FC2ブログ

8月17日(土)

暑い日々の続く中、高校野球は一服の清涼剤である。

今日の試合は私の注目しているチームが集中した。

地元チームの試合もあって、熱が入ったことは言うまでもない。

ところで、昨日の試合でかつてない事態が発生した。(こちら

審判員が下したジャッジを、協議の結果、ひっくり返したというものである。

おそらく、前代未聞ではないか。

そもそも、高校野球は公認野球規則に基づいて行われているが、野球規則の「審判員の裁定」の規定で、
”審判員の判断に基づく裁定は最終のものである”
と明確に定められている。

ただし、例外規定があって、
”審判員の裁定が規則の適用を誤って下された疑いがあるときには、監督だけがその裁定を規則に基づく正しい裁定に訂正するように要請することができる。”
とある。

つまり、「誤審」というのは審判員がプレーに適用すべきルールを間違えたことを言うのであって、発生したプレーのジャッジを誤った、というものではないのである。

プロ野球では録画を見てプレーを検証することを規則として取り入れているが、高校野球ではそれはない。

だから、ルール適用が間違っていた場合以外は、いったん下した判定を覆すことは、高校野球ではあり得ないのである。

ということは、問題の場面では、判定を下した審判員が
「ボールを正規に捕球していなかったから、ランナーにタッチしてもセーフである」
との野球規則を知らなかったか、うっかり忘れてしまっていたか、と認識されることになるが、まさかそんなことはあるまい。

おそらくは、失礼ながら二塁審判の見落としで「アウト」の宣告をしてしまったのだろうと推測される。

ということは、”審判員の判断に基づく裁定”なのだから、それが変えられることはない。

ちなみに、高校野球の審判員は原則として、球審は日本高野連が務め、3人の塁審は各都道府県の地方高野連から派遣されている。

当然ながら、力関係で言えば日本高野連のほうが強力なものがあるのは当然だ。

審判員協議のときに、その力関係が働いて判定の変更になったとすれば、これはパワハラそのものである。

高校生のスポーツで、野球規則に反しての決断を大人が行ったのはいかがなものかと思う。

なお、私の考え方としては、高校野球でもプロと同じ、ビデオ判定を取り入れた規則をとるのが妥当だと考えている。

たまたま審判員の死角に入ったり、炎天下にあって頭が真っ白になってしまって、ジャッジを誤ることもあり得るだろう。

そんな場合はいったん下した判定を覆すのは、むしろ自然では内容か。

でないと、そのプレーに関連した選手にしても後味が良くないはず。

それなら、録画で再確認するというのは、合理的な考えだと思う。



*今晩は鱧を食べに行くので予約投稿とした。

20190817.jpg
今日は試合中に体調を崩してリタイアした審判員がいた
スポンサーサイト
20 : 20 : 47 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(8) | page top↑

8月16日(金)

今日は未明の午前2時に目がさめた。

足元を蚊に刺され、そのかゆみに耐えかねてのことである。

蚊取り線香は、実は昨年の残りが幾ばくかあって、それを使っている。

消費期限はなかろうと思っていたのだが、実際には劣化が進んだのか、もろくて折れやすい傾向がある、

昨晩も、一部が折れてしまった線香を使っていたので、効力を失くすのも早い。

夜の9時に蚊取り線香に火をつけたのだが、少なくとも5時間後には消費し切ってしまっていたのだろう。

だから無防備な状態になっていて、蚊に攻撃のチャンスを与えていたのだと思う。

蚊に刺されたときは、まずはキンカンを塗るようにしている。

今朝も、いつもどおりの処置をとった。

そして、新しい蚊取り線香をセットして、再び眠りにつこうとしたものの、眠気が全くわいてこない。

逆に、頭が冴えてくるような気がするほどだ。

昨日、夕方にインスタントコーヒーを飲んだのだが、その影響だろうか、あるいは、薬を縫ったり線香をセットしたりの一連の作業をしたことで、眠気が飛んでしまったのか、いずれにせよ眠りにつけそうな気配が全然ないのである。

