FC2ブログ

2月12日(水)

父親が亡くなったにもかかわらず知らん顔しておいて、こっそり父の年金を受給し続けていた息子が逮捕された、とのニュースがあった。(→ 記事

なんでも、父親が100歳となる日が近づいたので、区役所の職員がお祝いの準備のために家庭を訪問したことから、不正が発覚した、という。

総計1,200万円にも達していたらしいから、相当な金額である。

独自の価値観を持った人間なら、そして、親が家の中で誰にも知られずに亡くなったということであれば、不可能な犯罪ではない。

おそらくはこの息子も、最初のうちは「もしバレたらどうしよう」との警戒心はあったはず。

親戚筋から訊かれたり、あるいは近所の人から父親のことを尋ねられたときの答え方などにも、慎重に慎重を期していたことと思う。

考えられるシチュエーションをできるだけたくさん頭に思い浮かべて、それぞれにシミュレーションをしていったに違いない。

ただ、亡くなってから6年間にもわたって不正受給を繰り返していたのだから、いつしか慣れてしまって、何の不安も疑問も持たなくなったのだろう。

だから、まさか100歳を迎えた高齢者にはお祝いをするという区のイベントがあるなんて、想像もしていなかったことと思う。

いや、うがった考え方をするなら、区役所としては年金受給者の実態調査を兼ねて、「100歳のお祝い」をチェック項目にしているのかもしれない。

この手の犯罪というのは、一見、緻密に仕組まれていたように思えても、年月の経過とともに気の緩みが出てくることが多いものだ。

勤務していた会社の顧問弁護士から聞いた話だが、従業員に会社のおカネを横領されたとの相談があったらしい。

現金出納を担当している社員が、長年にわたり、会社の口座から余分に現金を引き出し、その一部を着服していたとの疑いがあるとのこと。

もちろん、当の本人は「そんなことはない」と全面的に否認している。

そこで弁護士がその社員の個人の預金通帳を調べたところ、なんと、会社口座から引き出した日に自分の口座に多額の振込があるのを発見したのである。

もちろん、当初は自分の口座は使わず、最近になって、会社から引き出した直後に自分の通帳に入れるようになった、という図式だ。

この社員は周到な計画を立てたはずなのに、実につまらないきっかけで犯罪が明るみに出てしまったのである。

年金不正受給にしても、横領にしても、ずっとこの先まで続けてけば、いずれは矛盾が表面化するのは火を見るより明らかだ。

長い目で見れば、犯罪というのは割に合わないものだと知るべきだろう。



20200212.png
おカネに目がくらんで自ら墓穴を掘った
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑

2月11日(火)

このところ、私の睡眠のパターンが大きく変わってきた。

大雑把に言えば、未明に目がさめて、再び眠ることができず、そのまま起床してしまうというものである。

その分、夜に早く眠りに就くことができれば帳尻は合うのだが、布団に入ってからも目が冴えてくるような気がして、なかなか眠れないのだ。

極端な例を挙げれば、深夜の1時にトイレで起き、用を済ませて布団に戻っても寝付けず、仕方なしに着替えをしてパソコンに向かう、ってこともあった。

当然、昼間は眠く、テーブルに向かったまま舟をこいでしまうことも少なくない。

しかし、夜の8時半に床に入っても、特に考えごともないのに、頭の中にはいろんな思いがかけめぐるのである。

眠気は完全に吹っ飛んでしまったような感覚にとらわれる。

腹式呼吸を繰り返しても気持ちは落ち着かない。

それどころか、一層、集中力が研ぎ澄まされたような気がしてくる。

1時間ほどそんな状態で悶々としていて、ようやく眠りの世界に入り込んでいけるのだが、またトイレに行きたくなって目がさめると、まだ午後の10時半であった、ということもある。

さすがに、そのときはもう一度眠ることができたのだが。

まさかこれが不眠症というものなのか。

私の年代の男性だと、前立腺肥大のせいてトイレが近くなり、夜中に3回や4回と目がさめるのは珍しくもなんともない。

そんな話は頻繁に耳にする。

だから私だけの特別な症状ではないのだが、昨年の暮れぐらいから、この傾向が顕著になってきた。

今日は、ほんの10分ほどだが、冬の季節には異例の昼寝をしてみた。

これが、私のいびつな睡眠リズムの軌道修正をしてくれればいいのだが。



20200211.png
20年以上前、入院中に夜と昼が逆転した時期があった。
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(9) | page top↑

2月10日(月)

