FC2ブログ

「大阪北港ちょっとヨットジュニア」2018年度ジュニアクラブ新メンバー募集の説明会の開始と日程を発表。

海というのは夢を感じさせてくれます。
ヨットやボートを海に漕ぎ出す豪快感は、言葉には表現しがたいほど大きなものがあります。
一般社団法人湘南海洋教育スポーツ振興協会は、ジュニアヨットクラブ「大阪北港ちょっとヨットJr.」(以下、ちょっとヨットJrという。)の2018年度新規メンバー募集のため、無料説明会の開催と日程を発表しました。
競技として取り組むこと以前に、まずは楽しむことから始めるマリンスポーツ教室はいつも大変な人気です。
大阪の子供の習い事としても最適なものでしょう。
無料説明会の日程は、2月11日(日)、2月25日(日)、3月11日(日)です。
説明会場は大阪北港マリーナです。
この説明会で多くの参加者が生まれることを望んでいます。

「大阪北港ちょっとヨットジュニア」2018年度ジュニアクラブ新メンバー募集の説明会の開始と日程を発表。

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
09 : 58 : 10 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

1月7日(日)

「彩都西公園」に行ってきた。

敷地が広いことも有名だが、何より、約70mのローラー滑り台が人気を呼んでいて、近所の人だけでなく、わが家のように、少し離れた地域の人も遊びにやってくる。

大人が滑ると、お尻が焼けるように熱いという。

降りてきた人が口をそろえて、そう言っている。

事情を知っている子供というのは、お尻にあてがうダンボール紙か、プラスチックシートを用意してきている。

3歳の男の孫は、母親の膝の上に座って滑っていた。

最初はそれはそれで可愛い光景であったが、3回目を過ぎても、やはり母親が一緒でないと滑ることができないらしい。

実は、昨日のプラレール博でも、小さな電車に乗るだけのコーナーがあったのだが、自分一人では乗ることができなかった。

妻の話によると、初めてのものは一人では近寄らない、という。

化け物でも怪獣でもなく大好きな電車なのだから、怖くはないと思うのだが、孫にしてみれば異なった感じ方をするようだ。

確かに、キッズランドのような場所に行くと、ゴーカードやトランポリンなどは遠くから眺めているだけで、言われても触ろうとしない。

その場面を見るたびに、孫には自分のDNAが流れていることを実感して、恐れと不安がわいてくる。

母の話では、私の幼児時代はよく泣いていたらしい。

今となっては覚えていないので、想像をめぐらすしかないが、見るもの聞くもののすべてが怖かったのだろう。

大阪弁で言うところの”あかんたれ”であったと思う。

そんなDNAが孫も受け継いでいるとすれば、これは一大事だ。

とはいえ、人為的にそれを変えてしまうわけにもいかない。

孫にはいろんな経験をして、少しずつでいいから、打たれ強い人間へと成長していってもらいたい。

 
 
20180107.jpg




19 : 59 : 44 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑

1月6日(土)

『プラレール博』に行ってきた。

孫たちを連れて、大阪南港のATCホールまで足を運んだのである。

プラスチックのレールを自由に組み合わせて、そこに電車を走らせるという遊びであるが、子供たちには大人気らしい。

プラレールなんて最近に生まれたものだと思っていたが、昭和30年代にはこの世に登場していたという。

玩具の中では古い歴史を持っていることになる。

もっとも、初期のころからプラレールを買ってもらって遊んでいたというのは、よほど裕福な家の子なのだと思う。

私の小学生のときには、そんな友人は一人もいなかった。

歴史が長いだけに、会場を見ても、ごくまれにそれなりの年齢の大人が遊んでいる姿にも出くわした。

子供だけのおもちゃではないようだ。

私自身は、鉄道が特に好きなわけではないし、列車のラストランをカメラを持って追いかけている人の思いというのは、実のところ理解しづらい。

しかし、もし私が幼い時からプラレールで遊んでいたとしたら、鉄道の魅力のとりこになっていたかもしれない。

そうなれば、このブログは電車の写真が満載ということになっていたい違いない。

歴史に”もし”は禁句だとされているが、もし私が妻と結婚していなければ、現在の住居に住んでいなかったかもしれないし、この『プラレール博』にも行っていなかったかもしれない。