もちろん、トイレのために眼がさめるのは一晩に2回はある。

今日も、すでに1回はトイレで目がさめたほどだ。

しかし、その場合は、用が済めばすぐに眠りにつくことができる。

今回は事情が違った。

瞬時に頭の中で「5時間」の睡眠をとったはずだと計算した。

ならば、最低限の睡眠時間は確保できているはずだ、と意を決して起床することにしたのである。

昼食後に10分ほどの昼寝をしたら、眠気もかなり緩和されたように思う。

今日一日、ときおり睡魔にとりつかれることがあったものの、散歩にもスーパー銭湯にも行けたし、日常の生活は難なく送ることが可能であった。

それにしても、一匹の蚊にここまで翻弄されるとは思いも寄らなかった。

なお、地球上の動物の中では、最も多くの数の人間を殺しているのが蚊だという。

蚊に刺されてマラリヤに感染して亡くなるアフリカの人は実に多数にのぼっている。

そういった意味では日本国内にあっては、あまり恐いものではないかもしれないが。

ちなみに、人間の敵の二番目は人間だというから、やるせない思いに襲われる。

まさか”人間取り線香”なんて売っていないだろうし、人間同士、なるべく仲良くしていくことを考えざるを得ない。

しかし、私は蚊とは共存はできない。

お盆休みの時期に殺生をすすめるのは良心がとがめるが、今夜も蚊取り線香の備えはしっかりと行うつもりである。


20190816.jpg
仏教国では蚊を殺さずに遠ざけるための線香があるらしい
20 : 20 : 29 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑

8月15日(木)

「15日」というのは、私には特別な日である。

偶数月の15日と言えば、65歳以上の人にとっては希望と歓喜にあふれる年金支給日である。

金融機関の休日によっては日がすれることもあるか、基本的には2か月に一度のお楽しみの日なのだ。

なぜ2か月に一度なのかは、日本年金機構のサイトでも経緯が書かれていない。からわからない。

諸外国では毎月支給というのが標準のようだし、日本でも保険料の徴収は毎月やっているのだから、筋から言えば、支給も毎月するのが本来だと思うが。

ただ、二か月分まとめて振り込まれることで、受け取る金額は倍になる。

まるで、一生かかっても使い切れないほどの多額の年金をもらったような錯覚に陥って、お得感に浸っているのは私だけだろうか(汗)。

ともかくも、年金が入ってくる15日は二か月に一度の特別な日にほかならない。

ほかにも、15日の楽しみはある。

投資の真似事として今年から細々と手がけているソーシャルレンディングの配当金も、原則として毎月15日に振り込まれる。

先月にようやく合計額が月に1万円を超えたというレベルなので、まだまだこれからであるが。

毎月一度の分配が行われるというのは、出資する立場からすれば楽しみでもあり、励みにもなるのは言うまでもない。

3つ目の特別な意味というのは、行きつけのスーパーの5%引き特売日がやはり15日なのである。

ただ、ありがたみは特筆するようなものではない。

このスーパーでは、ほかにも20日と30日にも5%引きのキャンペーンを行っている。

ほかの店でも、いまどき5%引きはどこでもやっており、希少価値はないと思う。

もちろん、無いよりはあったほうがいいのは当然だが、その程度のものだ。

そして、4番目に8月の15日である。

年に一度、日本人には重々しい「終戦の日」である。

極めて一部の例外を別にすれば、日本人の圧倒的大多数が平和を望んでいる。

ただ、その実現のための手法をめぐっては、これまた多くの考え方があることも周知のとおりである。

とはいえ、戦争で命を失った人々の御霊の安からんことを祈る思いは、共通していると信じたい。


20190815.jpg
台風に見舞われた8月15日というのは私の記憶にない
20 : 20 : 01 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(10) | page top↑

8月14日(水)

図書館で本を借りるときは、面白そうだと思ったらすぐにネットで予約を入れることにしている。

どなたかのブログで紹介されていて興味を持ったとか、電車の中の吊り広告を見たとか、要は惹かれるものが少しでもあれば、即、予約をする形である。

そして、図書館のほうで貸し出し可能となれば、メールで案内が送られてくるので、借りに行くという流れだ。

神の見えざる手が働くのか、図書館のお世話になり始めて約1年間、トラブルなく順調にやってこられた。

ところが、今日になってかつてない事態が発生した。

貸し出し可能のメールが一挙に3通もやってきたのである。

さらに、いま読み始めたばかりの本が手元にある。

つまり、計4冊を読んでいくこととなる。

期限がないのであれば、何も悩むことはない。

しかし、借りてからは原則2週間の返却期限が設けられている。

ただし、次にその本を借りる予定が入っていない場合であれば、さらに期限を延長することができるが、人気の本ということになれば、ほとんどは誰かが予約を入れているものだ。