マンションの部屋から遠くを望むと、空を突き刺すかのような大きなクレーンが3台見える。

私が気づいたのは、昨年の夏ごろのこと。

毎日、自然と目に入るものだから、何を建てるのかにうっすらではあるが興味を持っていた。

今日、散歩ついでにそのクレーンのほうへと歩いていった。

着いたのは、よく行く図書館の方面であった。

マンションを建設していて、令和4年の完成予定だという。

総面積2haで、4つもの棟が建つらしい。

全部で462戸が入るというから、マンションの多い当地にあっても、相当な規模だと思う。

ちなみに、私の住んでいるマンションが切り上げして80戸だから、ざっと6倍のスケールということになる。

一世帯3人家族と考えると、あのマンションには約1,400人の人が居住する計算だ。

ここまでくると、行政上での「町」には達しないものの、巨大なコミュニティーであることは間違いない。

消費力は大きいだろうから、地元のスーパーなどは期待に胸をふくらませているだろう。

また、生徒数が少なくなっている小学校や中学校なども、これで息を吹き返すところがあるのではないか。

2年後には、この地域の様子も大きく変わってしまうはず。

なお、分譲価格は3LDK71平米で3,900万円以上とのこと。

人によっては、新築マンションは宣伝費やモデルルーム建築費などの初期費用がコストに含まれているので、高めの設定になっているからイヤだ、とも言う。

しかし、できたばかりの建築物というのは、理屈抜きに気持ちがいいではないか。

その高級感を得るためのコストだと割り切れば、一概に「高い」とは言えないだろう。

最近は建築中の騒音抑止のためか、建物のまわりはびっしりと覆い隠されていて、外観のイメージをつかむことができない。

もちろん、建築現場に入るのはご法度だから、周囲を一まわりして、新しいマンションの雰囲気をつかもうとするにとどまった。

多くの人が、この新築マンションに夢を託しているのだろう。



20200210a.png
今後も工事の進み具合を見に行くつもり
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

2月9日(日)

ほんの少しずつだが、花粉症のきざしがあらわれてきた。

昨晩、会合からの帰り、鼻がムズムズして今にもクシャミが出そうな状態であった。

本格突入にはまだ早いが、花粉症の兆候が出てきたことは確かだと思う。

そこで今日から、外出するときにはマスクをすることにした。

いまやマスクといえば、押しも押されもせぬ貴重品である。

値段が高いどころか、品薄で手に入れるのが困難になっているほどだ。

部屋の中をゴソゴソと探したら、何年か前に100均で買った使い捨てのマスクが4,、5枚、残っていた。

これで、今シーズンを持たせないといけない。

幸いなことに、花粉よけだけが目的だから、さほどの緻密さは要求されない。

また、衛生面への気遣いも必要最小限でいいと思う。

この点が、いまニュースの話題をほぼ独占しているかに見える新コロナウイルスやインフルエンザへの対策とは違っている。

花粉だと粒子が粗いから、マスクの繊維の穴を通りにくい。

実際にマスクをして外に出ると、花粉による症状は目立って控えめになる。

ただ一つ厄介なのは、眼鏡をかけた人間がマスクをすると、そのときの気温次第でレンズが曇ってくるのが避けられない。

この課題についても、すでに対処法は仕入れてある。

ネットで読んだ生活の知恵なのだが、マスクを付けるとき、顔との間にティッシュペーパーを適当な大きさに折って、はさんでおく、というものである。

ティッシュ1枚で眼鏡のレンズが曇るのを防いでくれるのなら、これは有難い話だ。

実際にやってみると、パーフェクトというわけにはいかないが、少なくとも歩行の妨げになるような曇り方はしない。

これはいいことを知った。

今までずっと困ってきた問題を、たちどころに解決してくれて喜ばしい限りである。

眼鏡をかけていれば、同じことで困っている人はさぞ多いことと思う。

この方法を最初に思いついたのは、理系の人なんだろうか。



20200229.png
物事の解決法というのは実にシンプルなものだ
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

2月8日(土)

今晩、ことし最後の新年会に出席する。

”新春懇親会”と銘打って、1時間の国会議員の講演を聴いた後、宴席が始まる。

講演は国際情勢を語るものと題されているが、実のところ、話の内容にはあまり関心はない。

それ以上に、ここだけの話であるが、才色兼備でもって知られた美人議員のリアルな姿を拝見できることに、大きな期待を持っている。

主催者にしても、もしかしたら集客を良くしたいとの思いから、彼女を講師に招いたのではないか、そんな気もする。

これは私の無責任な妄想の話ではあるが、楽しみであることは間違いない。

ところで、今晩の会の参加料は6,000円である。

こういった場合、私は常に、1,000円札を6枚用意しておいて、それを受付で手渡すように心がけている。

というのは、以前に別の団体であるが、3,000円か4,000円の参加料の集まりのとき、受付を命じられたことがあった。

すると、結構、5,000円札や10,000円札を出す人が多くて、お釣りの1,000円札を勘定するのがわずらわしい、という経験をしたことがあった。

これが参加料5,000円というのであれば、1万円札を出されても5,000円札でお釣りを出せば簡単だ。

しかし3,000円となると、私には複雑な計算が必要で手間がかかる。

ストレスもたまってくる。

それがあって以来、この手の会合のときは、お釣りがいらないように、案内状に書かれた参加費どおりの現金を用意するようになった。

だから今日も、1,000円札6枚をそろえたのだが、もしかしたら5,000円札と1,000円札1枚のほうがよかったかな、との迷いもあった。

というのは、6枚もそろうと、受付の人が枚数を確かめるのに、やはり手間がかかるかもしれないし。

ただ、万が一、受付で手持ちの1,000円札の在庫がなくなってしまうほうが、ダメージは大きいだろうから、当初の計画どおり1,000円札6枚で行くことにした。

正解かどうかはわからないが。



20200208.png
東大卒で外交官出身というから正々堂々のエリートだ
20 : 20 : 00 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する