ことごとく、人間の運命の不可思議さを感じる。

ちなみに、入場料は前売りで大人700円、子供500円。

保護者にも当然ながら入場料の負担を求められる。

10時オープンの予定が、来場数が多いということで30分前倒しで始まった。

なお、会場でもプラレールの販売が行われていたが、すれ違った客の話では、ネットや家電量販店で買うほうが安い、とのこと。

真偽のほどはわからないが、たぶんそうだと思う。

会場に来て遊んで気分が高揚していれば、子供たちは欲しくなるだろうし、親としても財布の紐が緩むのは自然の流れだろう。

個人相手のビジネスというのは、人間の心理をうまく把握したほうが勝ちだ。

 
20180106.jpg
"プラレール釣り"は親のほうが血眼になっていた"

20 : 19 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

1月5日(金)

眼科クリニックに行った。

白内障の目薬が今日でなくなるので、新しいものをいただくためである。

もちろん、今年初めての診察である。

日本の慣習として、初めて出会う人には年始の挨拶をしなければならないのだが、こちらの眼科医にも挨拶すべきか、少し考えた。

おそらく、この眼科医は儀礼的なことは好きではないタイプだ。

しかも、まだ4回目ぐらいの通院で、さほど深いリレーションがあるわけではない。

スーパーのレジ担当の人とも顔見知りになってはいるが、あえて新年の挨拶を交わすことはない。

誰かがやっている場面も見たことがない。

客と店のレジ係という関係なのだから、商行為の一環としてとらえた場合、年始の挨拶は不要だと判断してきた。

とすると、眼科でも年始の挨拶はなしで、「おはようございます」だけでいいのではないか、と迷いが出てきたのだ。

優柔不断な私はしばらく悩み、その結果、年始の挨拶をすることとした。

実は、私が朝一番の患者なので、ほかの人の様子を見てから決める、ということができない。

名前を呼ばれて医師の前に出て、予定通りに挨拶をすると、医師からはいかにも事務的な型通りの挨拶が返ってきた。

先生にしてみれば、多くの患者と会わなければならず、それぞれに挨拶をするとなると、かなりの負担になることは想像に難くない。

内心、失敗したかなと思っていたが、医師は機嫌を壊したわけではなさそうだ。

従来と変わらない診察をしてくださった。

普段からあまり愛想の良い人でないだけに、不機嫌なのかどうかも私にはわからない。

新しい薬もちゃんといただいた。

診察が終わり、次の患者が入っていったら、やはり年始の挨拶をしている。

そして、医師は、私のときと全く同じトーンで挨拶を返していた。

やっぱり、そういうパーソナリティーのかたなんだろう。

なんとなく安心した。

 
19 : 45 : 47 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

裏地に和のイラスト! 15名のクリエイターと世界に向けたジャケット開発

ジャケットは極めて身近なファッションです。
ただ、なかなかカジュアルに着こなすことが難しいとも言われています。
株式会社オタクラウドは、仕事関係の場だけではなく、日常的にもカジュアルに着こなせるジャケットを世に出しました。
2018年2月1日に、デザイン性も高くオシャレなオリジナルイラストジャケットのクラウドファンディングをスタートしました。
裏地全面にイラストを縫製するという大胆な発想も好評を呼んでいます。
機能面だけのジャケットではなく、視覚的に見て楽しめるジャケットとして完成しています。
センセーションを巻き起こすかもしれません。

裏地に和のイラスト! 15名のクリエイターと世界に向けたジャケット開発

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
11 : 43 : 04 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

1月4日(木)

私の住んでいる市では、小さな子供の一時預かりの事業を行っている。

臨時保育所のようなものである。

ネットで見てみると、利用条件はいろいろ記載されているが、「リフレッシュしたい」という理由でも認められるのだから、事実上、なんでもOKということになる。

実は、うちに今いる3歳の孫を、来週、1日だけ預かってもらいたいと考えた。

来週に、1日かけて、アメリカでの生活で必要な品を送付するための準備をしたいからである。

その孫がいたのでは、作業が進まないのは目に見えている。

「小皇帝」そのものだ。

最初に、ファミレスで驚いたのが、手づかみで料理を食べているということ。

ハンバーグもポテトフライも、手でつかんで口にしている。

家での食事も同じ、ウドンの麺を小分けしたものを手でつかんで、それを食べるのだ。

豆腐も野菜も手づかみである。

さすがに、言葉には気をつけながらも、孫に直接注意した。

嫁にしてみれば、おそらくは食べさせることのほうが優先で、プロセスは二の次三の次の問題であったのだろうが、毎回、手づかみの画面を目の当たりにしていたのでは、私も気になってしかたない。