だから、一旦、図書館から借りると、2週間以内に読まないといけないことになる。

締め切りが生まれてくると、楽しみのはずの読書が義務になってしまってたちまち興味半減である。

いま、高校野球の季節であり、これはというチームだけでもリアルタイムに見たいものだから、思いのほか時間がとられている。

ほかにも、月末のマンション管理組合の総会議案書を精読しなければならないし、アマゾンプライムビデオで途中まで見て中断しているものの続きも気になるし、同窓会の案内状の原稿も仕上げなければならない・・・・などとやり残しの用事がたまっている。

それもあって、自由になる時間が制限されているところから、少しばかりの切迫感を持っているのは確かだ。

奥の手であるが、図書館に貸し出し可能図書を取りに行くのを、ギリギリまでずらすという秘策がある。

返却期限は、実際に借り出した日から2週間という計算の仕方をしているからである。

小手先のテクニックではあるが、追い詰められれば知恵が出るものだ。

いずれにせよ、物事には優先順位というのがあるので、取捨選択をしていかなければならない。

どんな人間にも一日24時間は平等に与えられている。


20190814.jpg
自分で本を買って読めば済む話だ
20 : 20 : 21 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑

8月13日(火)

今日の高校野球は、私が無関心ではいられない試合が重なってしまった。

観戦の合い間を縫って、買い物や散歩、食事の準備などもしなければならない。

だから、年金生活者らしからぬあわただしい一日であった。

今日の組み合わせはまだ2回戦なのだが、まるで準々決勝かと見まがうような著名チーム同士の対戦であった。

お宝そのもので、とても見逃すことはできない。

このように高校野球は大好きな私だが、大会のありようには大きな疑問を持っている。

猛暑の中でのプレーを強いることもそうだが、大会日程の過密さも問題だ。

とりわけピッチャーの肉体的負担は厳しいものがある。

無理に投げて肩を壊し投手生命を失ってしまった例は、それこそ枚挙にいとまがない。

しかも、日程が進んできて決勝が近づいてくると、それこそ連日の試合日程とならざるを得ない。

過密スケジュールが毎年問題になっているが、休養日が1日設けられただけで、全く改善されていないのが現実である。

甲子園球場は、大会用に阪神電鉄が無料で貸しているという。

ということは、プロ野球の日程に支障が出ないようにスケジュールを立てれば、余裕をもって大会運営ができるはず。

選手権大会は日本高野連と朝日新聞社が主催しているが、公益財団法人と民間会社がともに主催という形態もアブノーマルではないか。

朝日新聞にしてみれば、何よりも自社の宣伝になり、イメージアップにも大いに貢献しているから、手放すことのできない重要なイベントである。

あの”従軍慰安婦”をめぐっての大誤報事件以来、販売部数の減少はとどまるところを知らず、社内にもかなりの動揺をもたらしているという。

会社の印象を良くするためには、これほど恰好の行事はなかろう。

だから主催者の位置づけは死守したいところである。

その気持ちはわかるが、教育の一環としての高校野球に民間会社が主催者に名を連ねるのは、形の上でも実態の面でも好ましくない。

協賛なり後援なりの形で、朝日新聞で記事として取り上げていけばいいのではないか。

小学生の野球大会の場合、新聞社が協賛して、地方版に試合結果を載せてくれるケースは多い。

それだけでも、その新聞社に対する好感度は著しく上がっている。

これはセンバツの毎日新聞社でも全く同じだ。

いずれも、日本高野連単独で主催しても、何の問題もなかろう。

なんでも、1大会で日本高野連には約1億円の収益金があり、いまや純資産が14億円とも15億円とも言われている。

しかし、民間会社でもないのに、公益団体がそんなに稼いでどうするつもりなのだろう。

せめて球場使用料ぐらいは適正なレベルのものを支払うのが当然だと思うが。


20190813.jpg
4試合ともネットの”バーチャル高校野球”で観戦した
20 : 20 : 15 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(12) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

声なき声

Author:声なき声

昭和27年に生まれ、平成29年に職業生活をリタイヤ。 現在、北摂のマンションに在住。   

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する