当地は朝から雨であった。

こんなときに外出の予定があるのが恨めしい。

とはいうものの、車で出かけるし、駐車場も天井があるので、雨に濡れる心配はない。

空の色が青ではなくグレーになっているというところで、気持ち的に上機嫌にはなれない、というだけのこと。

ところで、雨や雪の天候のときの集まりでは、
「お足元の悪い中・・・・・」
という言葉が挨拶の常套フレーズとして一般的に使われている。

昨今は、この表現が身体障害者差別につながるとのことで、
「あいにくの雨の中・・・・」
「このようなお天気の中・・・」
などと言い換えている人も多いようだ。

「足元が悪い」という言い方が「足が悪い」を連想させるとして、テレビやラジオでは禁止されているらしい。

もちろん、「足元」というのは「足」そのものではなく、足が着いている地面のことを指しているのだから、決して「足が悪い」なんて言っていない。

だから差別とは全く関係がないのだ。

長きにわたって使い続けられてきた言葉が、合理的な理由もなく追放される風潮には首を傾げざるを得ない。

そういえば、昨今は道路はきれいに舗装され、昔のようなぬかるみ道は、都会部ではなかなか見られない。

そんな時代の流れを考えると、「足元が悪い」というフレーズは自然消滅してもやむを得ないのかもしれない。

 
20 : 23 : 48 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、千里ニュータウン在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する