ほかにも、扉や襖を勢いよく開け閉めすることも、また、DVDのスイッチをおもちゃがわりにすることも注意した。

そのせいか、私への信愛の情は少ないようだ(笑)。

何も苦言を呈さない大人には、孫は飛びついていくのに、私には、必要なときしか声をかけない。

しかし、私が注意してきた幾つかのことは、パーフェクトではないにしても守ってくれている。

言えば、ちゃんとわかるのだ。

食べ物の手づかみは、まだ訓練中ではあるが、徐々に成果は出ているし、何より、孫自身がこれは大切なことだと認識しつつあると思う。

私が好かれなくても、孫がマナーをわきまえた人間として成長してくれるほうが、私にははるかにうれしい。

そういった事情があって、一時預かりをお願いすることとなった。

市の施設では、初めての利用者の場合、保護者の面接が必要なので、嫁がその施設まで行ってきた。

孫がいつもとは違った環境に置かれたことで、いい意味での刺激をうけるようであれば、望外の幸せである。

 
20 : 20 : 13 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑

1月3日(水)

正月も3日目となり、おせちも完食した。

おせち料理で最後まで残るのが、毎年、ゴボウである。

私の子供のときは、ゴボウとレンコン、ネギは嫌いな食べ物であった。

大人になれば、あんなものを食べることができるようになるのだろうか、私にはそれが不思議であった。

いつの頃からかは忘れたが、そういった食材がむしろおいしいと感じるようになってきたのだから、私も大人になったものだと感慨を新たにしている。

しかし、口に入るものが美味に思えてくると、必然的に大食になる。

去年の暮れごろからズボンのベルトの穴を、一つ分、ゆるくしている。

検索してみると、ベルトの穴の感覚は”1インチ”となっているらしい。

約2.5㎝である。

おおまかに言えば、私の腹まわりが2.5㎝分ふくらんだことになる。

家での食事だけでなしに、子供が喜ぶだろうというのでファストフードの店にも頻繁に通っていることも影響しているだろう。

年末年始に食べ過ぎるのは例年のことだが、今年は、同居という事情があって、過食のリスクを抱えた期間が長くなる。

2月いっぱいぐらいはこの状態が続くかもしれない。

春の血液検査でどんな数値が出てくるか、いまは人体実験の最中である(汗)。

 
20180103.jpg

19 : 24 : 52 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

1月2日(火)

大晦日の紅白歌合戦の視聴率が、後半39.4%と歴代ワースト3であった、という。

私は途中から見て、安室奈美恵さんの歌の途中で睡魔に耐えられず、リタイヤしてしまった。

私が見た中で最も印象に残っているのは、X JAPANの『紅』であった。

全身から迫力が伝わってくる演奏には、自分の体内から闘志がわいてくるのを感じた。

それは、高校野球の応援で使われているからかもしれないが。

さて、紅白は、私が中学生の頃などは、たしか80%とか90%という高い視聴率をマークしていたと記憶している。

日本のほとんどの家庭が見ていたことになる。

だから、紅白を見ていないと、新学期が始まって学校に行ったときに、皆の話題についていけなくなるのだ。

あらっぽく言えば、その時代から比べると、見る人が半減している計算になる。

なぜ人気が低下したのだろうか。

私も、昨年末はわずかなりとも覗いたものの、一昨年までは長く見ていない。

私の紅白離れの理由は、出場歌手選考のプロセスの不明瞭なところにある。

音楽の世界にはとんと疎いので偉そうには言えないが、ほとんど鳴かず飛ばずの人が毎回出場していたり、世間ではヒット曲を飛ばしている歌手には声がかかっていないとか、素人的にそんな矛盾点が気になるからである。

出場選手を選ぶのに、一般視聴者は全く関与していない(と思う)。

いわば、NHKが一方的に決めるだけだ。

議員の選挙のときは、所定の手続きを経て、国民や住民の代表者が選ばれている。

しかし、視聴者の受信料で成り立っているNHKの看板番組で、出場歌手の選考の権利をNHKが一手に握っているのは視聴者無視だと言われても仕方ない。

何らかの形で視聴者の意向が反映されるシステムを取り入れることで、少しは紅白への距離感も縮まるのはないかと思う。

 
19 : 04 : 35 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑

前田食品、国内産麦使用試作品 全国統一試食会・商談会に出展

食の安全が問われて久しいです。
とりわけ、農薬の問題は生活者にとっては無関心ではいられない重要なテーマとなっています。
前田食品株式会社は、このたび、専用ミックス粉を開発したのです。
農薬不使用の国産小麦と天然酵母を使って、乳化剤や着色料などの加物を一切使用していません。
あくまでも食の安心安全にこだわり続けたのです。
その集大成が前田クランペットミックス粉なのです。
これは2月16日~18日に池袋サンシャインシティホールで開催される、国内産麦使用試作品全国統一試食会・商談会に出展の予定です。
好評を得ることは必至でしょう。

前田食品、国内産麦使用試作品 全国統一試食会・商談会に出展~今までなかった農薬不使用の国産小麦粉と 天然酵母を使ったクランペットミックス粉を開発~

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
15 : 46 : 11 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

北海道アイドルグループ「日本セーラー女子団」がアメリカ「ボストン日本祭り」に出演決定!!

日本人が国境をこえて世界の舞台で活躍する場面が珍しくなくなりました。
スポーツやビジネスのジャンルだけでなく、芸能の世界でもそれが言えます。
北海道のアイドルグループとして知られている「日本セーラー女子団」が、ボストン日本祭り」に、日本代表としてステージ出演することとなりました。
今年の「ボストン日本祭り」は、2018年4月28日~29日にアメリカで開催される予定です。
日本で古くから伝えられる『祭り』や『縁日』を中心とした日本文化の祭典として、2012年に開催されたのが初めてでした。
それ以来、年々賑わいを増し、いまや場6万人近い来場者数を誇るニューイングランド地方最大の日本祭りとしてすっかり定着しています。
日本セーラー女子団が現代日本の新しい顔を伝えてくれることが期待されます。

北海道アイドルグループ「日本セーラー女子団」がアメリカ「ボストン日本祭り」に出演決定!!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事

14 : 57 : 43 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

1月1日(月)

平成30年の最初の日であった。

月曜日なので、本当ならば燃えるごみの収集日であるが、さすがに今日は市も正月休みでスキップされる。

さて、元旦のトピックスの一つに「初日の出」がある。

テレビでも、富士山からの初日の出をライブで放映していた番組があった。

ただ、私はあまり初日の出には関心がない。

たまたま、暦の関係で1月1日が決まるだけの話であって、もし立春を正月に決めたならば、2月4日に初日の出を仰ぐこととなる。

そもそも、日の出も日の入りも、地球上に住んでいる人間から見ての現象なので、肝心の太陽そのものが変化しているわけではない。

上野のパンダも和歌山のパンダも同じ生物なのであるが、上野動物園だけがメディアで派手に取り上げられるというのは、いいびつな印象を禁じ得ない。

初日の出も同じで、太陽そのものが不変なのに、人為的に決めた暦の都合で大々的に取り上げることには、違和感を覚えてならないのである。

それはともかく、元日は恒例のおせちを家族で祝った。

昨日から娘一家も来ているので、大人4人、子供4人のにぎやかなおせちであった。

わが家では、毎年、ネットでおせちを注文している。

義父母の時代からそうしている。

もっとも、義父母の時代にネット注文はなかったので、町の仕出し料理屋さんに頼んでいた。

お正月ぐらいはちょっとした贅沢をしたいという思いがあったのだろうと思う。

今年など、家でおせちを作るなんて物理的に無理であるから、ほかに選択肢はなかった。

なお、3日の晩までには完食する、というのが私に与えられた任務である。

ウイスキーのおつまみにはぴったりの食材が多く、結構、楽しみではある。

塩分が多く含まれているのは気がかりだが、いわば、毎年同じことをしてきているが、健康診断の結果はさほど悪くはないどころか、かかりつけ医の機嫌が良くなるほどの好成績だ。

お正月だからという免罪符でもって、許してもらおうと思う。


IMG_2308.jpg

18 : 22 : 13 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(14) | page top↑

「崇仁新町」グランドオープンに関するお知らせ

DreamNews
今日のイチオシDreamNews


「崇仁新町」グランドオープンに関するお知らせ 株式会社ピーエイ


14 : 39 : 29 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

「企業のための 女性が活躍できる職場作りのポイント」~弁護士・社労士が労務管理の悩みに応えます!~

いまや、女性の社会進出は当たり前のこととなりました。
企業でも、女性の管理職が目立って増加してきています。
これからの時代は、女性が働きやすい職場環境を整えるのは、企業としての重大な社会的責任になると言っても決して過言ではありません。
新日本法規出版株式会社は、2018年3月6日(火)に、「「企業のための 女性が活躍できる職場作りのポイント」~弁護士・社労士が労務管理の悩みに応えます!~」を 開催いたします。 従来からこの問題に携わってきて経験も知見も豊富な女性弁護士と女性社労士が対応することとなっています。


「企業のための 女性が活躍できる職場作りのポイント」~弁護士・社労士が労務管理の悩みに応えます!~ 2018年3月6日(火) 開催!

ドリームニュース・ブログメディア参加記事
13 : 29 : 22 | 情報 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
前ページ | ホーム |

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する